朝ドラ「まんぷく」第23週 第133回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

新商品!?6

自宅で新たな麺作りに挑む萬平さんと福ちゃん。試行錯誤の末、外国の人でも食べやすいよう麺を短くして、特製の容器に合わせた麺の揚げ方を発見します。喜んだ萬平さんですが、チームに容器やスープの開発状況を尋ねたところ、いずれも開発が遅れていることがわかって大爆発。チームに入った長男の源ちゃんは「お父さんは天才だけど、自分には無理だ」と弱音を吐き始め… 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

土曜日なのであさイチは無し。

今日の解説と感想

まんぷくヌードル開発

萬平さんがついに爆発。もはや、萬平さんが一人でやった方が早そう…。天才の人ってこうなりがちですよねぇ…でもそれじゃ会社になってる意味ないし…。神部くんがもうちょっとうまく立ち回らないといけないように思うのですが…神部くんの見せ場ないですよねぇ…(;´∀`)

萬平さんもやっぱり周りが見えなくなりすぎですね。皆が自分に委縮してしまう気持ちすら理解できない・理解しようともしないのはダメですよね。まんぷくヌードルのことしか見えてませんでしたね。

萬平さんを止めるために真一さんが福ちゃんに頼ったのは的確。さすが真一さん。(神部くんが福ちゃんに相談しても良かったんとちゃうか…神部くんは仕事してるのか…おい神部……)

開発チームの人が「そんなに仕事のことばっかり考えてられない」と言っていました。ブラック企業という言葉が定着した昨今も、こういう考え方の人が多いんだろうし、残業や無理のある勤務体制を会社が押し付けるような仕組みはもちろん改善すべきだと思います。

でも萬平さんのように、人のためを思ってやる気が出たり、仕事を楽しいと思えたり、前向きに邁進することも、時には必要だと思うんですよねぇ…。そうじゃないと生み出せないものもあると思うので。「萬平さんに言われてるからやる」…じゃなくて、源ちゃんにもチームの皆にも、そういう喜びを見出してほしいなぁ。

ラストの萬平さんの言葉は、そういう喜びを皆に知ってもらおうとするとても良い言葉だったと思います。

萬平さんは一人でつっぱしりすぎた歩みを止める。

チームの皆も「やらされている」じゃなく、この開発の意義や未来を感じながら歩く。

福ちゃんの忠告もあり、ようやく少しずつ足並みをそろえることができそうですね。来週はいよいよ開発が成功するのかな?楽しみです。カップヌードルは買い置きしてあるので、完成のおいしそうな映像、どんと来い!です(笑)

今日の福ちゃん

福ちゃんが源ちゃんに怒ったのが、私は一番印象的でした。

萬平さんが天才なのは事実だと思う。だけど、萬平さんは天才なだけじゃなく、自分のすべてを注いで目標を実現しようと誰より努力してます。そんな萬平さんの姿を見て来た福ちゃんからしたら、「お父さんは天才。僕には無理」なんて言葉で片づけようとしている源ちゃんが許せなかったんでしょうね。

「お父さんの会社に入れば、ひいきしてもらえて楽できると思ったの?努力しなくても出世で来て、いずれは社長になれると思ったの?」「そしたら簡単に弱音を吐くのはやめなさい!」「あなたの言うてることは言い訳にしか聞こえません!」

源ちゃんへの言葉は、いつも穏やかなあの福ちゃんから出たと思えないくらい厳しい言葉でした。

だけどその後 萬平さんと話した時には「源は萬平さんの期待に追いつかない自分に腹が立ってるんやと思います」と、弱音の奥にあった源ちゃんの気持ちを察して萬平さんに伝えていました。厳しくも優しくて、「お母さん」やなぁって思いました。

源ちゃんと萬平さんそれぞれに注意する形となった福ちゃん。いつも皆を応援して見守ってるけど、言うべき時は相手を思いながらしっかり的確に伝える。そんな福ちゃんがすごく素敵でした。

(でも、サクっとコネ入社した源ちゃんが、福ちゃんの指摘したようなことを考えてなかったとは思えない…(笑)福ちゃんが願った通り、萬平さんの姿勢を見て少しずつ変わってきてますね。頑張れ、源ちゃん。)

今日の世良さん(笑)

「ダヴィンチくん」って言うてましたね(笑)これは脚本なのかな~?アドリブっぽい気もします(笑)いや~世良さんの社交性は素晴らしい。

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加