朝ドラ あさが来た年表

夕方に地上波で再放送が始まった朝ドラ「あさが来た」の年表を、放送に合わせて随時更新していきます♪

本放送時に旧ブログにて全話感想を書いています。→あさが来た 感想等全記事一覧(旧ブログ)

☆年齢は、その年の誕生日で何歳になるのかを明記しています☆

年表

1857年(安政4年) あさ8歳 はつ10歳

あさ、タコを背負って飛ぼうとする(1話)

1861年(文久元年) あさ12歳 新次郎22歳 はつ14歳

11歳で許嫁の新次郎と初めて会う(1話)

1862年(文久2年) あさ13歳 新次郎23歳 はつ15歳

あさ、初めての大阪で五代と出会う

☆★☆★☆★

1865年(慶応元年) あさ16歳 新次郎26歳 はつ18歳

3月 新次郎の兄が病死、あさの結婚が延期となる(11話)

3月末 はつが結婚。大阪へ(12話)

秋、あさが結婚。結婚当日、新次郎は祝言を忘れて紅葉狩りに行ってしまっていてびっくりぽん。(晴れ)(13話)

はつ、惣兵衛から露芝柄の着物を贈られる(14話)

1866年(慶応2年) あさ17歳、新次郎27歳、はつ19歳

あさ、家を抜け出しはつの元を訪ね、久しぶりの再会。はつは惣兵衛とお芝居に行くことを楽し気に話す(15話)

夏、あさ、大阪の街で五代と再会(16話)

1867年(慶応3年) あさ18歳、新次郎28歳、はつ20歳

はつの母・梨江が山王寺屋を訪ね、惣兵衛の母・菊に嫌味を言われる(16話)

あさ、大番頭・雁助の着物を繕ったお礼としてお商売の基本を教わる(16話)

あさ、結婚以来 毎晩出かけていた新次郎の後をつけ、新次郎が三味線の稽古をしていたことを知る(雨)。同日夜、新選組の土方が加野屋に金を借りに来る。あさは店を守るため土方と対峙。その夜、あさと新次郎が結ばれる(17話)

あさ、加野屋の貸付総額を知るため、膨大な大福帳を全て計算し、危機感を覚える(18話)

はつ、義母・菊によって蔵に閉じ込められる。この頃から、はつは家の中に閉じ込められることになる(18話)

あさ、街でふゆと再会(亀助とふゆが初対面)。はつが閉じ込められていると聞いたあさは、ふゆに手紙を託すが、菊の邪魔が入り手紙は井戸に落ちてしまう。(20話)

あさ、加野屋に長年お金を返さなかった武家からの集金に成功。それを機に加野屋の働き手の一員として働き始める(21話)

1868年(慶応4年・明治元年) あさ19歳、新次郎29歳、はつ21歳

徳川幕府が戦いに敗れ、大阪城炎上。新政府が成立。新政府から、軍資金を払うよう大阪中の商人に要請が来る。正吉は、あさの意見を取り入れ、お金を用立てることを決意する。この頃から正吉は、あさに特別な才覚を感じ始める。(22話)

5月 新政府が全国で共通の通貨を作ることを取り決め、大阪でこれまで使われてきた銀貨が使えなくなることが告知される。大阪は大混乱となり、銀目手形を金に両替しようとする人々が両替屋に殺到。あさの意見を聞き、正吉は全ての両替に応じることを決め、加野屋の蔵のお金はほとんどなくなってしまった。(22・23話)

ふゆが山王寺屋を辞めさせられ、傷心のはつは井戸の落ちたあさからの手紙を求め、井戸の中に落ちてしまう。惣兵衛がはつを助けに行く(23話)

9月、あさ、加野屋再建のため、奈良の玉利氏の元へ借金の申し込みに行く。(あさの留守中、大阪に住むことになった五代が加野屋を訪ね、新次郎と初対面する)(24話)

義母である菊の指示で、山王寺屋再建のため、はつは惣兵衛と共に実家にお金を借りに行くが、実父・忠興はその申し出を断る(24話)

帰りの道中、あさとはつが街で再会。はつは「お互いに精一杯お家を守ろう」と言い残し、あさと別れる。はつは惣兵衛から、自分のもともとの許嫁は新次郎だったことを聞かされる(24話)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする