スカーレット26話感想 「恋っちゅうのは、おもろいな」の巻

スカーレット26話の感想です。

ポンコツ圭介

喜美子が圭介さんを好きだと気づいた住民の皆が、喜美子を心配するのは良かったですね。みんな優しいなぁ…。良い職場に恵まれているので、安心して見ていられますね。

さて 喜美子が圭介さんのことを「ポンコツ」と言ったのは笑ってしまいました。私もここ数日圭介さんとポンコツだとか浮かれポンチだとか言ってきましたが、まさかドラマ内でもポンコツと言われるとは!(笑)表現が喜美子らしいな(笑)

「ひよっこ」の島谷さんとみね子の恋のようになってしまうのでは…と心配しているのですが、キャラは全然違いますね(;´∀`)

「ありがとう~!」と無邪気に喜美子を抱きしめたり頭をぽんぽんしたり………悪意がないのが最大の悪意って感じです。

圭介さん、大好きな喜美子のおはぎを「つくってくれるから食べてたというか…」とか言っちゃって…あき子さんに合わせてそんなん言っちゃって…良くないねぇ…嘘ついて、大好きなものを大好きと言えない恋は良くないねぇ…そんなこんなで、圭介さんのこの恋は成立しなさそうな予感がします。

恋に気づかされた喜美子

コーヒーがいいだとかおはぎが嫌いだとか言われた喜美子が、良い子ちゃんでいるのではなく、投げ飛ばしたろうかと心の中で思ってたというのが良かった。なんかスッキリしました。それでこそ、喜美子(笑)今回の朝ドラヒロインはたくましいですね。

ハンバーグを作れるようになろうとしたり…かわいいなぁ。さださんたちに「今のままの和食でええけどなぁ」というようなことを言われた喜美子は、自分でも「なんでハンバーグ作りたいんやろ、うち」って感じやったんですかね。

ちや子さんが喜美子に「それが恋」やと気づかせたのは、酷やなって思いました。気づいた方が良かったのか、いつか自分で気づくまで外野は放っておく方が良かったのか…ぐるぐる考えました。

けど、喜美子が自分の気持ちを整理して出した今日の結論は、「恋っておもろい」。

ああ…!この子はなんて強いんや!またまた驚かされ、感動させられました。オープニング曲に「日々、恋をして胸を焦がしたい」という歌詞がありますよね。なんかすごくいい歌詞だなぁと思って聞いていたんですが、今日の喜美子から受けた印象とこの歌詞がリンクしました。

実際 恋をし始めたら、つらいこともたくさんありますよね。喜美子だって、きっと涙することもたくさんあると思います。でも、喜美子はそれを全部経験しても「恋っておもろい」って言いそう。この子の人生がますます楽しみになりました。

そして最近めちゃくちゃおはぎ食べたいいそまるでした。

朝ドラ受け

受けで近江ちゃんが「恋がまだわからない」「恋の読解力がない」って言ってましたね。え?マジで?(笑)お付き合いはしたことあるけど自分発信の恋心はいまいちわからないって感じなんでしょうか??(;´∀`)

昨日の記事にも拍手&メッセージありがとうございました!(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加