朝ドラ「半分、青い。」第19週 第113回あらすじ・感想

泣きたい!5

今日のあらすじ

酔ったボクテ(志尊淳)は、鈴愛(永野芽郁)が律(佐藤健)からのプロポーズを断った真相を楡野家の面々がいる前で暴露してしまう。取り繕おうとする鈴愛に、鈴愛の気持ちに応えることはできないとはっきり言い放つ律。やり取りをするうちに誤解があることが明らかになり、なんとかその場は収まる。皆が寝静まったころ、鈴愛と裕子(清野菜名)は二人、食堂で語り合う。そこで裕子は、自らが抱えている悩みを鈴愛に打ち明ける。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

あさイチは生放送でなかったので、受けなし。

今日の解説と感想

律と鈴愛

昨日はムービングサーズデイでしたが、やっぱりそんなすぐに2人が動き始めることはなかったですね。律はまったく動じず、正式に鈴愛を振る形になりました。でも、これが2がようやく一緒になるための第一歩になると思います。

律が結婚してるという最も大きな壁がどうなるのかだけど…。鈴愛が清さんと律をモデルに描いた「神様のメモ」でも、清さんは結婚してもう何十年も経ってから律と再会を果たすので、多分 鈴愛と律も神様のメモ状態になると思うんですよね。

ユーコと鈴愛

ユーコは30代後半から若い頃の夢を叶えるために看護学校に通っています。そこでいろいろ大変な思いもしてるみたいですね。ユーコと鈴愛、離れて住んでいても、なかなか会えなくても、こうして悩みを話せる間柄なのはいいですね。ここまで長い付き合いになるとは思わなかったなぁ。漫画家編の時って、鈴愛が漫画家になるために頑張ってる描写より、ユーコ・ボクテ・鈴愛が一緒に夢を追っている宝物のような日々が印象に残っています。脚本家さんにとって、一緒に夢を追った3人の友情というのも描きたい大きなテーマなのかな、と ふと思いました。3人の友情は、幼馴染である梟会4人の友情とはまた違う特別な感じがします。

鈴愛が社長に?

鈴愛はラストで「社長になる」と言い出しました。珍しく読みが当たった!!!鈴愛は会社をつくるような予想をしていたので。「おじいちゃんが五平餅を最近作ってない」ことが分かって鈴愛が気にしていたようなので、もしかしてそれに関連するのかな…?しばらくは「涼ちゃんを支える・子育て」をして影から家族を支えてきた鈴愛でしたが、主人公ですのでそろそろ表で目立った活動をしてほしい!(笑)なので、ちょっと楽しみです。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表
拍手お返事

Dさん…こんにちは~♪私は律はあんまり好みじゃなくて…(笑)でも大輔さんはやっぱり好きです!言葉数が多い方が好きなのかなぁ?律のお父さんも「将来は鈴愛ちゃんと結婚するんだろうな」ときっと漠然と思ってきたんでしょうね。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする