夕ドラ(再放送)「カーネーション」第17週 第95~96話感想(8/2放送)

朝ドラ「カーネーション」を再放送で初視聴。不定期で感想を書きます。

初見&予備知識いっさいナシなもので、2度目の視聴をされている方からしたら「それ違うよ~」「その予想間違ってるよ~」などツッコミたくなることもあると思いますが、お許し下さい(笑)

第95話「隠しきれない恋4」

あらすじ

中年男性(ラサール石井)が紳士服の注文に訪れ、周防(綾野剛)が糸子(尾野真千子)を呼びに来る。なんと、えんび服と一緒に、奈津(栗山千明)の花嫁用ドレスを作ってほしいという。男性は奈津の過去にとらわれず、幸せにしたいのだと言う。糸子は玉枝(濱田マリ)や八重子(田丸麻紀)と示し合わせて、奈津にないしょでドレスを作り上げる。花嫁となる奈津の幸せを祈りつつ、周防のそばで働く喜びをかみしめる糸子だった。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

感想

奈津が幸せでいることが嬉しい

ラサール石井さん、奈津の結婚相手やったんか…!驚きました…!

奈津、面食いやったのになぁ…。色々経験して、奈津の感覚も少し変わってんでしょうか。見た目よりも(ラサールさんに失礼ですが・笑)、自分の内面を見てくれる人かどうかに心が動いたのかな。奈津自身も、何よりも相手の内面を見るようになったのかもしれない。

糸子「あれは、別嬪やけど、相当な訳ありですよ」

桜井「分かってます」

(略)

糸子「…ちゃんと…全部聞いてますか?」

桜井「…全部かどうかは分かりません。けど、わしも大人ですさかい、ある程度のことは、聞かんでも分かります。幸せにしちゃりたいんです。」

ラサールさーーーん!!!!!ラサールさんの好感度が異常に上がる~!!!!!(笑)

ポっと出てきて「何奴…!?」と思ったけど、ええ人やんか~!!!!!

いい…めちゃくちゃいいです…めちゃくちゃ嬉しいです!!!

奈津…ええ人と出会えたんやね…。私も嬉しいで…!!!!

ただただ、奈津を幸せにしてやりたい。そういう思いが伝わってきました。奈津、ええ人見つけたな…!!

この2人の出会いとか知りたいな…。スピンオフとかないんですか!?

玉枝おばちゃんと八重子さんの大根演技

奈津には内緒でドレスを作るため、事情を知ったおばちゃんたちが大活躍でしたね(笑)

ものすごい棒読みの演技に爆笑でした(*´∀`*)はじめ、何事かと思った(笑)

奈津ももちろんですが、玉枝オバチャンも八重子さんもこうして元気でいてくれていることが嬉しいです。

糸子と奈津の友情

小さい頃からずーっと、皮肉を言い合ったりする、仲がいいんだか悪いんだか…な糸子と奈津。糸子が奈津のドレスを作る日がくるなんてなぁ……。これまでの2人の姿を思い出すと、ものすごく感慨深いものがあります。ラサールさん、あんた、ええ仕事したで…(笑)

奈津に似合うものを何度も考え、一生懸命ドレスを作った糸子。でも、奈津を送り出す時には周防さんの影に隠れて、大泣きしている顔を見せないし、奈津の顔を見ることもしません。奈津も何も言いません。こんな時にも「2人らしい」。

奈津の今後

奈津は結婚し、安岡美容室を辞めてしまったんですね。寂しい…。もんのすごく寂しくて、もんのすご~~く嬉しいです…!

奈津がドレスを着る姿は、皆の想像上だけでしたね。ニクイ見せ方やな~(笑)

ドレスを糸子が仕立てたと知るシーンなどは割愛されてましたね。どうなったんだろう…。見せてほしかった…。結婚式もないの…?

でもやっぱり、太郎くんは奈津のことが好きだったみたいですね…。気になります…切ないな…。奈津…いったん糸子の周りから去ってしまいましたが…また出ますか…?出る…と、予想します!知りたいけど……知ってる方、奈津の今後については言わないでください!めっちゃ聞きたいけど我慢します!楽しみにしたいので!

