朝ドラ「まんぷく」第16週 第86回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

あとは登るだけです!1

自宅と家財、土地を担保にして、町工場への融資金を確保したいという萬平さん。福ちゃんはその願いを受け入れ、反対する鈴さんを説得していると、克子姉ちゃんが訪ねてきます。連日モデルを呼んで、美人画を描く忠彦さんのことが気がかりなようで、福ちゃんは頭が痛くなるばかり。そんな中、萬平さんの元に、資金援助を受ける銀行から連絡があり… 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/克子:松下奈緒

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

祝日のため、あさイチの放送はナシ。

代わりに生放送で平野レミさんの特別番組が放送されまして、真一さん役の大谷亮平さんが出演し、「まんぷく、これからどうなっていくんでしょうか」と受けておられました。

今日の解説と感想

鈴さん「今日、道頓堀の母に占ってもらったの。雨降って地固まるって言われたわ。雨降って地固まるってことは、最初に雨が降るってことよね。悪いことが起こるってことでしょう?うちを担保に入れるのは悪いことなのよ。それから、また同じこと言われたわ、萬平さんは大器晩成やって。信用組合の理事長になったことは、まだ成功してないってことなのよ。まだ駄目ってこと。もうハラハラさせられるのは嫌~!」

鈴さんのこのセリフが、すべてを物語ってるな…と思って笑ってしまいました。視聴者へ「またハラハラさせるけど、大器晩成だから~地固まるから~安心してね~」ってメッセージでしょうか(笑)今週のサブタイトルも「あとは登るだけです!」なので…あれですね…もう…落ちるところまで落ちることは確定かな…って思います…鈴さんの言葉(占い師の言葉)だけが一筋の希望…(笑)

克子姉ちゃんとタカちゃんと鈴お母さんの会話は、すっちゃかめっちゃかでしたね。年が明けてからの「まんぷく」は、あっちこっちで色んな会話が飛び交う「家族の食卓」風景がいいな~と思うことが何度かありましたが、その集大成って感じでした(笑)特に女同士でそれぞれ不安を抱えていると、あんな風に「結局お互いの話なんて聞いてない」ってかりがちかも?(笑)タカちゃんも「絵が淫らになってきてる」とか言って…「淫ら」やなんて、タカちゃんも大人になったのね(笑)

家と土地を担保にする件。梅田銀行の人が萬平さんのことも考えてくれて止めに入ってくれてたのに、萬平さんが織田島製作所で現物を見せて融資を乗り気にさせてしまったみたいですね…。もっと頑張って止めてやってくれよ…梅田銀行……。「がんばりましょー!」とか言って突然楽観的に酒飲んでるし…おいおい…梅田銀行…もっと厳しく審査する立場をつらぬいてくれよ……(^^;)。

神部くんもノリノリで織田島製作所の一員になってるし…。「萬平さんとまた仕事がしたい」って神部くんが心から思ってくれてたのは分かってるけど、萬平さんの会社でもないのに張り切って入って来て、銀行さんとの話にもノリノリで参加してて…神部くんがちょっとアホみたいに思えました…(笑)

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加