朝ドラ「まんぷく」第12週 第71回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

絶対何とかなるから!5

財務局の差し押さえを逃れるため、萬平さんと福ちゃんは「たちばな食品」の解散を決めます。そして罰金の支払い方法を相談しに、お世話になっている大阪経済会の重鎮・三田村さんを訪ねます。ところが福ちゃんと東先生の前に現れた三田村さんは病に倒れて療養中。これまでの経緯を報告すると、三田村さんは東先生と二人きりを望み… 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/東:菅田将暉/三田村:橋爪功

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

今日のゲストは、満島ひかりさん。満島さんと福ちゃん役の安藤サクラさんは、お互いの人生において特別な親しい友人だそうです。

大吉さん「福ちゃん泣いてましたね」

満島さん「なんかサクラが泣いてるとね…(抱きしめたくなるというジェスチャー)」

華丸さん「あそこ(画面の中)に飛び込んで」

大吉さん「メールかなんか送っときますか」

満島さん「そうですね」

華丸さん「生放送じゃないので。こっちは生だけど」

今日の解説と感想

三田村会長、ドラマの中では少ない出番のお人ですが、さすがの存在感です。人は必ず死ぬのだからと言って死を受け入れたというのが印象的でした。やっぱり大きなお人ですね…。

会長の病気を悲しむ福ちゃんに向かっての「三田村さんは泣いてへんぞ」という強い言葉、すごくグっときました。

余命宣告されて死を受け入れている三田村会長の元に通って、会長を楽しませるように談笑する世良さんは、ただ三田村さんを想ってのことなのか、それとも、尽くした分 最期の大きな見返りを期待しているのか……世良さんという人がまた分からなくなりました。人を一言で言い表すことはできないってことですかね。けど、よく考えたら、あの懐が深い三田村会長が、世良さんが損得で自分に近づいていることに気づかないワケがないですよね。三田村会長は、損得勘定よりもっと奥にある世良さんの内面に気づいて付き合っているのかもしれません。

「世良さん」って、ほんとに一言では言い表せませんね。今日の最後の世良さんを見てると、塩をちょろまかしたとか、たちばな栄養食品東京支店からそそくさと逃げ出したとかがウソだったような気さえしてしまいました。

ダネイホンの権利を会社を三田村会長に紹介してもらうことになりました。ほんとに…売却してしまうんですね……。ほんとに会社はなくなってしまうんですね…。福ちゃんと萬平さんのことも心配だけど、こちらは「大器晩成」とドラマ内で何度も言われているし、チキンラーメンのことも知っているので、未来は明るいだろうと思うことでなんとか見ていられますが……、社員たちは本当にどうなってしまうんだろう……。

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手お返事

Cさん…確かにあの電話は怪しかったですね(笑)でも本当みたいで…。おかしいですよね!そもそも脱税ちゃうし~!しかもそんなに金額高いの!?ほんまに!?って感じです。私も、菅田将暉くんが見れるのは結構毎日嬉しいです。私の中でも泰介です(*^^*)世良さんと東援護士、何度も共演済みやったんですね!auは朝ドラ俳優だらけですね(笑)

KIMOさん…めちゃくちゃ苦しい週ですよね…。週の終わりである明日はどうなるんでしょう…いろいろ不安でいっぱいです。

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加