スカーレット30話感想 「先生に礼!お互いに礼!」の巻

スカーレット30話の感想です

草間さんが小さく感じる件

喜美子が昨日思った「草間さんが小さく感じる」の件。私、昨日の感想ちょっと言葉足らずでした。

読者さんのRYOさんから「奥さんのことを聞き、草間さんの抱える悩みや弱さを感じとり、今度は自分がサポートしてあげる番だと思った、そんな感情が芽生えたからじゃないでしょうか」というメッセージをいただきました。そうです、そんなことが言いたかったんですけど、昨日の自分の感想を読み直したらその部分を完全にすっとばして書いていました(;´∀`)

昨日私が書いた「ああ、幼少期とまったく同じとはいかんのやな」という感想は、「強くてかっこよくて、喜美子の価値観に大きく影響を与えたあの草間さんが、奥さんのことで光を失ってしまっているから小さく見える」ということについて、「再会しても、あの頃と同じじゃないんやな…」という感想でした。

ただ私はRYOさんのように、喜美子が「自分がなんとかしてあげたい」と思ったから「草間さんが小さく見えた」とは思いもしませんでした!RYOさんのおっしゃる通り、それもあるかもしれませんね!

昔は、草間さんは喜美子にとってヒーローのようで、弱い部分も見えなかっただろうし、まして「自分がなんとかしてあげたい」なんて思うこともなかったと思います。(一番はじめの 心に栄養が足りない時期は別として)

今の喜美子は草間さんの弱さを見て「できることならなんとかしてあげたいのに…」ということが心に浮かび、そんな喜美子の心の成長が、草間さんを前のように絶対的なヒーローではなく身近な存在に見せたのかもしれません。RYOさん、感想を教えてくださってありがとうございます。昨日自分が感じた以上に 一歩踏み込んだ感覚を理解できた気がします。

草間さんの奥さんの店へ行く

やっぱり草間さんの奥さんの店に行く展開でしたね…。同じくRYOさんも「相手には家庭があるので…」と心配されていましたが、私も同じ気持ちでした。草間さんのためにもけじめはいるだろう、でも相手があることだからそれが正しいとも限らない……と不安でいっぱいでした。

喜美子に背中を押される草間さん

お店に行った後どうしたらいいのかなんて全く想像ができない喜美子。それでも、ちゃんと話すべきだと必死な喜美子の説得で、あの自信も光も失っていた草間さんの表情がフっと柔らかくなりました。あの時と同じでしたね。「はよ見つけな奥さんが怒るで!」的なことを言ったあの時と。喜美子にしか持てない喜美子パワーが、草間さんを勇気づける。喜美子も草間さんから大きなものをたくさんもらいましたが、草間さんも喜美子にいろんなものをもらっています。

自分の問題に自分なりのけじめをつけた草間さん

喜美子に言われたこととは言え、草間さんは自分でちゃんとけじめをつけました。

「喜美ちゃん、これは夫婦の問題だから。だから喜美ちゃんは黙ってて。何があっても、何が起きても」

この言葉通り、喜美子は一切 口出ししませんでした。「草間さんは、戦後からずっと探してたんです」とか奥さんに言うこともありませんでした。朝ドラの主人公がこういうことに介入していって丸く収まるパターンのドラマもありますが、今回は違いましたね。スカーレットらしい、と思いました。

草間さんが店に入った瞬間の奥さんの顔、皆さんはどう思われましたか?私は、草間さんが生きていることも、自分を探していたことも知っていた顔だと思いました。いつかこんな日が来ることを予想していたんでしょう。

草間さんは結局、何も言いませんでした。でも、2人で語った夢の「焼き飯」は数口しか食べることができなかった。自分は作れない焼き飯を、今の旦那さんが作っている。昨日草間さんが「焼き飯作れないよ」と笑っていたことも 今日のシーンに効いていました。

草間さんがとった行動が正しい形なのか、私にはよく分かりません。草間さんが言った通り、夫婦の問題だから、同じことが起こっても夫婦ごとにやり方は違うんだろうと思います。簡単なことではない。

ただ淡々と、静かな店内を見守る。そんな描き方がスカーレットらしいと感じました。そして、戦争が残した物というのは、それぞれに違って、それぞれに過酷だ、と思いました。

拍手メッセージでも読者さんのWさんが「戦争がもたらした被害は、想像を遥かに超えるもの」だとおっしゃっていました。まったく同感です。戦争が残したものを見つめた時間にも思えました。

あめちゃん

あめちゃん…普段はお子様連れに渡すものを喜美子にくれた奥さん。大阪のおばちゃんは「あめちゃん 食べる?」ってよく言いますよね。嫌いだなと思う相手には絶対言わないと思います。

