夕ドラ(再放送)「カーネーション」第20週110話感想(9/3放送)

朝ドラ「カーネーション」を再放送で初視聴。不定期で感想を書きます。

初見&予備知識いっさいナシなもので、2度目の視聴をされている方からしたら「それ違うよ~」「その予想間違ってるよ~」などツッコミたくなることもあると思いますが、お許し下さい(笑)

第110話「あなたを守りたい1」

あらすじ

昭和34年、直子(川崎亜沙美)は若手デザイナーの登竜門・装麗賞を取る。優子(新山千春)は直子を祝福するが悔しさをこらえきれない。糸子(尾野真千子)は受賞を喜び、優子に対してはふだんどおりに振る舞う。北村(星田英利)が糸子がデザインした服が売れたと金を渡しに来る。時代遅れだったはずだと不思議に思う糸子。自分にはどうせ才能がないと店で、しょげている優子。ついに糸子は腹を立て母娘の大ゲンカが始まる。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

感想

優子と直子

直子すごい…!!!!直子はもうあれですね…理屈うんぬんじゃなく、才能やバイタリティに溢れている人物なんやろうな…。しかもめちゃくちゃ努力してて志も高いし。

直子の才能に嫉妬して落ち込む優子…。分かる…優子の気持ち、分かるなぁ……。「この店はうちが継ぐし、あんたらは好きなようにしい」とか言ってた数年前の優子は、長女として周囲から褒められて、妹たちに対して優越感たっぷりでした。今回 直子に同じことを必死に言っている優子のなんと痛々しいこと…。オハラ洋装店で岸和田弁に戻して頑張ってる優子のこと、私はすごく好きやけど…妹にこんなん見せつけられたら、優子本人がそれを受け入れるのは難しそう…。

一方直子は、優子から「おめでとう。あんたは成功するわ」なんて言われたくないんですね。姉妹って複雑…。「お姉ちゃんを超えたい、うちの方がすごい」ってライバル心があっても「勝った!やった~!」とかそういう単純なものじゃないんですね。

糸子と優子

優子の気持ちは分かった上で、どう扱ってやったらええもんか…と母としてあれこれ考えながらも、仕事のことを厳しく叱りつける糸子。

善作お父ちゃんに厳しく当たられていた糸子が、こうして母になって、いろいろ考えながらも厳しく娘に接するのがね…ほんとに「人生」そのものって感じです。

しかし、2人の喧嘩は大迫力でした。岸和田弁丸出しの糸子の迫力もすごいけど、新山千春さんの関西弁もうまい。どっちの気持ちを考えても胸が締め付けられる感じがします。

糸子「原口先生があんなけアンタを認めてくれちゃったんちゃうんけ!?お客さんが、アンタのためにまた来てくれたんちゃうんけ!?それが見えへん目はどんだけ腐ってんや!?」

この言葉に、厳しいだけじゃない母の優しさを感じました。

春太郎改め冬蔵

歌舞伎の中村春太郎が久しぶりに登場…!「中村冬蔵」を襲名したようです。「ご婦人にモテようとなにわっ子の真似事をした」と話していましたが、…もしかして、変だった関西弁は…それでか…!?それでなのか…!?まじで…!?!?もしそうだったらすごい…!

春太郎…あらため冬蔵は、相変わらず、「?」な存在です。要所要所に出てきますねぇ…ほんまに何なんやろう…。春太郎は糸子とか小原家のことなんて知らんやろうけど、糸子をはじめ小原家では、もう何十年もの間、時折「春太郎」の話題が出たり、そこに家族の思い出も共にあったりして、なんか不思議な感じです。

この先、最終回までに「彼がずっと出てきてたのはこういう理由か~!」と思う展開があるのか分かりませんが、もしそういう展開がなかったとしても、よく考えたら、テレビなどで活躍している有名人って、一般人の人生とともにあるようなところがあるな~とふと思いました。先日亡くなったさくらももこさんだって、私は本当にショックだったし、お会いしたこともないのに、「さくらももこ」に関する思い出が私の中にいくつもあるんです。子供のころ、学生のころ、大人になってから…と、年代も様々な、いろんな思い出が。なので、そういうものを表す人でもあるのかな、春太郎は。

(あ、春太郎の件は楽しみにしているので、特に「ネタバレなし」でお願いします!!)

北村逮捕

でぇぇぇえ!?い、一体何したん……!?!?!

糸子が去年(?)デザインしたものの、流行りを読み違えて売れなかったあの洋服が何かからんでいるようですね。なんやろう…!?!?!

とりあえず、優子の気持ちを知って「シュン……」となってる北村氏は意外とかわいかった(笑)

関連記事
「カーネーション」全記事一覧

「カーネーション」年表

拍手お返事

Rさん…直子の目、リスペクトとライバル心!なるほど!すっきりしました。直子はほんまにこの道で生きていく覚悟がありますね。直子についての「どんな道を選ぼうとも直子の芯に根付く人生訓・信念そのもの」というご意見も、めちゃくちゃ納得しました。直子はすごい…。

「足でピアノを弾く」は、あさイチに近藤さんが出演された時にVTRが流れたことがあったと思います!なんじゃあれ~って感じでした(笑)

Sさん…この出来事が後々大変なことになる…とおっしゃった展開が110話で出てきましたね。北村氏が一体何をしたのか、早く続きが見たいです。ただ、ネタバレは知りたくないので、控えていただけるとありがたいです。 このブログでも「何回見てもおもしろい」というご意見をよく聞きます。本当に素晴らしい作品ですね。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加