朝ドラ「まんぷく」第4週 第23回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

私がみつけます!5

昭和20年春。疎開先の生活にも慣れ、元気になり始めた萬平さんの元へ、赤紙がやってきます。日本の戦局はもはや絶望的。福ちゃんは役場の人から、「今戦地に駆り出される兵隊さんは、みんな生きて帰れない」と聞いていました。覚悟を決めた萬平さんでしたが、翌朝、激しい腹痛が襲ってきます。腹膜炎と診断され、薬で治るかどうかは「五分五分」と言われた福ちゃんは…。福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

受けはありませんでした。

今日の解説と感想

鈴お母さんが、萬平さんの親せきたちと仲良くやっていたのでホっとしました。「武士の娘です」と威張って(?)、嫌な風に思われてしまうのでは…と心配してたので。昨日の、萬平さんを怒りに来たオジサマたちへの対応といい、やっぱりこのお母さんは外面が良くて世渡り上手ぽい。

朝ドラによくある「疎開先で肩身の狭い思いや嫌な思いをさせられる」がないので、戦争中といえども、そこはほっこりします。

萬平さんに赤紙が来て、福ちゃんは心配でたまらない気持ちをそのまま表に出していましたね。大好きで大好きでたまらない旦那様が戦争に行ってしまう…という状況の主人公を見たのは初めてなような…。福ちゃんの悲しさが伝わってきてホロっときました。(私も萬平さんに戦争に行ってほしくない……!)

福ちゃんが女神のように萬平さんを包み込んだかと思えば、今日のように「THE末っ子」「かわいい年下奥様」な面を見せてきたりして、福ちゃんのキャラも色んな面があるのがいいですね。

一方 萬平さんは、昨日は「謝らない!」と自分の我を通してばかりで子供みたいでしたが、戦争に行くということにおいては、きっと思うところはいろいろあるだろうけど、「戦争に行くべき」という一般論を重んじていて、頼れる年上の旦那様という感じがしました。

どちらにも、いろんな一面があって人物像にどんどん奥行きが出てきているように思います。

お母さんが見ている咲姉ちゃんの幻は、やっぱりお母さん自身の気持ちが表れている夢…って感じですね。今日の咲姉ちゃんは、お母さん自身が萬平さんと親しくなってきた気持ちと、萬平さんを認めきれていない気持ちとがせめぎ合っていることを表してるようでした。

でもラストには、「福子を未亡人にしないで!」とか、お参りしながら「福子の旦那様の病気を治してください」と言っていたので、一緒に暮らすことでお母さんの気持ちも認める方にほぼ変わっていったようで嬉しいです。

しかし、あんなにお腹を痛がってる萬平さんに向かって、あのトーンで何回も何回も「仮病…?」って言ったり、「痛い?」って聞くお母さんには笑ってしまいました。あんなにお腹いたそうなのに、萬平さんも大変やな…(爆笑)

「痛い?」とかのお母さんの言い方…(笑)。ほんとに、配役が絶妙やな~と感心します。違う配役だったら、笑えないお母さんになってただろうなぁ。

あ…ちなみに今日の萬平さんは、腹痛に苦しみながら浴衣がはだけて、下着のランニングシャツが見えてるとこに萌えました……ごめんなさい…(^^;)

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手お返事

KAZUさん…見る専門でも、つながれて光栄です♪♪鈴さんと萬平さんのやりとり、かわいいですね~。今日のも、萬平さんには悪いけどほんと笑ってしまいました。どう見てもめちゃくちゃ痛そうなのに「痛い…?」ってwww で、悶絶コーナーですけど(笑)、子供と遊ぶ姿いいですね~!!気取らずに自分を「おじさん」って言うのがさらに萌えました。もうね…なんだかんだ言ってますけど、要するに全てに萌えてしまうようになってますよね…(笑)

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. るんるん より:

    鈴さん、咲ねえちゃんの結婚の時仮病使ったから萬平さんも疑った??(笑)大変な場面もあのやり取りでちょっと笑いのシーンになりましたね。その後の百度参りと「福子を未亡人にしないで!」は良かったですね。自分の理想の婿殿?ではないけど、萬平さんを認めることまで来たのかな。
    明日、また楽しみですね。

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    あ!そうか!ほんとだ!自分が仮病使う人だから、人のことも疑ってるんですね!爆笑!理想の婿殿ではないけど、一緒に暮らして見ていろいろ感じることがあったんでしょうね。