朝ドラ「まんぷく」第9週 第49回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

違うわ、萬平さん1

「新しい冒険が見たい!」という福ちゃんの思いを受け、新たな栄養食品「ダネイホン」の開発を始める萬平さん。神部さんら何人かの社員と一緒に、必要な栄養を含む食材を探します。「みんなが幸せになるものを作りたい」と、ご飯も食べずに研究室にこもる萬平さん。「邪魔をしたくない」と思いながらも福ちゃんは心配顔。一方、塩作りに専念する社員からは不満の声が… 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/神部:瀬戸康史

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

華丸さん「なんで気づかんかね、萬平さん。牛骨じゃなくて、豚骨でしょう~!」

近江ちゃん「そっち(笑)」

大吉さん「そっちですか、あなたが気にしてるのは。豚骨好きですよね、博多華丸大吉なんで(笑)。いや、でも、ダネイホンは俺 やばいと思うよ?(笑)パンに塗る!?」

華丸さん「パンに塗るテーマやからね。なんでこう…果物系とかね。誰か思い付けよ!と思う(笑)あれがでもパンに塗るやるになるかは、まだ分からない」

大吉さん「分からんけどね。でもあのくらい集中する人じゃないと」

近江ちゃん「生み出せないんでしょうね」

大吉さん「…しょうけども、やばいですよ、これね。明日以降 大モメにモメると思います。萬平さん、お気を付けください」

今日の解説と感想

「ダネイホン」は、ドイツ語で「栄養」という意味の「ディーエアネールング」を、日本語でも言いやすいように変えたもの。予告を見てて変わった名前だな~と思っていましたが。忠彦さんが「ちょっと無理あるな」とつっこんでいましたね(笑)

そんな忠彦さんが、タカちゃんと神部くんの関係に気づきはじめましたね~(笑)も~、お父さんは心配性キャラ発動で笑っちゃいます。

タカちゃんは神部くんのことをかばったし、「恋とかじゃない」と否定していなかったので、やっぱり…もう恋は始まってるんでしょうか!??!タカちゃんが神部くんを褒めた瞬間から流れ出したせつなげなBGMに爆笑でした。も~笑わすのやめて~(笑)

ダネイホンの開発に没頭する萬平さんに対し、塩メンズと福ちゃんの不満がたまっていってますね…。とくに夏の暑い中 過酷な作業を必死に頑張っている塩メンズの不満はもうフツフツと沸点に達しそう…。研究要員に任命された塩メンズたちは、塩作業しなくなったんですもんね。だからって作る塩の量は変わらないだろうから、実際問題、塩担当メンズの仕事量は増えてそうですし……。

源ちゃんと家族3人で過ごす少ない時間でも仕事のことばかり考えたり、そもそも家族の時間を全然とってくれていない萬平さん……。うーん…………。……萬平さん、やっぱり相変わらずやばいですよね……(^^;)今は猪突猛進モードだからなぁ…。

萬平さんの気持ちも分からなくもないし(というか…割とね…そういう人ですもんね…はじめから…^^;)、言いたくてもガマンしてしまう福ちゃんの気持ちも分かるなぁ…。

「マッサン」もそうでしたが、「夫を支える妻」の朝ドラだと、こういうすれ違いは必ず通る道ですかね。いくら心から夫を応援していても、妻も人間ですし、子が生まれればなおさらだと思います。頑張れ、福ちゃん。

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手お返事

HAMさん…福ちゃんの授乳後を表すボタンや、近江谷先生に物も押したいお母さんの件。分かります。ああいうひとつひとつで「お、お母さん何気にちゃんと経理やってるのね」とか「近江谷先生にお金払うの?大丈夫なん?」とか思う視聴者のギモンが、スルーされずに簡単に説明されるんですよね。福ちゃん通信読みました!お母さんの家出事件は、福ちゃんは心配していたものの、ドラマ内では案外たんぱくというか…出番がないというか…そんな感じでしたよね。安藤サクラさんの感想(福ちゃんとしての感想と一視聴者としての感想がまじっているなんて素敵)すごくいいですよね。実際、ドラマではそんなにしっかり描かれなかったけど、福ちゃん自身の心も複雑だったんでしょうね。「お母さん、私もやることは頑張ってるでしょう~。もうすぐ出産よ~分かって~」というような気持ちや、「お母さんに負担をかけすぎたな…心配。早く帰ってきて」とか。

HANAさん…毎日お疲れさまです!貴重なホっと時間にブログに来てくださってありがとうございます!(嬉)義経が命名で出てくるとは、びっくりしましたよね。萬平さんの驚きの効果音も爆笑でした。確かに鈴さんが呼び寄せているのかも(笑)皆なんだかんだ言ってお母さんに優しいし(笑)真一さん、ほんとに社員になってくれるんでしょうか!?だとしたら本気で嬉しいです。どんな展開になるのか、今からドキドキです^^

KIMOさん…私は出産経験がありませんが、イメージ的に、来る親せきや友人が多いのもそれはそれでめちゃくちゃ大変…っていう印象もあります(^^;)けど、福ちゃんの出産は、塩メンズも本当に心から喜んでくれていたのが伝わってきたので、本当に良いシーンでしたよね。源ちゃんは、たくさんの人に愛されて育つんやな~と思いました。(たちばな塩業がいつまでも存続してほしいけど…今後どうなるのかずっと心の隅でヒヤヒヤしていますが…)「お金のない家なら死んでたかも」は、「貧しい人でもしっかり栄養をとれる食品・値段」ということにつながっていきますね。そうそう!感想にずっと書こう書こうと思って忘れていましたが、鉄板のサビ取りが手作業で過酷労働なことをまず萬平さんの開発力でなんとかしてほしいですよね…(^^;)忠彦さんの絵の件ですが、「赤紙がいつ来るか分からない。それまで描きたいものを描く」と言っていたことは覚えています!多分、描きたいものはいつも通りの絵だったような…。私は録画は残してあるのですが、今は見返す時間がとれないので確認はできませんが…多分…鳥の絵だったと思います。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする