朝ドラ「半分、青い。」第19週 第114回あらすじ・感想

泣きたい!6

今日のあらすじ

いまだに仕事が見つからない鈴愛(永野芽郁)を心配し、ブッチャー(矢本悠馬)は自分の会社で働かないかと提案するが鈴愛はあっさり拒否。それどころか、とある構想のため晴(松雪泰子)に金を貸してくれと懇願する。晴は大反対するが、鈴愛は仙吉(中村雅俊)の協力を得て実現したいと粘る。しかし、鈴愛が目当てにしていた晴の貯金は、晴と宇太郎(滝藤賢一)の旅行資金であると知らされ、いったんは踏みとどまる。だが…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

土曜日なのであさイチなし。

今日の解説と感想

つくし食堂2号店構想

鈴愛が考えたのは「つくし食堂2号店」。いつものように突拍子もないところが鈴愛らしいな、と思います。突拍子もない思い付きですが、これまでの半分青いが集約されてるな~と感じました。あの秋風羽織がこだわりまくった五平餅、お父ちゃんの漫画好き、鈴愛の性格。そして、「草太が卵をふわふわに溶くのがうまかった」という些細なことまで!これには驚いた!(笑)

お父ちゃんが好きな漫画を元に考案した「電車イメージの内装」は面白そう!高校の近くを選ぶっていうのも良さそう!案外いい店になりそうな予感がしました。どうなるのかな。

しかし、いつもあんなに行列ができるほど人気なのに、開店時間中に全員で会議状態になるって、あかんやろ(笑)

お母ちゃんの気持ち

店が繁盛して貯めたお金で、お父ちゃんと豪華客船旅行に行こうと計画していたハルさん。お店やってると、本当になかなか旅行とか行けないと聞くので、ぜひ行ってほしい!それはすごくいい!さすがの鈴愛も、両親がそんな風に考えているお金を使おうとするのは諦めたようでしたね。

なのに、なぜかなぜか、つくし食堂2号店に対してアイディアを出して盛り上がる宇太郎お父ちゃんに、お母ちゃん大激怒…。お父ちゃんは無邪気なだけなんですよねぇ。今日の無邪気度はすごかった(笑)

でも、2人で行こうとしてるのに、そのお父ちゃんがあんな風に「2号店にノリ気」になったら嫌ですよね…。ハルさんの気持ち分かるな…。お父ちゃんはなんの悪気もないんだろうけど。(そういう人が一番厄介だけど)

その他

チンチンを連発してましたけど、あれは笑うところなんだろうか…。前にも「熱い!チンチンや!」ってセリフありましたよね。なんでそんなに言いたい(言わせたい)のか……。笑えばいいのか…?

来週は…ワコさんと、おじいちゃんのこともちょっと気になります…。悲しいことにならないことを願いますが…。あと、律の奥さんであるより子さんが出てくるみたいですね。予告で映ったより子さんの後ろに律が見切れてたけど、なんか夫婦って感じがしなかったです。しっくりこない見た目というか。

私的には、すごく早い展開でグイグイ進んでいた結婚編より岐阜に帰って来てからの方が見てて落ち着くな~と感じてるので、来週も前向きに見守っていきたいと思います♪

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表
拍手お返事

KAさん…ユーコは確か、学生時代は看護師になるのが夢だったと前に話していたことがあるので、育児も落ち着いてもう一度自分の夢を追うことを決めたんだろうと思います。友人が看護学校に行ってましたが、年上の人も結構いると聞いたことがあります。けど、やっぱり30代後半は珍しい方じゃないですかね。かなり頑張らないと…体力的にもしんどそうですよね。ユーコ、めちゃくちゃ頑張ってるんだと思います。律家族の短いのに丁寧で泣ける描写は感動しましたよね!ワコさん…元気になってほしいですね……。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする