朝ドラ「まんぷく」第12週 第72回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

絶対何とかなるから!6

財務局の罰金を支払うため、福ちゃんと東先生は三田村さんから紹介された会社に、ダネイホンの商標と製造方法を売り込もうとします。売却先が決まった段階で会社は解散。みんなはバラバラに。一方、財務局では「たちばな食品」に対し、差し押さえの準備を始めます。福ちゃんはその前に売却先を見つけ、自らの手で「たちばな食品」の区切りを付けられるのか… 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/東:菅田将暉

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

土曜日なので、あさイチは無し。

今日の解説と感想

ああ…来てしまいました。塩軍団との別れ……。

いつか来るんだろう来るんだろうとずっと思ってきましたが…やっぱり悲しかったです。皆で撮った希望にあふれる集合写真は、やっぱり「輝いていた日々」の象徴の存在になってしまいましたね…。

涙なしには見れませんでした。

せめてもと、皆の新しい就職先をしっかり決めて皆を送り出す福ちゃんは、母の愛が溢れているように見えました。

塩軍団たちが皆封筒と手紙らしきものを持って福ちゃんの話を聞いていましたが、ドラマ内では触れられなかったので「新しい会社の採用通知とかそういった類のものなのかな?」と思いましたが、放送終了後に公式ツイッターさんから、あの手紙は福ちゃんから一人一人にあてられた手紙だったことが明かされました。

(塩軍団にあてられた手紙など、ツイッター情報をまとめて記事をひとつ作ろうかなと思っていますので、今日か明日に更新します)

「萬平さんと一心同体」だと覚悟を決め、動けない萬平さんの代わりに身重の体で必死にこの現実の中で立っている福ちゃん。女性であり妻であり母である福ちゃんならではの、愛と強さが溢れる皆との別れだったと思います。

一応、今日の一つの区切りを迎えるにあたって、実際福ちゃんが何か「活躍」したかと言うと、そういうわけでもないと思うんです。東弁護士や三田村会長の存在があったからこそ、最善と思われる区切りを迎えられたわけですし…。けど、私にとって今週は、福ちゃんの愛や強さを感じる週でした。見ようとしなければ見えない・見なくてもドラマは進む…そんな「影にいる妻の存在」をうまく描いていると感じました。なんというか…「親の愛」のような感じでしょうか。育ててもらって教育も受けさせてもらって大人になって、その親の深い愛を知ることがなくても子の人生は進んでいきます。けど、その愛に気づけた方が、人生が豊かになるとか、自分も愛を持てるとか、言葉で言い表しきれない大きなものを得られると思います。福ちゃんの存在をそういうものに感じる週でした。なんだか不思議な感覚です。

福ちゃんが最後に歌ったりんごの唄。慰労会で福ちゃんがりんごの唄を英語で歌い、神部君が「日本語やったら皆で歌えたのに…」と言ったことも、この伏線だったのかと思って観ていましたら、なんとなんと、あれは脚本ではなく安藤サクラさんが考えられたそうです…!!!

▼塩軍団の峰岸くん役の三好大貴さんのツイッターより


めちゃくちゃ驚きました。サクラさんすごい…。

歌に乗せて、みんなとの思い出が流れたシーンは号泣でした。いつか来るだろう・その時はめちゃくちゃ悲しいだろうと思っていたことが今日来てしまいましたが、予想していた以上の寂しさです。

戦後の大変な中、重労働に苦しみながらも、塩づくりを光と信じながら「りんごの唄」を歌って頑張ったのが始まりでした。最後に再び皆で歌った「りんごの唄」は、終わりの唄ではなくて、再び光を信じての始まりの唄やと思います。

塩軍団…キラキラした日々をありがとう。ほんと…まじで…新しい会社にいっても、頑張ってください…新しい会社のことだけじゃなく、まだまだ続くみんなの永い人生がどうかどうか素晴らしいものでありますように……

「ドラマやから!」と分かっていても、そう願ってしまいます…(;^ω^)

さて、財務局との戦いが始まるようですね。「12万でダネイホンが売れて、10万税金を払い残りの2万を新しい事業や当面の生活の元手にするのか…?」とも思いましたが、当初から「払わなくていい税金だ」と東先生は言っていましたもんね。1円たりとも払わないようです。

会社が解散したら払わなくていいというのが、私は疎くてよくわからないんですが…。会社にかかる税金だから、会社がなくなったら支払義務もなくなるってことでしょうか?これが個人事業のままだったら、代表者である萬平さんに支払義務があるから、会社を解散しようが支払義務は消えなかったのかも?そうすると、たちばな栄養食品に変えた時に有限会社にしていたからこそ使えた策なんでしょうか?有限にしたのは絶対 真一さんのアドバイスだと信じているので、真一さん様様です。(えらそうに書いてますが、疎い私なりの考えなので、話半分に聞いておいてください・笑)

ラストの東先生はかっこよかったです。初対面の時にオドオドしていた彼とは思えません。萬平さんと福ちゃんのために戦おうとする彼の強い意志が顔に出ていましたね。なんと心強いことか…。(あんなに頼りなく感じていたのに…やっぱり演じ方がうまいなあ…とつくづく思います)

「想像を超えた戦い」になるとナレーションが入りましたので、まだまだ不安な展開が続きますが…とりあえず、やっぱりこの件は年内に収束して、年初めはきっとまた新たな希望を感じる展開で始まるんじゃないかと思います。その光を信じながら来週も見守っていきたいと思います。

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手お返事

KIMOさん…世良さん、予想外に良かったですよね…。世良さんの心の中って、本当は誰より優しいのかも…?世良さんは会社は買ってくれませんでしたが、就職先は見つけてくれてましたね!やるやん!(笑)こんなに捕まるヒロインの夫なんて、びっくりですよね…。ほんとに…これが現実っていうんだからホントびっくりですよ。これが創作なら絶対「ありえない!」ってつっこんじゃいますよね(笑)お正月の番組!情報ありがとうございます!実は私もちょっと前に知って、めちゃくちゃ楽しみにしています!おもしろい企画もあるようです…(*^^*)日時などは、また年内最後の更新記事などでこのブログでもお知らせしたいと思っております♪

TOSSさん…今週、きついですよね…精神的に。私もずっとモヤモヤした感じです…。年内にはきっと明るい解決を迎えるはず…と信じています!4万返したのは地味に感動しました。手元に現金がないのも、そういう使うべきところに使ってきたからなんでしょうね。塩軍団とはお別れでしたね…TOSSさんの予想通りでした…。ほんとだ…赤津だけは鈴さんのおそばに…神部くんが泉大津についてきたように、今度は赤津がついてきても良かったですよね(笑←「笑」とか書いてるけど、切ないです)チャーリーこっち来いや!って感じですが、出てこないですね…。すのこめっちゃ作ってますよね…すのこっていうか…あれ なんて呼び名でしたっけ…パレットかな?めっちゃ作ってますよね…めちゃくちゃおしゃべりできてるし…監視役のMP注意せえよってたまに思ってしまいます(笑)

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. るんるん より:

    あっという間に会社が解散になっちゃいましたね。買ってくれた会社の社長さんとか出るかなと思ったら、そんなこともなく(^^;)でも、大事なところはきちんと描かれていて。大変な週だったけど、お母さんの愚痴がちょっと笑える癒しになってましたね(笑)
    東弁護士、出てきた時は事務員さんに圧倒されるひ弱なおにいさんに見えましたが(笑)、後半は強い目をした頼れる弁護士さんでしたね。三田村会長といい、すごい役者さんぞろいのドラマですよね。檻の中で生気のない萬平さんが、福ちゃんと網越しに手を合わせてだんだん笑顔になる表情の変化もよかったです。年内の放送で釈放まできてほしいですね~

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    解散しちゃいましたね。すごく寂しいです。社員みんなの就職先がちゃんと見つかっただけでも救われますよね。
    東弁護士、頼りがいが出てきましたね!福ちゃんたちを守ってくれそうで、今週の活躍がすごく楽しみです。
    いい役者さんそろってますよね~!!絶対、年越しは明るい気持ちでさせてくれるはずなので、良い展開になることを願います!