朝ドラ「なつぞら」年表(随時更新中!)

朝ドラ「なつぞら」の年表。放送に食らい付きながら随時更新 頑張ります。

※ご自身のブログ等に この年表の全部・または一部を使用されたい場合は、コメントか拍手メッセージで転載希望の旨をご連絡願います。

無断転載(コピー&ペースト)はご遠慮願います。

なつぞら年表

昭和20年(1945年) なつ8歳、咲太郎11歳、千遥4歳

なつ、空襲の際 信哉に助けられる。母が死去。兄弟と信哉と4人で戦後を生き延びる。

昭和21年(1946年) なつ9歳、咲太郎12歳、千遥5歳

泰樹62歳

千遥は親戚の家へ預けられる。

柴田剛男がなつを引き取り、なつは北海道 十勝へ。

学校の映画会にて、初めて漫画映画を観る(11話)

天陽の家の畑を皆で開拓する(12話)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

昭和30年(1955年) なつ18歳、咲太郎21歳、千遥14歳

泰樹71歳、明美11歳

なつ、演劇部に入り舞台に立つ(第4週)

信哉がなつを訪ねて柴田家へ→なつ、富士子の提案で東京へ→兄・咲太郎と再会を果たすも、無実の罪で捕まった咲太郎は手紙でなつに別れを告げる(第5週)

なつ、東京にて 天陽の兄・陽平(奨学金で東京の大学に通っている)と偶然再会し、陽平のバイト先である新東京動画社(漫画映画の制作会社)を見学。「アニメーター」をいう職を知る。

天陽となつがディズニーの映画を観に行く。

なつが森で生き倒れたところを阿川親子に助けられる(7週)

アニメーターを目指して東京へ行くことを決意(7週)

昭和31年(1956年) なつ19歳、咲太郎22歳、千遥15歳

泰樹72歳、明美12歳

なつ達が高校卒業(7週)

なつと雪次郎は東京へ、夕見子は大学へ進学(8週)

なつ、咲太郎と再会する(8週)

※ご自身のブログ等に この年表の全部・または一部を使用されたい場合は、コメントか拍手メッセージで転載希望の旨をご連絡願います。

無断転載(コピー&ペースト)はご遠慮願います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加