朝ドラ「まんぷく」第23週 第129回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

新商品!?2

まんぷく食品の社運をかけて、新商品を開発することにした萬平さん。相談を受けた福ちゃんは昔同行したアメリカ視察を思い出します。「まんぷくラーメン」を入れる丼がなく、商談相手がラーメンを砕いて紙コップに入れ、お湯をかけていたのです。そんな福ちゃんのつぶやきに、ひらめいた萬平さんは「容器入りの即席ラーメン」を作ろうと考え… 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/神部:瀬戸康史

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

大吉さん「さ、まんぷくの方は話がどんどん進んでますよ」

華丸さん「ねえ。…いや…でも……こんなこと言うのはあれですけど…あれもう完成してますよね…?」

大吉さん「…ほぼね(笑)」

華丸さん「できてますよね…?」

大吉さん「ほぼできてる感じはありますよね(笑)」

華丸さん「あそこから新しいの難しくないですか?(笑)」

大吉さん「こっから、エビをどうするかとか」

華丸さん「こまかいことになるんですか?」

大吉さん「はい。以前プロジェクトXでガッチリやったんで。あれの焼き直しみたいになるかもしれないけど」

華丸さん「焼き直し(笑)だってもうあそこ…アメリカ人はもう使ってましたよね、フォークも」

大吉さん「来週あたり焼きそばをつくります(笑)再来週はお揚げについて…(笑)」

華丸さん「バタバタしますけど(笑)息子が入って…。あと結婚してた!」

大吉さん「そう!岡さんがどうやら、選ばれたようですね」

近江ちゃん「そのあたりも詳しく?」

華丸さん「そのあたりは写真で…」

大吉さん「あと忠彦さんのお弟子さんもよくまだ分かってない。まだまだ目がはなせませんけども」

今日の解説と感想

受けでも華丸さんが言ってましたが、ほんと、すでにカップヌードルそのまんま!(笑)これ以上 何を開発するのか!(しかも、若い人たちの新しい感覚を用いて)…って感じもしますが、そこはやっぱり、咲姉ちゃんのお告げにあった「具がない」についてひらめきや開発が必要になってくるんですかね。あの謎の肉は何で作るかとか…(笑)

2年も前に「どんぶりがないから紙コップ」の光景をアメリカで見ているなら、その時にひらめきなさいよ!発明家の立花くん!って気もします(笑)

でも、カップに入ったラーメンってだけのことでも、それをひらめくって簡単なことじゃないんだろうな。なんでも一番初めにひらめくってすごいことですよね。

「容器に入ったラーメン」の開発チームを作ったのに「あえて言えばラーメンでなくてもいいくらいだ!」とか言っちゃう萬平さんが、天才肌な人あるあるって感じがしました。クリエイティブな人とか天才肌の人って、そういうとこありません?(笑)こっちはラーメンって言われてる上で必死に考えてるのに、もっとずっと高いところを柔軟な目で見てるというか突拍子もないというか…(笑)

さてさて、散々焦らされた吉乃ちゃんの件!

やっぱり吉乃ちゃんを射止めたのは岡さんでした~!

だと思ったんですよねぇ~、私には分かってましたよ~ふふふ、なんといっても……キャスティング的に(笑)

森本さんと岡さんは正々堂々と勝負したから今も仲良しなんでしょうね。あのいつも言い争ってた岡森コンビが、めちゃくちゃ仲良くて…家族ぐるみの付き合いになって…。なんかいいですよねぇ…しみじみします。

最近の穏やかな皆を見てると、あのつらい戦争があったなんて信じられないなって思うことがあります。岡さんと森本さんも、戦争を乗り越えたものの行き場がなくさまよっていたところを萬平さんたちに救ってもらって、今日に至るんですよね。すごいことだなぁ…って思います。

いくら今が穏やかで平和だからって、ほんの何十年か前に現実にあった戦争を忘れてはいけないなって、時々ぼんやり考えさせられます。

現時点で私は、源ちゃんと幸ちゃんがどっかの娘のようにえげつない反抗期に突入しないことを切に祈っています。(笑)

拍手お返事

昨日は拍手メッセージをチェックするのをうっかり忘れていて、返事もなしになってしまいました。ごめんなさい。

128話拍手へのお返事

HAMAさん…鈴さん、ほんとに良かったですよね!白髪は増えたけど美しいグレイヘアですね(*^^)克子姉ちゃんなんかは髪型は変わったものの、全然若いですよね(笑)

SABOさん…ほんとに嬉しかったです、鈴さん!世良さんも、萬平さんと年が変わらないわりに若いですね、確かに。吉乃ちゃんが選んだのは岡さんでしたね!これはもうやっぱり、キャスティング的に…(何回言うねん!と、セルフツッコミしておきます笑)

127話拍手へのお返事

HANAさん…現実の福ちゃんのお父さんとドラマの福ちゃんの旦那様(笑)妙な錯覚の感覚、なんとなく分かります(笑)サクっと終わるシーンでしたが、良いシーンでしたね。土井垣先生がまんぷくラーメンファンというのはすごく良かったです。

HAMAさん…127話にも拍手ありがとうございました!悪口主婦といじめっ子は見たかったですよね~(=_=)これだけは本当に残念です。

KIMOさん…「きれいごと」の意見、共感していただけて嬉しいです。ニュースをつければ悲しくなる事件ばかりで…ドラマくらい、「人っていいなあ。人に優しくしよう」って思えるものが見たいですね(*^^)コネや口のうまさを使ってまったく違う角度を責めた世良さんはさすがだったと思います。そうそう、お湯をかけるだけって、他にないですよねぇ?私も思ってました。でも、なんか…「マグカップに入れてお湯をそそぐだけ!おやつラーメン」みたいな小さい物は見たことがある気がします。特許公開したのになんで減っていったんでしょうね?もしかしてラーメン業界は安定してきた頃に、途中で特許使用を有料化したんですかね?笑いポイントの件、「武士の娘」が言わせてもらえない鈴さんに笑えるのも、序盤で死ぬほど「武士の娘」を聞いてきたからこそ、ですもんね。確かに、笑わせるのってテクニックだけでなくて、環境も大きいのかもしれませんね~。野呂君への「女見る目ない」は、確かにそうですね!自分の奥さんと福ちゃんを否定することになってるやん!ってつっこまなアカンとこですね(笑)

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. るんるん より:

    吉乃ちゃんのお相手。どっちでもないに期待してたので残念(笑)でも、相変わらず仲良しの岡森コンビがいいですね♪世良さんも運転手待たせるくらいの身分?になったのに、白薔薇でカレー食べてるとか、変わらない所がなんかホッとしますね。
    子供の頃、萬平さんのモデルの人のカップヌードル開発記をマンガで読んだことあるんですが、「販売できる形にするまで」が大変だったようです。そこがこれからのお楽しみなのかなと思います。

  2. いそまる より:

    るんるんさん
    吉乃ちゃんを射止めたのはやっぱりキャスティングですよ、キャスティング(笑)森本さん推しだったんですけどね~ま、森本さんも幸せそうで良かったです。でも肝心の部分(告白とか結婚とか…)を省略するってのも、変わってますよね(笑)
    「販売できる形にするまで」っていうのはどういうことなんだろう。楽しみです!