朝ドラ「半分、青い。」第21週 第122回あらすじ・感想

生きたい!2

今日のあらすじ

ぬいぐるみを使って花野(山崎莉里那)から店名を聞き出した鈴愛(永野芽郁)。同じ方法を使って五平餅カフェに来た人を楽しませたいと考える。そして、その声を病気療養中の和子(原田知世)にお願いしたいと律(佐藤健)に相談。和子だけでなく律を支えたいと思っている鈴愛は、律の頼みを受けて、日々の看病で気が沈みがちな弥一(谷原章介)を励ます方法を考える。そんな中、ふくろう商店街を、思いもかけない人物が再訪する。(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

今日は、小倉瞳さんこと佐藤江梨子さんがゲスト出演でした♪

大吉さん「タイムリーな登場で」

華丸さん「見事に一役買って」

サトエリさん「いやいや…でもお二人が本当に真面目にご覧になってるんだなっていうのを…。いつも朝ドラ受けとかをされてて、二人でしゃべりながら見てるのかなって思ったら、すごい真剣にご覧になってて、びっくりしました」

大吉さん「漫才師としてはあんまり言われたくない(笑)」

華丸さん「入り込みたい!」

今日の解説と感想

小倉瞳さん

予告にも映っていた小倉瞳さんが再登場。私は昔からサトエリちゃんが可愛くて好きなので、再登場は普通に嬉しかったです。

先週の予告を見てから「なんのための再登場なんだろう!?」と色々考えていましたが、ワコさんの病気と向き合う中で苦しい状態の弥一さんを元気づけるため、みたいですね。

岐阜サンバランドの一件の時、小倉瞳さんと弥一さんたち男性陣が踊ったりして盛り上がっていたのはここにつながるためだったのかぁ。

ん…でも、小倉瞳さんの件は…これで終わりでしょうか…?明日も続…く…?明日を見てみないと分かりませんが、これで終わりだとしたらちょっと…ガックリです。今のところ特に「サンバランドの一件はこのためだったのか~!」という大きな感動はないので。

あと、弥一さんを元気づけたいという律や皆の気持ちは分かるんですけど、元気づける方法が露出多めの服を着た女性と踊り狂うというのはチョット……(^^;)

奥さんが重い病気を患ってる時に、こんな方法で元気を出すっていうのは…チョットどうかと……。でも実際 男同士で「元気づけよう!」とか計画するとこういうことになるでしょうかねぇ(笑)

ま、弥一さんも皆が自分を元気づけようとしてくれていることを感じ取ったように見えたし、ワコさんも笑って「皆のおかげで弥一さんが久しぶりに楽しんできたなら良かった」と言いそうだし、いいんですけど…(笑)

岐阜犬

鈴愛は岐阜犬(ぎふけん)というマスコットキャラを思いつきました。はじめて花野ちゃんに描いてあげた犬の絵をマスコットにするんですね。あの犬の絵を描いた時に「この絵はなんだろう…」と気になっていたんですけど、あの絵を描いた時点でマスコットキャラのことを考えていたんでしょうか…?よく分からない…。まあいいや…。

「ハンズフリー機能」「花野ちゃんから名付け聞き出し」は、ワコさんに「新しいこと」を始めてもらうための伏線だったわけですね。なるほど~。ハンズフリー機能を使ってマスコットキャラの声をあてるなら家で出来るし、もともと妙にモノマネが好きなワコさんにはピッタリな役割かも。「岐阜犬」にうまくなりきってくれそうです。モノマネ上手なワコさんってのも、この伏線ですかね。例えばこれがハルさんだったら、あんまり上手にできなさそうな気がします(笑)

(はじめ、ワコさんに犬の着ぐるみに入ってもらうのかと思った…。それはきっついやろ…と慌てたら全然違いました・笑)

「でも電話代かかりすぎない……?」と気になったところは、インターネットやらに詳しい律がすんなりアイデアを出して解決してくれました。鈴愛のアイデアを律が具体的にしていくっていう流れは良かったですね。

けど、より子さんの立場に立って考えるとすんごく面白くないですよね…。夫が地元に単身赴任してて、まるで学生時代か独身かのように昔からの仲間(しかも女…、しかも鈴愛…)と仲良くしてるなんて。どうなるのかな~律夫妻。

あ、あと、仙吉おじいちゃんのプチナレーションみたいなのは今後も続くっぽいですね(笑)。せっかくしゃべるなら、あれだけ引っ張った「センキチカフェ」の名付けへの思いを明かしてほしい~!(^^;)

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

昨日の記事にも拍手ありがとうございました。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加