嫌な予感

奈津の幸せを見届け、傍には周防さんがいてくれて、仕事も順調。幸せすぎて怖いくらいだと糸子が感じ始めました。…そうだろうな……幸せな日々は、悲しさの序章…朝ドラあるあるです…。

久しぶりの春太郎

経理の松田さんが春太郎の大ファン。ラジオから春太郎の声が聞えました。

春太郎!忘れてたわ!おったな!

え…春太郎って…ほんまに何なん……。やっぱりなんか…糸子の人生についてまわりますよね。何もないまま終わるということはない…と思うので…展開がめちゃくちゃ楽しみになってきました!

第96話「隠しきれない恋5」

あらすじ

恵(六角精児)が、糸子(尾野真千子)と周防(綾野剛)が北村をだましたというウワサを聞きつけた。恵は糸子を信じるものの、妻子を持つ周防と糸子の仲については反対する。二人のウワサは次第に広まり、ある日、親戚や近所一同が糸子をいさめるために集合。戦死した夫のことなどを持ち出し説得しようとするが、糸子は何と言われようが周防を店から出す気はなかった。そこへ三姉妹が現れ、大人たちを驚かせる。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

感想

松田恵さん…

糸子と周防さんの噂を聞き付けた経理の恵さん…。ここのところ、なんか急におネエ化してるなと気になってました。女性ばかりの職場で、女性を相手にした仕事をしているので、それはそれで適応してるし、むしろ素晴らしいな、くらいに思っていたんですが…。

まさかまさかの…松田さんがおネエっぽくて無邪気で素直な人柄な故に、喫茶店で糸子に、周防さんとの件を号泣しながら咎め、感情的になりすぎて声がでかく、店にいた他の客にも聞かれてしまう展開………。ひいぃ……こうなるわけか………。松田さん…悪気ないのは分かるけど……大人なんやから場所考えようさぁ……しかもこの喫茶店、いつもこんなにお客さんおらんのに、なんで今日に限ってこんなに……(涙)

不倫の噂が回ってしまった…

不倫が身内に知られるとかじゃなくて…なんとそこをすっとばして、ご近所中の噂になってしまいました……。ひいぃぃぃ………。

木元夫妻、木之元夫妻、勝さんの兄弟、神戸のおっちゃん夫妻が集まり、糸子を叱り付けました…。うわぁぁぁ…………つらい………。

木岡・木之元のおっちゃんらが神戸のおっちゃんらを呼んだんでしょうか?神戸のおっちゃんは、糸子と勝さんの仲人的存在やし…勝さんの家族にも正直に連絡したのかなぁ……。

……そこまでせんでも…、勝さんの兄弟まで呼ばんでも…ええやん…………って思ってしまいました…。

皆の言うてることは最もやけど…糸子と周防さんは、言うても一回抱擁しただけやし(あ、二回目の抱擁をしたか、この直前に…)、ほんま気持ちだけやのに……。

…けど、そりゃアカンわなぁ……。しかも、店を指さして噂されるようなことになってしもて……アカンわなぁ………。苦しいなぁ………。

けど、木之元のおっちゃん、木岡のおっちゃんも、自分の家族を叱るように糸子を本気で叱ってくれていて、そこは嬉しかったです…。糸子は幸せ者やなって思いました。こういう人がいてくれることも、善作お父ちゃんが生きた証やなぁと思うと、胸がジーンとします…。

糸子「勝さんにもお父ちゃんにも、ほんま申し訳ないと思ってます。けど…二人とも、もう死んでしまいました」

オッチャンらは「死んだら関係ないっちゅうんけ!?」「そういうことちゃうでしょう!」と声を荒げましたが、私はこの糸子の言葉に、とてつもない寂しさを感じました。数話前に糸子自身も「皆が死んでしまって恋しい」と自己分析していましたが、改めて、大好きだった人を失ったとてつもない寂しさが糸子の中にあるんやな…と思いました。私はやっぱり糸子を責められへん……。

抱き合う周防さんと糸子

糸子が後ろから周防さんに抱き付き、周防さんが振り返って糸子を抱きしめるのは、「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ」ってなりました。かっこよすぎて……ひぃぃぃぃぃぃぃ!

