朝ドラ「半分、青い。」第19週 第109回あらすじ・感想

泣きたい!1

今日のあらすじ

涼次(間宮祥太朗)と離婚し、花野(山崎莉里那)を連れて岐阜に戻った鈴愛(永野芽郁)。早速、菜生(奈緒)を喫茶・ともしびに呼び出し、久しぶりの再会を果たす。そこにブッチャー(矢本悠馬)と律(佐藤健)が現れ、かつてのふくろう会が揃う。大阪にいるはずの律が地元にいる理由を知らない鈴愛は、律も離婚して実家に戻ってきたと早合点。自らの境遇を打ち明けるとともに、律からプロポーズされた夜のことを語りだし…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

あさイチの放送はありませんでした。

今日の解説と感想

久しぶりの梟会

梟会の4人がこうやってちゃんとそろうのって、卒業以来ですかね?ドラマでは皆若くてピチピチなのであれですが、実際こういうことがあるとものすごく感慨深いですよね。

菜生ちゃんとブッチャーが夫婦になった件は嬉しく思ってはいるのですが、こうやってみてると……改めて違和感…(笑)。この2人が好き同士という展開も急だったし…2人がサクっと結ばれるなら、高校時代から伏線はっとけばよかったのに…と思うのは私だけ?(笑)

予告にあった「律、離婚したか」って鈴愛のセリフは、鈴愛の先走った勘違いでした。「鈴愛の勘違いなんじゃない?」的なコメントを頂いてたんですが、大正解でした!

律は単身赴任中。言うてる間に大阪に帰る予定みたいです。

今日のところはとりあえず、みんなが互いの状況を理解し合うための回でしたね。あ、鈴愛の部屋が使えないのは何かの伏線ですかね。お母ちゃんがなんか言いづらそうにしてたので気になりました。

鈴愛が律に再プロポーズ…!?

よく分かんなかったんですけど、鈴愛、律に再度プロポーズするつもりだったんですかね?それとも、あの時プロポーズを断ったのは律が嫌いだからじゃないということだけは弁解しておきたかったって感じでしょうか?でも手にぎってたし、律が離婚してないって分かった途端に「単身赴任か、じゃ今のなしね」って言ってたので、やっぱりプロポーズする気だった…?…いきなり…!?傷心の身で…!?

なんだか涼ちゃんとの離婚になんの未練もないかのような、ふっきれている鈴愛でしたが、家に戻って一人になった時に溢れた涙が、本当は心がズタズタに傷ついていることを表していたなと思います。

律へのプロポーズは、どんな状況でも思いがけない発想で前に歩こうとする鈴愛らしいところ、って感じでしょうか。

喫茶ともしびのママがきっつい(笑)

ママ「もう青春は終わりだよ。高校卒業したのはいつよ?もうオバサンとオジサンでしょう!」

ぐわ…!きつい…!(笑)

今の鈴愛たちと私は同世代なので、はっきり「オバサン」と言われたことが地味にグサっときました(笑)自分で言うのはいいんだけど、こうもハッキリ言われるときついっす(笑)

万華鏡

そうそう、今日の感想ではないのですが、気付いたことをひとつ。

涼ちゃんと鈴愛が結婚するきっかけのひとつに「万華鏡」がありました。鈴愛が万華鏡を欲しいと言って、涼ちゃんがキットで作ってくれたあの万華鏡。

ふと思い出したのですが、鈴愛がまだ小さい頃、おばあちゃんによるナレーションに「子供の頃は毎日が万華鏡のようにキラキラして」というような言葉がありました。

涼ちゃんとのエピソードに万華鏡を出したのは、「もう鈴愛は大人になり、自分の夢にもけじめをつけ、万華鏡の中にいる時代ではなくなった」ということを表していたのもしれないと思いました。

だからどうということはないんですけど、夢にけりをつけた鈴愛の大きな変化をそういう部分でも表していたのかな、と。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表
拍手お返事

Oさん…神無月さん、岐阜出身なんですね!他の方が岐阜弁がうまいと言っておられました。なるほど~!情報ありがとうございます♪

Kさん…涼ちゃんはね…ほんとクズだったので間宮さんが不憫です(笑)そうそう、実家のお客さんがいる店内でブッチャーと言い争うとか(冗談まじりにしても)大人ならしませんよね。ま、鈴愛なんで(笑)カツ丼が人気になってるとかは、草太から聞いてはいたものの大して信じず適当に聞いてたことが109回で分かりましたね。ここはちゃんと回収…、話ちゃんと聞けよ、鈴愛…、ま、鈴愛なんで(笑)草太家族は確か実家の近くに住んでいるナレーションがあった気がします。3オバは分かりませんが…涼ちゃんは「また出ます」とまた脚本家さんがつぶやいてました…なんで言うん…

土曜日の記事にも拍手ありがとうございました!

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする