朝ドラ「半分、青い。」第19週 第111回あらすじ・感想

泣きたい!3

今日のあらすじ

草太(上村海成)のカツ丼がヒットし、つくし食堂は大繁盛。楡野家の台所事情もよくなり、鈴愛(永野芽郁)は養ってもらえるのではと期待を寄せていたが、晴(松雪泰子)から仕事を見つけるように促されてしまう。困った鈴愛は大手メーカーに勤める律(佐藤健)や不動産業を営むブッチャー(矢本悠馬)らに相談をするが仕事は見つからない。そのころ東京では、涼次(間宮祥太朗)が監督する映画が完成し、試写会の開催が決定する。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

あさイチの放送ナシ。

今日の解説と感想

律と鈴愛

昨日、鈴愛が律に「律を支えたい」と言ったところからどうなったのかは分からないまま今日のお話になってしまいました。律はどう思ってどんな反応したんだろう。気になる。

涼ちゃんの映画

ドラマ内はいつの間にか5月になっている模様…。涼ちゃんが初監督を務めた映画の試写会日が5/25と表記されていました。

涼ちゃんが年末に出て行って、そこからすぐ離婚、ほとんど日が開かずに岐阜に帰った…と思っていたんですけど結構経ってたんですね。

で、年末に「映画監督になる」と家を出た涼ちゃんが作った映画が5月試写会……。……早くないですか!?Σ(・□・;)

麦おばちゃんと元住吉監督

2人がデート(?!)してるというのが一番のびっくり情報でした!元住吉監督、年上好き…?うまくいくと嬉しいかも。

鈴愛の仕事

仕事見つかりませんねぇ。どうするんだろう。まさかの、おじいちゃんの友人の「農協の人」が再登場。コネとフル活用した就職内定を辞退しといて、またコネで仕事を探そうとするおじいちゃんと鈴愛(笑)。相変わらず普通に潔く「図々しい」(笑)

もしかして自分で会社を立ち上げるとかする展開ですか?仕事がここまでナイ、ナイと言ってたらそういう展開もありそう…!?

ボクテとユーコ

もうこの2人の出演はないのかな~と思ったけど、また出てきてくれましたね。わざわざ梟町まで来てくれて、どんなことが起こるのか楽しみです。鈴愛の仕事が見つからないことに関するアドバイスするのかな~。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表
拍手お返事

さあやさん…お久しぶりです~!(^^*)毎日まだまだ暑いです…(;´∀`)ノベライズ読んでおられるんですね!ちょうど私も近頃、ネタバレありで楽しむ方がいいのかな~とちょっと思ったりしています。物語後半、どんな物語になっていくのか全然予想がつきません。知ってるさあやさんがうらやましい感じもしてます(笑)これまでの作品に比べれば熱中できてないのは事実ですが(笑)、いつも通り見守っていきます!♪♪

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする