朝ドラ「半分、青い。」第24週 第140回あらすじ・感想

風を知りたい!2

今日のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)のひと言から、そよ風の扇風機を作ることをひらめいた律(佐藤健)。そこで律は、鈴愛に扇風機のデザインを任せて、自分はロボットの研究開発の経験を生かし、自然のそよかぜを生み出す羽根の設計を担当することに。律は、いつか秋風(豊川悦司)からかけられた言葉を胸に菱松電機を退社。扇風機を作るためにシェアオフィスに事務所を構える。そして正人(中村倫也)も巻き込んで、そよ風の計測をスタートさせる。

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、ねえ…いろいろね…どうでしょうか」

華丸さん「はい」

大吉さん「今日はあれらしいですね。北川先生と対談するらしいですね」

華丸さん「そうなんです。呼び出しくらいまして(笑)」

大吉さん「いよいよですね(笑)その模様はいずれあさイチの方でやるということで」

華丸さん「生は怖いということで、収録にさせていただきました」

大吉さん「3人中1人だけ呼び出されました(笑)」

今日の解説と感想

ストーリー補足

・律は「そよ風の扇風機」を開発するために会社を退社し、起業。

・鈴愛と正人は、律の研究を手伝う。

・鈴愛は律から、専門書を借り、「風」の勉強もする。

・鈴愛は、律と正人と過ごすうち、律と一度サヨナラした日の悲しみ、正人に振られた時の悲しみが癒えていくのを感じていた。

・一方 岐阜では、ハルは来週に控えた入院で少しナーバスになり始める。草太はハルのためにリンゴをすりおろす。ハルは、温かいまなざしで草太を見つめる。

・鈴愛が帰ったあと、律と正人は互いの悩みを語り合う。(律は起業がどうなるか等、正人は恋人との結婚に踏み出せないこと)

・その夜、眠っていた鈴愛の元に草太から「お母ちゃんが倒れた」と電話が入る。

感想

律の起業

展開が早い!

鈴愛との会話から「そよ風の扇風機」を思い付き、事業計画書を書いてシェアオフィスの管理者に提出し、審査(審査というほどでなくても、管理者が書類に目を通す時間は多少あるでしょう)の後オフィスを借り、必要な物を購入して運び入れ……たのであろうと思いますが、そこ、めちゃくちゃスピーディー。

あんな大手の会社の管理職やってたのに「今日で辞めます。」みたいに辞めたらしいところもあまりにも現実感が無かった。引継ぎとかあるやん…普通…新入社員ちゃうんやから、そんなすぐおらんくなられたら困るわ……。

昨日の放送では、ハルさんの入院は「再来週」だったのが今日は「来週」となっていたので数日~1週間で、退職~起業(準備万端)~開発開始となっているので、さすがにつっこまずにはいられませんでした(笑)

起業した後は、正人くんと鈴愛と一緒に風の測定。鈴愛は良いとしましょう、花野ちゃんの学童のお迎えもしてたし。

…正人くん、ちゃんと働いてる!?大丈夫!?(笑)

鈴愛も、花野ちゃんを育てながら毎月お金もしっかり稼がないといけないわけだから、いくら母親のためとは言えこんなことしてる余裕はないようにも思ったり…。

まるで20代の男女の青春物語のようでした。もう40歳の男女が屋上でリボン振り回したりそれをほほえましく見守ってると思うと、ちょっとキツい…(笑)

律は、ハルさんの入院に間に合わせようと思って開発してるんですよね?そんな簡単にできるものなのかな…。とりあえず試作品でもいいから形になれば、ハルさんに渡してあげることができるのかな。

そよ風の扇風機

昨日「バルミューダ」というメーカーさんが、自社製品が「そよ風の扇風機」のモデルであることを発表されたようです。


バルミューダやったのか~。ダイソンの羽のない扇風機かな~と思ってました。ってことは、律の会社もこの会社さんがモデルってことかな。すると、律の未来は明るそう。

鈴愛が描いたデザイン画は鈴愛らしくて良かったです。野原に咲く大きな花からそよ風が吹くやつ。あそこでバチっとデザイン画描かれたら興ざめした気がします。漫画家という職業についていたので、家電のデザインといってもあれくらい想像力のあるものの方が「らしい」し、実際 ああいうイメージを形にしていくところが「ものづくり」にはあるように思います。

ハルさんの容体が急変

入院と手術は来週……ということだったのに、草太から「急変した倒れた」という電話が入りました。夜中や早朝の電話って大体こういうことなので怖いですよね…。案の定…という感じでした。そんな電話じゃなかったらいいな……と思いましたが…。お母ちゃん大丈夫なのかな…ワコさんは若くして亡くなってしまったので、お母ちゃんまで続くのは絶対嫌です…。

40分テストを全然やってなかった花野ちゃん。やろうよ…というか、40分テスト中に出かけるなよ……。対して注意もせず「まぁいいや。あんたはどうせスケート選手になるもんな」って……。花野ちゃんも「ええんか?それで?♪♪」と勉強しなくていいモードになってるし。フィギュアスケーターが勉強してないみたいな言い方はいかがなものかと…。花野ちゃんのスケートはどうなるんでしょうね。

あと律、歌うまいですねぇ…甘い声すぎて聴いてて照れます(笑)。

華丸さんが脚本家の北川さんと対談されるそうですね。北川先生の希望なんですかね。華丸さん的には言いたいこともたいして言えない対談になりそう。「ここ、おかしいやろ」と思ってても、さすがに本人を前にして言えないと思います。一般人じゃないんだし。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

拍手お返事

Wさん…オープニングのリボンもそうですよね!(今日の放送で屋上で使ってたものと同じですかね?)始めから「そよ風の扇風機」は決まってたんでしょうね。鈴愛の子育てについてと「お母ちゃんの心配」のご意見はほんとその通りですよね…別に現実感たっぷりにしなくていいけど(それならドラマにならないし)、あまりにも子育てしなさすぎてるのでどうしてもつっこんでしまいますよね。

Cさん…「リアリティを追及し過ぎず、ご都合主義的な展開にもせず、という匙加減」、すごく分かりやすいです。私も同感です。バレバレのサプライズパーティーに爆笑です。ほんと急に「風」「風」言い出しましたもんね。

通りすがりさん…バラの花ですしね…気持ち悪いですよね…まあ律本人も分かってるようでしたが…(^^;)

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする