朝ドラ「まんぷく」第19週 第106回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

10歩も20歩も前進です!3

萬平さんはラーメンを常温保存する方法を模索中。福ちゃんに手伝ってもらいながら塩漬け、天日干し、陰干しと試行錯誤しますが、なかなかうまくいきません。子供たちからも「まだできないの?」と急かされますが…。一方、忠彦さんの絵画モデル騒動は、ますます混迷を極め、忠彦さん自身もスランプに陥ります。 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/克子:松下奈緒/忠彦:要潤

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、朝ドラ評論家…」

華丸さん「ちょっと待って(笑)何がですか?」

大吉さん「監督さん変わった?(笑)」

華丸さん「変わってません(笑)」

大吉さん「びっくりした。壇蜜先輩も去っていきましたね。」

近江ちゃん「そうですね」

華丸さん「頭から離れないです、あの歌。「踊るマンボ、歌うジャンボ」。ドリカムではないですよね?」

大吉さん「ドリカムさんではないです(笑)まさに歴史的な一日になったかもしれないですね」

近江ちゃん「そろそろ壇蜜先輩があさイチに」

華丸さん「明日かな?ご説明いただけますか?何を持って完成なのか(笑)」

大吉さん「そうね。ご説明いただくのと、あと近江ちゃんはあのダンスをマスターしておくこと」

近江ちゃん「ほんとですか?!(笑)」

今日の解説と感想

壇蜜先輩…急にあんな突拍子もない奇妙なダンスを踊った挙句、放心状態の忠彦さんに「何も描けないの?先生。どうしても自分の殻をやぶれないのね」って、まさかの上から目線。さ、さすが壇蜜先輩…。

壇蜜先輩のせいで、皆どうしたらいいか分からず電気もつけずにいたのは笑いました。タカちゃんは、こんな訳の分からんショック状態はお腹の子に良くないんちゃう!?やめたげて!(笑)

忠彦さんの絵は、自分の殻を破って新境地に行ってしまったようですが…い、いいのかな…いいのか…あれで…。憑りつかれたようでしたけど……。絵はねぇ…凡人には分からない域っていうのがある世界ですからねぇ……。でも忠彦さんが異世界に行ってしまったようで困惑します…いいのかアレで……(;´Д`)本人は、月を見ながら酒を飲んで、すごく満足気でしたよねぇ……。

克子姉ちゃんの心境になれば、画家の妻としてずーっと忠彦さんを信じて応援してきたのに、あんな突然現れた訳の分からんオンナに誘われて忠彦さんが憑りつかれたように異世界に行ってしまったら、やってられないと思うんですけど…。

壇蜜先輩はもう出ないんですかね~?とりあえず明日のあさイチに出演されるみたいなので、必見ですね。

物語的には、新しいものを作ろうとしている萬平さんと、新しい絵を描き始めた忠彦さんが対になっているっぽいですよねぇ…。

萬平さんのラーメンづくりは、今日も一歩一歩でしたね。「勉強しなさい」のシーンは、なんかラブラブすぎて見てられない!って感じでした。ひえええ~。萬平さんの「分かった」がかわいすぎます。( *´艸`)

でも、リアルに考えれば萬平さんはもうすぐ50歳なのに、あのかわいすぎる「分かった!」は、キャラがおかしくなっていってる気もしました。福ちゃんもそうなんですけど、どうも最近 顔芸というか…そういうのがちょっと多いような。壇蜜先輩のハチャメチャ感も、やりすぎにも思える節も…なきにしもあらず……。物語のメインストーリーに動きがない日が続きますから、表情や言い方を駆使して物語にメリハリや笑いを作ってくれてるんでしょうけど。

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手お返事

TOSSさん…「愛読者」なんてお言葉を自分が頂けるとは…感激です。ありがとうございます。「ちょっとからかっただけやのに」は、ほんと腹が立ちますよね!おっしゃる通り、3発も殴られることを言ったの?ってちょっとは思ってほしいですよね。私も同じようなことして人を傷つけないように気をつけたいって思いました。 壇蜜先輩のダンス、すごいですよね……今日もすごかったし……彼女は一体……ゴクッ。メガネもチューもアドリブじゃないかと思います!結構 アドリブ多そうですよね、このドラマ。言われてみれば、確かに私もブチュっといくかも…ここぞとばかりに…(笑)岡さんと森本さんで「岡森」って笑えます(笑)岡森、どうなるんでしょうね~!?

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加