朝ドラ「半分、青い。」第24週 第141回あらすじ・感想

風を知りたい!3

今日のあらすじ

風を知りたい!3

草太(上村海成)からの連絡で、晴(松雪泰子)の容体の急変を知った鈴愛(永野芽郁)は翌朝、律(佐藤健)とふたりで岐阜に駆けつける。着いた頃には既に容体は安定していたものの、さすがに今回の件で気弱になったと打ち明ける晴。さらに晴は、鈴愛の将来のことが心配でならないと続ける。晴の視線に何かを感じ取った律は、鈴愛とともにそよ風の扇風機を開発中で、そのためにふたりで会社を立ち上げたと口にしてしまい…

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

今日のゲストは、正人くん役の中村倫也さんと恵子役の小西真奈美さんでした。

華丸さん「黒髪で」

小西さん「あ、黒髪で(笑)。半分青くしちゃいました♪」

(小西さんのスカートが青)

華丸さん「グリーンパンは、メロンパンでしょ?どうせ」

小西さん「どうせなんて言わないで!(笑)」

華丸さん「ヨモギパンかもしれない」

小西さん「…集結して作ったパンで」

華丸さん「失礼しました(笑)」

小西さん「おいしいんですよ」

華丸さん「あ、もう出る……じゃ後ほど出るんですか?」

小西さん「…!(言っちゃダメだったかも!という大焦りのお顔)」

皆「あ…」

小西さん「ナイショ!ごめんなさい!見てください!(笑)」

ひいい~!コニタンがかわいいよ~!!!

今日の解説と感想

エピソード補足

・容体が落ち着き普通に話せる状態になったハルは、手術の日程が早まることとなった。

・鈴愛のことが心配でたまらないハルは、律と鈴愛が結婚することを望んでおり、「鈴愛が心配だ」と言いながら見舞いに来てくれた律に目線でアピールする。

・律はハルの心配を減らそうとし、そよ風の扇風機を開発するため2人で「スパロウリズム」(スパロウ=鈴愛、リズム=律)という会社を立ち上げたと嘘をつく。

・それを聞いたハルは、鈴愛のそばに律がいてくれることに安堵すると同時に、そよ風の扇風機の風を浴びることを楽しみに思う。

・病室を出た後、律は正式に鈴愛を会社に誘う。律はずっと「2人で作ればきっと楽しい」と考えていたらしい。

・東京に戻った律は、正人とともにハルの手術の成功を祈る。正人は「律はほんと、鈴愛ちゃんが好きだな」とつぶやく。

・ハルの手術の日となった。鈴愛、宇太郎、草太は病院で手術が終わるのを待つ。鈴愛が緊張をまぎらわせるため律から借りた力学の参考書(資料)を読んでいると、ページの隅に律が描いたパラパラ漫画があることに気づく。パラパラ漫画は、ハルの手術が無事成功し、家族で笑い合い、そよ風の扇風機をハルが気持ちよさそうに浴びるという内容。律が鈴愛を元気づけようと描いたのだろう。鈴愛は涙をこらえる。

・手術は無事に終了した。

感想

今日も花野ちゃんを岐阜に連れていかなかったところは、そんなにつっこみません。

重い病気を患ってるハルさんのところに、幼い子を連れていくのを控える……という考え方もあり得るのかな、と思うので。そこは人ぞれぞれかな、と。預かってくれる人もいるんだし。けど、手術の前にかわいい孫に会わせてあげなさいよ、元気も出るでしょうよ、とも思いますけど(^^;)。

ハルさんが律を「チラッ」を見るのは笑えました♪

正人くんとの会話

正人「終わる恋より始まらない恋の方がいいのか。律と鈴愛ちゃんは。恋は必ず終わるもん。夏の花火みたいに。」

久しぶりのポエム。

正人くんのこの言葉に、律は黙りこくっていましたね。

律と鈴愛が恋にならなかったのは、すでに恋を越えていて気付かないとか、そんな感じだったんだろうな~と思ったりするわけですが、正人くんのこの言葉を聞いて、ここまで引っ張っておいて「普通に結ばれました、チャンチャン♪(表現が古い)」もどうなんだろうと感じました。

恋や夫婦…というものになったら、律と鈴愛でもやっぱり「終わるかもしれない関係」になる可能性も…。はじめから恋を越えているから終わらない?のか…?

スパロウリズム

理系で言葉数も多くなく、愛し方も分からないとか言ってた律が「スパロウリズム」とか考えてたのがちょっと…こっぱずかしい…(笑)

律は時々、こっぱずかしいですよね…昔から…清さんとポエムみたいな会話ばっかりしてたり、ちょっと前は「ワコさんの笑い声をつかまえた」みたいなことも言ってたし、たまに歌いだすとやたら甘い歌声だし…(^^;)

けど、鈴愛と律の人生が完全に「つながった」感じがして、2人が手を合わせるシーンは良かったです。ちょっと気持ちが盛り上がる感じがしました。

律が描いたパラパラ漫画めっちゃうまかった。ひと昔前の青春物語とか恋愛ドラマみたいなエピソードだったけど。でも嬉しいですよね。パラパラ漫画は描くの大変だし。鈴愛のことだけじゃなく、ハルさんのことも思って描いてくれてたし。鈴愛がトイレだと言って席を立ち、宇太郎パパと草太に涙を隠すのも可愛らしかったです。

関連記事
「半分、青い。」全記事一覧

「半分、青い。」年表

拍手お返事

Cさん…「ノリスケ並」と「クラス委員の○○くん」に爆笑でした。私も屋上のシーンは一瞬ほほえましく見た後に「40歳」という現実に気づき、きっついなぁと思いました(笑)。そんな現実は見なくていいのかもしれませんね(笑)

Wさん…いちいち対談に呼び出すなよ…ってちょっと思ってます。でも華丸さんならきっと適度につっこんだりしながら、良かったシーンのことも話したりして、うまくやられるんだろうな~と思います。

KAZさん…対談の呼び出しと言っても、「ぜひお話しましょう(笑)」的にジョークも入ったものだとは分かっていますが…。現在のドラマ内の時期は、「年表」にまとめていますのでぜひご確認ください♪確かに、孫に会えなくなった弥一さんを思うとめちゃくちゃ切ないです!翼くんと花野ちゃんは絶対別れたままで終わらないと思うので、将来的に写真家とスケーターとして再会する可能性もあると予想しています。それで次の世代の新しい人生を予感させてこの物語が終わる…的な。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする