なつぞら第6週感想

なつぞら第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」

あらすじ(公式HPより引用)

兄・咲太郎(岡田将生)を探すため、東京を訪れていたなつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)。ふたりは偶然、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と再会する。陽平は東京の美大に通いながら、漫画映画を作る会社で働いていた。なつは陽平に誘われて会社を見学、漫画映画の制作現場を目の当たりにし、心を奪われる。一方、十勝では、照男(清原翔)が大事な話があると天陽を呼び出していた。なつへの思いを確かめようとしていたのだ。そんな二人は青年団のスキー大会で対決することになり、それを見つめるなつは・・・。

感想

第6週の感想です。週ごとに感想を書けたらいいなと思い、今週は週のあらすじも掲載してみました。

なつをめぐる静かな戦い(?)

なつをめぐる静かな戦い(?)があった週でした。

おんじの「照男がなつと結婚したらいい」という提案。おんじの気持ちは分かるけど……うーん……(-_-;)って感じでした。やり方が正しいかどうかは置いといて、おんじはおんじなりになつを愛してるって気持ちは分かります。

照男兄ちゃんはまんざらでもない感じでしたがはっきりしないし、周りからは「なつと付き合ってる」「なつのことが好き」と認識されまくってる天陽くんもハッキリしないし、私としては特に「誰かを応援したい!」という気持ちは持てないまま進んでいきました。

金曜の放送で、天陽くんはなつへの気持ちを認めましたが、天陽くんが照男兄ちゃんに出した条件は「自分が勝ったらなつをあきらめる」。東京に行ってアニメーターになりたいという夢を自分の中に閉じ込めようとしているなつのことを想い、自分が余計な足かせにならないようにという天陽くんが切ない。

一方の照男兄ちゃんの条件は「自分が勝ったら、天陽はなつに告白しろ」。照男兄ちゃんもまた、なつへのほのかな恋心を自分の中に閉じ込めたまま、なつの恋を応援しようとしていました。

(…と思う。照男兄ちゃんの恋心も、この時点ではいまいちハッキリしませんでしたが、土曜日の放送で確信できたので、それはまた後で書きます)

なつのことがよく分からない私

天陽くんと照男兄ちゃんのことが切ないな~……と思いつつも、なんとなぁく…ついていけてない私…。

そもそも私…なつがそこまで絵が好きっていうのがイマイチ伝わってないんですよね(;´・ω・)

絵が上手だったお父さん、絵が好き、漫画映画に感動した、そういうエピソードは分かってるんですけど、なつの中から出てくる強い憧れみたいなものを私はいまだに感じられてないので、天陽くんが若い恋心を隠すほどの状況なのか…?って思っちゃったり……(;´∀`)

なつは天陽くんのことが好きなのかも、よく分からないし。確か前にも書きましたが、あんな美少女であんなイケメンがそばにいたり男子が多い学校に入ったりしてて、「恋に疎い何も知らないおぼこいなっちゃん」設定は無理があるやろ…って思ってます(笑)

(もっと言えば、ずるいことをずるいとも思わず戦後を必死に生きたあの「子なつ」と、今のなつが同一人物に思えなくなる時もあります。これに関しては、そんな風に思えてしまうくらいに、なつが柴田家の一員としてまっすぐ愛されて育ったんだろうと解釈していますが)

皆 肝心のなつの気持ちを無視して、あっちこっちでなんやかんややってる感じで、「切ない恋のシーン」ってことは分かってるけど、いまいち感情移入はできませんでした。

それでもグっときた照男兄ちゃんのシーン

それでも、土曜日に放送された照男兄ちゃんのシーンにはグっときました。焦ったおんじから照男との結婚話を聞かされ「照男兄ちゃんにそんな風に思われたら恥ずかしい、もう家族に戻れない」と泣くなつに、「自分はなつを妹にしか見えなかった」とはっきり言ったシーンです。

このシーンを見て、いまいちはっきりしなかった照男兄ちゃんの気持ちが確信できました。はっきりした恋心じゃないけど、妹以上の気持ちをずっと抱いていたんじゃないかなって、私は思います。それを決して言葉にはせず、自分の中にフタをしてきた。それが、おんじの提案によってフタが少し開かれてしまったような、そんな感じだったのかなって思います。

けど、取り乱すなつを見て、照男兄ちゃんは兄としての自分を選びました。この照男兄ちゃんには、イマイチついていけてない…と思い続けてきた私でも切なくてグっときました。

あと、おんじはおんじなりになつを想ってのことだったとは言え、なつをこんなにも傷つけてしまったのは面目ないですね…。積み重ねて来た「家族」に戻れるのか…ちょっと心配です。

富士子ママが「それも家族」と言っていたのは印象的でした。どんな家庭でも、それぞれの家族が抱える問題にその都度向き合っていくものですもんね。さすが、一番 子どもたちとの接し方を悩んできたであろうお母さん。かっこよかったです。

突然倒れるなつ

なつが突然雪道でフラフラになったのでびっくり。あんな吹雪になる日に出かけるなんて。おんじあたりが「こりゃ吹雪になる空だぞ」とか言って止めないと。でもまぁ「家族」を揺るがす事態になっていましたから、仕方ないですかね…。なつも、あまりにショックが大きかったんでしょう…。携帯電話があれば…!って、はがゆく思いました(笑)

なつはどうなるの!?とちょっとヒヤヒヤましたが、まずは無事 謎の山小屋で目覚めたなつ。雪の中で意識を失う→謎の山小屋…の展開は、意外すぎて驚きました。天陽くんの告白は先延ばしですかね。

モデル

物語のネタバレは相変わらずあえて調べない様にしているのですが、天陽くんにモデルがいるらしいことを先日知りました。なつも、実在の女性アニメーターさんがモデルなので、その方々のことを調べると、物語に起こる出来事を予想できてしまう感じです。あくまで「モデル」止まりなので、「あれ、モデルさんの話とは違うんだな」ってところもあるでしょうけど。

今回はこれまでのように「ネタバレ見ない!」とは決めていないので、最近はネットでちょっとそういうことを調べたりしました。ブログを見てくださってる方には、ネタバレ一切なし派の方もいらっしゃるので、ここで「将来こうなりそうですよ」とか予想を書くことはしませんが、「多少 情報を集めながら なんとなーく先の予想もしながら観てます」ということだけご報告です(笑)

今週ツイッターにあげた感想絵をブログにも載せておきます。

某パッチ屋も別に糸子をからかったわけじゃないですけど(笑)ふと思い出したので書いてみました☆

夕見子ちゃん、ほんとかわいいです。名前もすごくきれい。柴田家3兄弟、「照男」はおひさま、「夕見子」は夕陽、「明美」ちゃんは朝陽…って名づけになっててすごいシャレオツ。


雪月さんはほんと謎です。8年間、「柴田さん、いつバター作るのかな~まだかな~」って待ち望んでるんです…よ…ねぇ…?…ながすぎないですか…?趣味じゃなくて本職なのに……。雪月さんもモデルがあるそうです。(←鳩サブレか花畑牧場がモデルかしらと思ってたら全然違いました笑)

拍手お返事

RYOさん…ノブさんと綿引さん、私も印象がかぶるなって思ってました!綿引さんは警察官だったので違和感なかったですが、ノブさんはまだ大学生なのに名探偵ぶりがすごいですよね(笑)。そうそう!「えーっと…この人は…」となる感覚、分かります!人物のキャラ設定は分かるんです、でもそのキャラ設定と実際そこにいるキャラがつながらない感覚です。ノブさん、千鳥のノブさん、宜ちゃん…のノブだらけは爆笑でした!ほんまや!(*´∇`*)夕方の再放送、次はゲゲゲに決定したんですか!?知りませんでした!すごく良かったと聞くので見てみたい作品のひとつでしたので、すごく嬉しいです!ひよっこの番組情報もありがとうございます。私はBS見れないので残念ですが、ブログ読者様にお知らせ記事を作りたいと思います♪

TOSSさん…なつぞら感想の言い合いっこできなくてごめんなさい!週一回は今日のような形で更新していけるように、しばらく意識してみようかなって思っています。私も、子役週が良すぎて今は うーん…って日々です。あさイチに出た照男くんかっこよかったですね、私も冒頭だけ見ました。ネットでも話題だったとか(笑)照男くんは今日の放送で切なくて応援したくなったので、幸せになってほしいです。

SABOさん…まさかまさかの千鳥のノブさんが相手役候補!?(笑)妹、気になります。お兄ちゃんのダンス…やっぱりそんなにうまくなかったですよねぇ…?ダンスについて語れる知識がないので違和感は覚えつつスルーしてました…(;´∀`)子役咲太郎の子の歌やダンス、上手でしたもんね。あ!そうだそうだ!まんぷくの鈴お母さんと孫ズのCM!!!見ました!!!松坂慶子さん、ドラマのような関西弁だったし、最後のキメゼリフ「あ~まんぷく♪」って(笑)これは嬉しいですよね~!ずっと見てたい!鈴さんがあんなにCM出たがったのは、この伏線だったんでしょうか!?(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加