コメント・拍手について

いつもブログを読んでくださる皆様、本当にありがとうございます。

今日はちょっとこのブログについてのことを書きたいと思います。

このブログには、読者様との交流場所として「コメント欄」「拍手メッセージ」の2種類があります。「コメントしたいけど、どっちに書けばいいんだろう」「何が違うの?」と思われることもあるかもしれませんので、使い分けについて少し書かせていただきます。

コメント欄

コメント欄は各記事の一番最後にあります。

このページを一番最後までスクロールしていただくと、「コメントをどうぞ」という書き込み欄が出てきますが、ソコです。

ここに書き込みしていただくと、まずはブログの製作者である私だけがその書き込みを見れる状態になります。

次に私が、頂いたコメントを「公開する」という処理を行います。そうすると、各記事の最後の方にコメントが公開されます。

公開されますと、私だけではなく、このブログに遊びに来た皆がそのコメントを見ることができます。

なので、「コメント欄=公開されるもの」というところはご注意いただきたいところです。念には念をで、個人的なことなどはあまり書かれない方が望ましいです。

ただ、私がコメントを「公開する」という処理を行う時に、「非公開にする」という設定を行う場合もあります。

「非公開」にする理由は、あまりにも個人的なことが書かれているであるとか、あまりにも罵詈雑言であるとか、そういうケースです。

今のところ、私がブログで非公開としたことはほとんどありません。確か一度だけ…「これ本名を書いておられるかなぁ…?」と思うお名前でのコメントがあったので、個人情報に配慮して念のため非公開としたことがあったような気がします。

また、他の読者様のコメントを見て読者さん同士が交流していただいてもOKです。(もちろん、「お互いに気持ちいい楽しい交流」に限ります。)

ただし、先述の通り、私が公開処理を行うためタイムラグが生じます。それはごめんなさい…。

拍手&メッセージについて

各記事の文章の最後に「拍手」という小さいボタンがあります。

これは、フェイスブックやインスタグラムにおける「いいね」ボタンみたいなものです。

「読んだよ~」って感じでボタンをクリックしてもらえると、「拍手1件」という感じで拍手の件数が増えます。それが私にとって「○人の人が見てくれたんだ~!明日も更新頑張ろう!」という喜び&モチベーションになっています。

拍手ボタンを押すと、メッセージを書き込む画面が立ち上がって来ますが、これはバツ印を押して消していただいても大丈夫です。

一応そこには、「定型メッセージ」と「任意で書き込めるメッセージ欄」の2つの欄があります。

定型メッセージから選んで送信していただくだけでも、私は嬉しさ2倍です。

任意のメッセージを書いていただけると、更に嬉しさ10倍くらいです。

定型メッセージも任意のメッセージも、「拍手」からいただいたメッセージは、私しか読みません。後で一般公開されることもありません。

2018年8月現在、いただいた任意メッセージのお返事を、その次に更新した記事内で書くようにしていますので、見ていただけると嬉しいです。

お返事を書く中で、頂いたメッセージの一部を引用させていただくことがありますのでご理解お願いしますm(__)m

ただ、私生活などで忙しくなかなかお返事を書く時間をとれない時があり、そういう時は拍手メッセージのお返事ができない可能性があります。どんな場合でもコメント欄には絶対返事をしようと決めていますので、返事が欲しい!と思って下さる方はコメント欄の方がおすすめです♪

批判について

ブログを始めて4年ほどになりますが、ありがたいことに今まで批判のようなコメントを頂いたことはありません。皆様、いつもお優しいお言葉を本当にありがとうございます。

ただ、念のため批判コメント・メッセージを頂くことがあったら…という点も書いておきたいと思います。

基本的に、同じドラマを見ていても感想は千差万別だと思います。なので、私が書いた感想に「それは違うと思う。私はこう思ったよ」という別の感想を書いていただくことは、全く問題ありません。私も、自分が気付かなかった感想を聞かせていただくのは嬉しいです。

ですが、もしその内容があまりにもきつい言い方や汚い言葉であるとか、そういう場合には、私もきっと悲しい気持ちになると思うので、コメントは非公開処理にすると思いますし、拍手メッセージの場合もお返事せずスルーさせていただくと思います。「どういう言葉ならスルーなのか?」という基準は、私の個人的なブログですので私が個人的に判断させていただきます。

ただ、個人のブログと言えどもネットにこうして公開して感想を書いていますので、私が書いたことで嫌な思いをした人がいるんだということはしっかり理解して受け止め、反省すべきことはしっかり反省し、ブログを書く上で注意していくようにしますm(__)m

まとめ

という訳で、要約しますと、

コメント欄は一般公開されます。(お返事100%)

拍手は押してもらえるだけでも嬉しいです。

拍手メッセージがあると尚更嬉しいです。(忙しい時はお返事できないかも…)

批判コメントは、その内容によってはスルーさせていただきます。

という感じです。

今のところ、拍手メッセージの方に沢山書き込みをしていただいてる感じです。でも、コメント欄を使っていただいて読者さん同士の交流をしていただくというのも実は憧れています♪

感想やご意見を下さる時は、どちらに書き込むかお好みで選んで頂ければと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする