朝ドラ「半分、青い。」第16週 第94回あらすじ・感想

抱きしめたい!4

今日のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)と涼次(間宮祥太朗)の新居は、涼次の叔母たちが住む藤村家の離れだった。甘い新婚生活を期待していた鈴愛は、3人の叔母、光江(キムラ緑子)、麦(麻生祐未)、めあり(須藤理彩)の存在に戸惑う。そして、涼次に預けた新居用の資金の行方を問い詰めると、涼次は祥平(斎藤工)の新作映画の制作にあてたと打ち明ける。一夜明け、鈴愛が目を覚ますと、涼次はすでに起床し、鈴愛のためにあることをしていて…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、箱の中身はなんでしょうね?」

華丸さん「カタツムリでしょう」

大吉さん「そう思いますか」

華丸さん「なんだと思います?」

大吉さん「フランソワじゃないですか?ミドリガメの」

華丸さん「律のところからどうやって涼ちゃんのところに?フランソワ(笑)」

大吉さん「分かんないですけどね。さ、何が出てくるか、明日」

華丸さん「覚えていただいてありがとうございます」

大吉さん「ちゃんと見てますから、私」

華丸さん「さすが博多大吉の前、亀屋大吉」

大吉さん「私 前そういう芸名でやってたんです(笑)」

フランソワの名前をちゃんと覚えてくれていた大吉さん。ですが、フランソワは律が結婚するより前に死んでしまったことが、ちょいと前にドラマ内で発覚しましたので、惜しい(笑)

今日の解説と感想

昨日ふと「さすがにブログに時間を使い過ぎている」…と自分で危機感を覚えました。なので、あらすじとか書かずに感想だけサクっと書く形に変えていこうと思います。

(と言いつつ…ストーリーに触れずに感想を書くのって、難しいとこあるので…うまくできるかなぁ…。結局いつもあらすじ詳しめに書いちゃうんですよね…。)

いきなり付き合っていきなり結婚の約束した鈴愛と涼ちゃんなので、そういえばこの2人はちゃんとチューとかしたんだろうか…とここ数日思っていたんですが、やることはちゃんとやってたみたいですね。下世話な話題ですんません(笑)

鈴愛がお茶の作法をやけに知っていたのは、茶道をやっているヒロインの漫画を描こうとした時に、完璧主義の秋風先生に1カ月お茶の修行をさせられていたからだと判明しました。ええ~?あんなに「月が屋根に隠れる」と「一瞬に咲け」ばかりを何年も書いてたのにぃ~?まあ、そう言うならそれでいいけどっ!(笑)

あと、「追憶のカタツムリ2」が制作中止宣告された理由を鈴愛がツラツラとしゃべったのは…何…?「鈴愛ちゃんスゲー、完コピ!」って涼ちゃんは感動してたけど、想像で。プロデューサーが言ってた言葉をそのまま完コピなんてできるわけないのに…。分からない…私にはこの演出が何なのか分からない…。「あの」鈴愛が、一言二言事情を聞いただけで完コピできるほど、世間の情勢に詳しいとか勘が良いというのも腑に落ちない……。分からない……分からない……。

鈴愛と涼ちゃんの新婚生活は、涼ちゃんが映画製作費にお金をつぎ込んでしまってボロ家で叔母と敷地内同居……というきっつい形でスタートしてしまいましたが、それでも「ラブラブな新婚生活」なやりとりは、見ててなんかこっぱずかしい……(笑)涼ちゃんの勝手にふりまわされてても結局許しちゃって「私も言い過ぎた、ごめん…」なんて言っちゃって。…こっぱずかしい!(笑)こんな鈴愛を見る日が来るとは!おばちゃんはチョット照れてしまうぞ。

新しいこの展開では、叔母さん達(今のところは特に、光江おばちゃん)の演技に支えられているな~と感じます。

とりあえず、涼ちゃんがつくるモーニングセットがおいしそうで鈴愛がうらやましい!

涼ちゃんが「開けちゃダメ」と言って出かけた箱は、華丸さんの予想同様…カタツムリかな…と思います。

ああ、さらっと感想書くようにしたら時間も気持ちも楽で良い……。しばらくこんな形でいきます。

拍手お返事

拍手メッセージありがとうございます。

お茶の作法の件は今日の放送でちゃんと(?)解説されましたね。あと朝ドラのネタバレは…私は見ないようにしてますが、結構 毎回 先までネタバレされているようです…しかも、公式に…。前あさイチキャスターのやなぎーも、しょっちゅうNHK雑誌「ステラ」読んでネタバレ知ってて、いのっちに「だからステラ読むのやめて!」ってつっこまれてましたよね(笑)

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする