朝ドラ「まんぷく」第24週 第134回あらすじ・感想

朝ドラ「まんぷく」のあらすじや感想を書いています。

今日のあらすじ

見守るしかない1

難航する「まんぷくヌードル」の開発。苛立っていた萬平さんは福ちゃんの助言を受け、開発チームのメンバーに「急がなくてもいい。一緒に作ろう」と歩み寄ります。すると開発メンバーの長男・源ちゃんにも変化が。萬平さんと仕事の話を家でもするようになります。2人の様子に喜びを感じる福ちゃん。会社ではメンバーから積極的なアイデアの提案が続き… 福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子

(YAHOO!テレビGガイドに掲載されているあらすじを引用)

今日のあさイチ受け

受けはありませんでした。

今日の解説と感想

源ちゃんの印象が随分変わってきましたね。

自分の意思で頑張っている姿は、見ていて気持ちが良かったです。お母さんに感謝の電話を入れたり…源ちゃん、ええ子やん…(涙)

開発チームメンバーも、他のやり方を自分から提案してくれました。真一さんが言った通り、社長の意見と別のものを提案するのは緊張したと思います。でも、良い物を作ろうとしてくれているからこそ、ですよね。頑張れ、若人たち。

でも敏ちゃんが心配していた通り、萬平さんが開発チームをじれったく感じる展開になるんでしょうか?力のある人だと、いっそ一人でやった方が早いっていうのは実際あるあるだと思うんですよねぇ。

でも萬平さん自身も「社員全員に「自分たちが商品を作る」という気持ちになってもらわないと」と言っていました。大きな会社にした以上、それはとても大切なことなんだろうと思います。まんぷくラーメンを一人で開発した時と違って、今度は、親が子を見守るような大きな度量が必要になってくると思います。

今週のサブタイトルも「見守るしかない」ですし。うまくいくといいですね。いや、そりゃ結果的にはうまくいくんだろうけど…(笑)

幸ちゃんの恋も見守る週になるのかなぁ~。ハグを見てしまった鈴お母さんはショッキングでしょうけど、あのハグはダヴィンチくん的には挨拶的なものなんでしょうけどねぇ。でも幸ちゃん自身もドキっとしてる感じがしました。どうなるのかな~。

あとナギくんも…。まさか「僕も戦争に行きたかった」とか言い出すとは。戦争を知らない世代とのギャップがあるとは言え、あれは忠彦さんも激怒しますよね。結局また泣いて帰ってしまうし(笑)

妙に達観したことを言う大介くんも、平和ボケそのものって感じもするし(笑)

最後に、今日で東日本大震災から丸8年が経ちました。

今日Yahoo!検索で「3.11」というワードを検索すると、Yahoo!が復興支援として、ひとりの検索につき10円を寄付してくれるそうです。たくさんの人が検索すれば、まとまった額になって寄付されると思います。検索するだけですので時間はかかりません。皆さまやご家族の方もご利用されてはいかがでしょうか。

(ご家族でされる場合は、同じPCやスマホからの検索だと同一人物とみなされるかもしれませんので、できる限りスマホやPCを使い分けたほうがいいのかもしれません)

拍手お返事

RYOさん…ひよっこのOP、私も大好きでした。曲も映像もいいですよねぇ。また聞ける(見れる)のが楽しみですね♪松本穂香さん、澄子からは信じられないほどの美少女ですよねぇ!メガネとはいえ、美少女さがすっかり隠れるほどの澄子とまた会えるのも楽しみ。ああ、もう言い出したらキリがないワクワクです(笑)ベスト3、やっぱり1番はカーネなんですね♪あとの2つは…ほんとに何歳でいらっしゃるんでしょう…?!(笑)あさが来たは、いつが放送日がもよく分からなくなってるので、録画でまとめ見でチェックしています。夕方の再放送はほんとに驚くほどに休止するのが難点ですよね(^^;)夜9時とかに持っていった方がいいんじゃない?って思ったりしています。

Canaさん…慰労会再び!確かに!(爆笑)でももう萬平さんたちもお年だから、若者たちから冷めた目で見られちゃうんだろうな~(;´∀`)萬平さんの世良さんのモノマネ、おもしろかったですよね(笑)

関連記事
まんぷく全記事一覧

まんぷく年表

拍手ボタンを押していただけると更新の励みになります( ´◡` )

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加