糸子は、皆にどんだけ怒られても、周防さんを辞めさせることはしないと言い切りました。周防さんと抱き合った時にも「傍におってください。それだけで、誰にどんなこと言われたかて耐えられます」と言いました。

でも……アカンなぁ……。周防さんだって、糸子を想ってるのは事実だとしても、支えていかないといけない家族があります。そのために、仕事をするために、オハラ洋装店に来てるんです…。

拍手メッセージで、「ミシンを2階に搬入した時の糸子の顔が良かった」と言うご感想を聞かせていただきました。私も感じました。糸子もそうだし、周防さんの表情も良かったです。恋だけではなく、「ミシン・仕事」に目を輝かせる2人でした。周防さんからも「ここで紳士服を作れるんや」という喜びを感じました。周防さんも糸子も、仕事をものすごく大切に思っている人だと言うことが伝わりました。

私はやっぱり主人公の糸子びいきやけど…糸子の恋は応援したいけど…、今の2人の恋心は、お互いの「ミシン・仕事」に対する純粋で尊い気持ちにも泥を塗っているように感じました…。

やっぱり…そんな恋はアカン………。

一生懸命働いてくれてる昌ちゃんらの気持ちも踏みにじって…。

糸子も周防さんも、他の皆も、ものすごく真剣にこの仕事・店に向き合ってきてるからこそ、恵さんが訴えた「気持ち悪いもん、持ち込まんといて下さい…!」が刺さります…。

それに、子供たちが「うちらはお母ちゃんのやりたいようにやってもろてええです」とオッチャンらに言ったことも…。子供たちは、糸子が「間違ったことはしない」と心から信じてるんですよね…。だからこその、お母ちゃんをかばう言葉。

でも、糸子は間違えてしまいました。恋やから…気持ちをコントロールできひんくなるのは仕方ないことやと思うけど…分かるけど…やっぱり、この子らの気持ちまで踏みにじってます……。子供らが学校で母親のことをからかわれて、我慢せなあかんことではないと思う…。糸子はやっぱり…間違ってしもてる……。

つらいです……糸子のこと、変わらず応援してるし大好きやし、ほんまに可愛いです。だからこそ、めちゃくちゃつらいです…………。糸子………。

もうこれ…どこに行きつくの…。

関連記事
「カーネーション」全記事一覧

「カーネーション」年表

拍手お返事

Aさん…糸子の告白は糸子らしくてかっこよかったけど…今となっては、そんなけじめをつけようとしなかったら、周防さんと気持ちを確かめ合うこともなく、こんなことにならなくて済んだのかも…と思えてしまいます(涙)周防さん、色気ありますね…かっこいいです…。

Kさん…ほんっとに切ないですね…。「そりゃ、寂しくなって、頼りたくなりますよ…切ない!!!」の部分、ほんとに共感します…。今日の「二人とも死んでしまいました」が、糸子の寂しさを表していて、糸子のこと責められへん…って思いました。あと、私も昨日 糸子の髪型見て久しぶりに「サザエさんぽい」と思いました(笑)

Rさん…「視聴者それぞれが子供の頃を思い出した郷愁の涙もあるのかもしれません」なるほど…!それもあるかもしれません!思い出すほどでもないような他愛もない日常が、歳をとると尚更愛おしく思えるのかもしれません。感想を気に入って下さって嬉しいです。感想を書くだけのブログですが、感想なんて千差万別ですし、私の感想を見て不快に思う人もいらっしゃるだろうなということは常に考えながら書いています。なので、共感して頂けたりするのは本当に嬉しいです。もし良かったら、感想が違った時にも、是非別の感想を聞かせて下さい。自分でこういうブログをやっていると、他の方の感想を読みに行く時間はなかなか持てないので、このブログ内で読者さんとやりとりできることで、私も「おお~!」と感心したり驚かされたりすることがあって楽しいんです(^^)

Kさん…今日の、糸子を2階で抱きしめるシーンも、まさに天然の女たらしでしたよね…ゴクッ…(笑)「なんなの…好き…」ってなりますよね!ほんと…こんな展開になっちゃって……どうするのよ……好き…。2階にミシンが置かれた時のこと、めちゃくちゃ共感します。今日の感想にも引用させていただきました。

昨日の記事にも、たくさんの拍手をありがとうございました!

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加