朝ドラ「まんぷく」第7週 第40回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

私がなんとかします!4

「たちばな塩業」で働くみんなのマドンナ・タカちゃん。ところが、突然「もう手伝えない」と泣きながら電話をかけてきてみんなが騒然。実はタカちゃんのお父さん・忠彦さんが倒れたのです。心配した福ちゃんが駆けつけますが…。一方、再び塩の出荷を迎えた萬平さん。今度こそ塩の品質が最上級と認められ、満額で売れるのでしょうか!?福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/忠彦:要潤/タカ:岸井ゆきの

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

華丸さん「悪党でしょう!」

大吉さん「悪党ですね(笑)。抜いてますね、世良さん」

華丸さん「1回だったら私は許してましたよ。2回は無いですよ、仏の顔も」

大吉さん「でもね、萬平さん 福ちゃん どっちかが行く時ついていかないとね」

華丸さん「2回目も任すのかよって思ったんですよね。積んでる時」

大吉さん「親友だと思ってるからね」

華丸さん「一応 満額ってことですから…。抜いて、こんだけしかありませんでしたよって言って、一応渡して、でも差額を抜いて。…吉本のやり方と似てますね」

大吉さん「一緒!一緒!ほんとに!」

スタジオ爆笑

華丸さん「吉本のルーツは世良さんにありましたね!(笑)」

大吉さん「どうやらそうです。自分たちがいくらで売られてるか分からないです。言われるがままのお金しかもらえませんので」

近江ちゃん「塩と一緒(笑)」

大吉さん「早急に改善していただきたいと思います」

今日の解説と感想

えええ~…また世良さんに頼んでしまうんですね…。車があるのが世良さんだけだから??もともと、どうやって専売局まで運ぶつもりだったんでしょう??世良さんが親切で無償で運んでくれてると思ってるのかな…。ちょっと福ちゃんも萬平さんも、人を疑うことを知らなすぎですね…(^^;)作ることが仕事ではなく、作ってちゃんと売ってお金を得るところまでが仕事。肝心なところを他人任せにしてしまうなんて…。

福ちゃんが世良さんと車に乗っている時、「私がやらないと」とか話したので、この福ちゃんのひたむきさによって世良さんが変わってくれるのかと一瞬期待しましたが、世良さんはそんな人じゃなかったですね(^^;)

専売局で一部を売って4000円、残りを勝手に世良さんが闇市で売って6400円。6400円はすべて世良さんのポッケに…。

あ~あ…さすがにムッとしてしまいます…世良ぁぁ………。

萬平さんは、専売局の買い取り相場を知らないんでしょうか???うーん……もうちょっと疑ってもいいような……。もともと1回目の買い取りを「3000円くらいだろう」と踏んでいた萬平さんの読みは実際当たっていたのですから、何も知らないワケではないはず…。今回は質の良い塩を納品して、いくらになると読んでいたんでしょうね。世良さんが専売局に売らなかった分があるんだから、萬平さんが想定していた額より少ないはずだと思うんですけど…。神部くんと話した後、萬平さんが違和感を感じているような表情を一瞬見せたようにも見えましたが、どうなんでしょうねぇ……。早く気づいてほしい!!

勝彦さんと克子姉ちゃん、急にキャラが変わったようになってしまいましたね…。前向きに絵を描き始めて、自分と家族の人生をもう一度歩き始めていたのに、急に狂った画家みたいになってしまって……(汗)

克子姉ちゃんが、本当は体を休めて養生してほしいのに、「忠彦さんは芸術家だから」と自分の気持ちを押し殺してるのは悲しかったです。相手を信じて受け入れるというのは、一歩間違えたらこうなってしまうんでしょうか。克子姉ちゃんがそうしているように、萬平さんのやることすべてを肯定して信じてきた福ちゃんも、何か考えるきっかけになりそうですね。

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手お返事

KIMOさん…もうちょっと疑ってほしいですね、萬平さん…。ほんと、加地谷さんがそういうことを担っていたというのが目に浮かびますね。赤津さんの料理の腕が発覚したように、「僕、経営学勉強してました」とか出てきたら面白いですね!(笑)私も皆が釣りに行った時、「そうやん!海辺なんやから、普通そうするやろ!」って思いました(笑)

TOSSさん…鈴さん、ドラマ上のつっこみたくなる展開(「福ちゃん、萬平さん、ちょっと甘いんじゃない?」とか)にはつっこんでくれるし、ボケたら面白いし、もう最強ですよね(笑)昨日何度か、鈴さんのこと考えて思い出し笑いしてました(笑)も~最高です。魚さばけない仲間!うれしいです!(笑)絶対塩ニューヨークですよ……。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする