朝ドラ「半分、青い。」第22週 第130回あらすじ・感想

何とかしたい!4

今日のあらすじ

しゃべるぬいぐるみ・岐阜犬の商品化の権利を買い取りたいという津曲(有田哲平)に、鈴愛(永野芽郁)はある条件で応える。早速、下見で東京を訪れるが、津曲の会社は廃校になった中学校を再利用したシェアオフィスの中にあった。校内を案内されると、出会う誰もが個性的で、それぞれ自分が作りたいものを作って売る個人メーカーとして活動していた。そこに突然、全身緑色でかためた女性・恵子(小西真奈美)が現れる。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、朝ドラの方が、また新たな展開で…」

華丸さん「まあね~、動きましたね。けしかけられたら、乗っちゃいますから。鈴愛は。株式会社ふぎょぎょは、どうかと思いますよ。」

大吉さん「ハンコとかつくるの大変だろうな~」

華丸さん「領収書もらう時もね」

大吉さん「いろいろなキャラクターも出てきて」

近江ちゃん「新しい「はじめまして」がいっぱいで」

華丸さん「吉本と同じ、学校が会社になる」

大吉さん「はい。吉本がそうなんですよ。夢はそんなにつまってはない。夢のカケラを皆で血眼でこうやって探してるイメージ」

近江ちゃん「あはは!そんなに!(笑)」

華丸さん「小商い」

今日の解説と感想

より子さん

婦人会で、律が海外赴任を進められていたことを知ったより子さんは、今後の昇進のためにも海外赴任を受けた方がいい、と勧めために岐阜にやってきました。

淡々としてますね~。2人がまともにしゃべってるのを見たのは初めてかな…?やっぱり…全然お似合いじゃない……。

より子さんは「私は少なくとも部長婦人以上になりたい」とハッキリ言ってきました。

ふうん…そういう感覚、私には分からないです。夫が部長になったら、自分は部長婦人。そして「それ以上の立場になりたい」。そこに意味はあるのかな…。

「どうなの!?」と思わされるのも事実ですが、鈴愛は自分でぐいぐい自分の居場所を作っていきます。律ありきの立場を求めているより子さんとは対照的ですね。

ただ、より子さんにも寂しさや苦しさがあることがかいま見えました。簡単に言うと、「私は幸せだな」と思える家庭が作れなかったから、寂しさが違う方に向いてしまった感じでしょうか。「ご主人が昇進されてご立派ですね」とか「息子さんが有名私立なんてすごい!」とか、周囲から褒められることでしか、「自分の家庭の価値」を感じられなくなってしまったのかな…。

翼くんを残して先に大阪に帰るより子さん。「用事がある」とのことでしたが、律が一人でつぶやいた「そんなにここが嫌いですか…」から察すると、用事は嘘で、萩尾家・梟町にいたくないんでしょうね…。

ま~、分からなくも、ナイ。団結力が強い場所に、よそ者がいるのはしんどいです。より子さんの性格もあるのかもしれないけど、結婚当初に律がうまく立ち振る舞えなかった結果でもあるんだろうな、と思ったり。

小西真奈美が良い!

新キャラ・恵子さんこと、小西真奈美さんが…良い!!!!!

めちゃくちゃ…良い!!!!

良くなかったですか!?こんな個性爆発したキャラを、もう物にしている!と、感じました。キバツな格好(全身 緑)で出てくることは予告やYahoo!ニュースを見て知っていて「ついていけなさそう…」と思っていましたが、もうしっかりと完成されていたので、意外にもいっきに好きになりました!

ちなみに、小西真奈美さんのことは結構昔から好きです。かわいい…。コニタンと心の中で呼んでいるので、感想に「コニタン」と書いてしまう確立大です(笑)

鈴愛、方向チェンジ!

恵子さんの意見や生き方に感銘を受けた鈴愛は、自分も、恵子さんやオフィスにいる人々のように、「おひとりさまメーカー」を始めることを決意しました。

ああ…もうやっぱり五平餅およびセンキチカフェに思い入れはないのね…。おじいちゃん、「孫がおじいちゃんの味を継いで店をやりたい!」って言ったの嬉しかったと思うんだけどな…。もし生きてたら鈴愛を応援しただろうけど、ここまで潔く方向展開されちゃうと、やっぱりちょっと切なくて誰もいないところで泣いたかも…。

まずは、津曲オフィスで事務をして働き、ゆくゆくは独立を目指すようですね。そこはなかなか現実的。花野ちゃんがいますし、まずはお金がいりますもんね。

夏虫色とカエル

まさかまさかの、「夏虫」が再登場。驚きました。しかも、「カエルはおばあちゃん」とかなんとか、たまに言ってるな~とは思っていたんですが、ここに来て、カエルと恵子さんのおひとりメーカーのテーマである「緑色」がつながった……!夏虫も……。

なんだろう、何かつなげた意味があるのかな、興味深いです。(ただ「つなげただけ」という可能性もある…?)

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

拍手お返事

ちょっと昨日は、全体的に皆さんの感想がおもしろすぎました!

Wさん…そう!鈴愛と花野ちゃんが、歳の離れた姉妹に見えますよね!鈴愛、高校の時とあんまり変わってないな~と思ってしまいます。

GIFさん…また東京とは思ってもなかったので、驚きです。ネタバレ読んでないからこそ新鮮に驚けたのは楽しかったですけど(笑)。最終回まで何があるか分からない!というのも今のテーマっぽいですね。

Tさん…大吉さんがつっこんでくれてスッキリでした(笑)。律、やばいですよね(笑)より子さんがきついからそっちに目がいきがちだけど、私もこんな夫 嫌です…。ブッチャー姉がズルしたエピソードは…一切覚えていません!Σ(・□・;)何かありましたっけ…!?記憶力すごいですね!ケントの「半分日本語」も笑いましたが、「白ジャケは本田圭介が1番!白ティは吉田栄作が1番!」←なんすか~!この感想~!(爆笑!!)(*´∀`*)

Cさん…天然人たらし!あ~確かに…そういう感じですね!「より子アタック」というフレーズに爆笑しました!私も今後○○アタックという言い方使わせていただきます!めちゃくちゃ気に入りました~♪悪意100%も…!笑わせないでください!(笑)最後まで悪役っぽいままだとちょっとかわいそうですよね。まあ、今日は少し彼女の寂しさが見えたので安心しました。

Hさん…半分車内は、頭の中で豆電球光りました。(昭和…笑)。今日は他のブログ読者様が、ケントを「半分、日本語。」と表現されていて、それも笑いました(^^)

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加