朝ドラ「半分、青い。」第20週 第116回あらすじ・感想

始めたい!2

今日のあらすじ

つくし食堂2号店開店に向け、鈴愛(永野芽郁)は仙吉(中村雅俊)から五平餅作りの特訓を受ける。宇太郎(滝藤賢一)や晴(松雪泰子)も準備に大忙し。そんな中、花野(山崎莉里那)は和子(原田知世)への差し入れを持って萩尾家に初めてのおつかいに行く。無事に到着した花野を、律(佐藤健)、和子、弥一(谷原章介)は大歓迎。遊んでいるうち漫画が読みたいと言い出した花野に、律は鈴愛が漫画家だったとつい口をすべらせる。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

今日のあさイチも特別編(再放送)だったため、受けはナシ。

今日の解説と感想

ここ最近ずっとそうなんですが「これ」という感想がありません…(笑)

今日もサクっといきます。

つくし食堂2号店

つくし食堂2号店、開店がすごく楽しみです。五平餅の作り方を鈴愛に伝授するおじいちゃんは、なんだか若返っていますね!鈴愛、ちゃんと五平餅作れるのかな、ちと心配です(笑)。秋風先生が五平餅を食べにくることはあるんだろうか、来るといいな。

ワコさん……

ワコさんが切ない…。この間のピアノのシーンもそうでしたが、切なくてたまらないんだけど、すごくきれい…。ワコさんがきれいではかなげで、家族からもとっても愛されていて、なんだか天使や女神様に見えます。萩尾家の家の内装がレトロな洋風で、ステンドグラスもあしらわれているところが、ますます女神様度をあげているような。

奇跡が起こって元気になってほしいってつくづく思います。今は見守るのみ、です。

子供たちの物語ができそう

そういえば、鈴愛の子・花野ちゃん、律の子・翼くん、草太の子・大地、3人の名が、花、空、地と自然がテーマのようにそろってるのが面白いな~と思って見ています。なんか、半分青いの続きモノドラマとして、子供たちが高校生くらいになった青春ドラマができそうですよね。脚本家さんは実はそこも狙っているのでは…!?と深読みしたりしています。

ちなみに花野ちゃんは、ほんとに「花野ちゃん」って子がそのまま存在してるかのような気がするほどハマリ役に思えます。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表
昨日の記事にも拍手やメッセージありがとうございます!

拍手お返事

KAさん…「ワコさんの笑い声捕まえた」は私も、「こんなこと親の前で言えね~!」とは思ってました!(笑)こっぱずかしいですよね!(笑)うんうん、でも気持ちは分かります。あの笑い声を残しておきたい、捕まえておきたいって思う気持ち。「A出来事があったからBになった」より「Bを描くためにAの出来事にしておく」って感じが強いですもんね……。思い出語りもいつも読んでくださってありがとうございます♪

Cさん…今日も資金繰りを考えてるハルさんは楽しそうでしたもんね♪おじいちゃんも若さを取り戻してるし。楡野家は今新しいことに家族一丸となっていますね。対して、萩尾家が切ないのですが…。ジャンピング土下座見てきました。何があってあそこまで激しい土下座を!!(笑)おもしろい情報をありがとうございます♪

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加