奥さんから見たら喜美子と草間さんの関係性は分からないだろうけど、草間さんのそばに、こういうことに同行してくれる人がいることを少し嬉しく思ったのかな……。そしてもうひとつのあめちゃんは、草間さんに。草間さんが生きていようとも、再会しようとも、奥さんから草間さんには もう何もあげられない。最後にひとつ、あめちゃんを。

このあめちゃんに奥さんから草間さんへの、どうしようもできない心がこもっていますよね…。言葉にしない中で奥さんの気持ちを視聴者に読み取らせることができる ささやかで切ない演出でした。

離婚届け

そうか…離婚届けを出してないから、法律上は夫婦のままだったんですね…。(え、でも夫婦なら住民票とかから消息がもっと早くわからなかったのかな。戦後の混乱でめちゃくちゃになってたのかな)

草間さん、いつも離婚届けを持ち歩ていたってことですよね…。本当は草間さん自身が一番 誰かに背中を押してもらって けじめをつけたかったんでしょう。

離婚届けを置いて席を立ってから「つわり」の事実を知ったので、はじめから自分の入る余地はないと分かっていた草間さんでしたが、「つわり」の言葉を聞いた時のあの表情…。やっぱり、もう終わりと分かっていても、聞いてしまったらショックを受けますよね。奥さんがなんとなく「肝が据わっている」感じがしたのは、母になる強さだったのかな…。でも、今の旦那さんと一緒になって結構年月は流れているんだと思うので、今まで子どもがいなかったのは、草間さんへの後ろめたさや、入籍していない問題などが奥さんにもあったのかもしれません。草間さんが今この時期に喜美子と出会って、奥さんに離婚届を渡せたことが、悲しいけど、静かに運命的に思えます。そしてその離婚届のことを、喜美子は知らないままというのも良かった。夫婦の問題、なんでも口を出して把握する必要はありませんもんね…。

草間さんと喜美子

奥さんからもらった最後のあめちゃんを渡し合うふたり。最後にはそれを食べる草間さん。ああ、喜美子が一緒で良かった。喜美子と出会えて、喜美子が背中を押して、草間さんがけじめをつけられて良かった。そう思いました。草間さんにも、たくさんの幸せがありますように。

(ちなみに、離婚届から草間さんの年齢は36歳と分かりました。喜美子とは18歳差なんですね。喜美子と草間さんが恋愛どうこうになるのはやっぱりないのかな。)

別れ

草間さん、東京やったのか~…これからちょくちょく会えるのかと期待していましたが…会えない分、草間さんの価値が落ちませんね(笑)住所も交換したので、ひと安心。

別れ際のやりとりは、大泣きしました。

喜美子「先生に礼!」

喜美子・草間「お互いに礼!ありがとうございました!!」

2人の幸せそうな顔!!こんな姿が見れて幸せです!草間さんも、悲しさはあるだろうけど、心から笑っていましたね。素敵や……素敵な2人です。しんみりした別れじゃなく、希望を感じます。喜美子、草間さんにパワーと光をあげてくれてありがとう。あんたはすごいよ!

またいつか 2人が再会する日を心待ちにしています。

お母ちゃんと予告と今週全体の感想

そして、うちの夫が恐れていた「朝ドラは、幸せの後に悲しい出来事が」な電話が入りました。でも大丈夫!第1話の冒頭、大人になった喜美子の横にお母ちゃんの姿がありましたから!!きっと大丈夫なはず!!!どーんと構えて、来週を待ちます。

来週はひさしぶりの信楽週となりそうですね。なにやら……人が変わったような信作を見たような気がしますが……気になるところです。

今週はなんか…すごい週でしたね。喜美子が恋を知って失恋して学校を決めて草間さんと出会って草間さんが奥さんとけじめをつけて…。いろんなことがありました。

序盤は恋についてでした。照子とキスをした経験を思わせぶりに圭介さんに伝えてしまったばかりに、「恋の先輩」のように相談を受けたり気持ちを話されたりしてしまった喜美子は切なかったです。聞きたくない圭介さんの、あき子さんへの深い思いを聞かされてしまいました。圭介さんが喜美子を妹あつかいしてるままだったら、きっとそこまで話さなかったと思います。

そして後半は、喜美子をまだ子ども扱いしている草間さんの、夫婦のことが描かれました。喜美子にはまだ愛は分かりませんね…。

それでも、今週の喜美子は大きく大人に近づいたように思います。一週間の物語をどこで区切るかというのは朝ドラにおいて「定番」だったり、「あえて定番を崩していたり」するわけですが、スカーレットはまた独特に区切りをつけている気がします。今後も楽しみです。

昨日の記事にも、拍手&メッセージをありがとうございました。おひとりずつお返事ができなくてごめんなさい。すべて嬉しく拝読しております。また来週もよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加