ゲゲゲの女房 92~93話感想

ゲゲゲの女房 92話、93話(11/1放送)の感想です。

「テレビくん」

テレビより面白い物を描くことだけが、豊川さんからの注文。テレビを知ってテレビに勝つ方法を考える茂さんは、相変わらず研究熱心でしたね。

茂さんのアイディアと、編集者のちょっとした一言が合わさって、テレビくんが作られていく様子が興味深かったですね。「かわいらしさが足りない」という結論を茂さんは導き出しました。豊川さんも「可愛い方が、物語の奇妙な味わいが引き立つ」と。かわいいからこそ奇妙さが引き立つかぁ…なるほどなぁ…。朝ドラでも、言葉が少ないほうが切なさや寂しさが伝わるなと思うことが多いですが、そんな感じかしら。

テレビに自由に入れる不思議な少年。私はこの作品を全然知らなかったんですが、実在する作品のようですね。テレビよりおもしろい作品を作るために、いっそテレビに入り込んでしまう。おもしろいアイディアやな~!

茂さんを支える布美枝

やりくりの中で栄養のつくメニューを考えたり、茂さんのために資料をそろえようと走り回ったり、茂さんから頼まれたわけじゃないのに自分にできることを探して茂さんの力になろうとする布美枝に感動しました。

「まんぷく」の時に、読者さんから「福子が萬平さんを支えるいう描写が物足りない」という感想を聞かせていただいたことがありました。その読者さんはゲゲゲはそういう部分がとてもよく描かれていたとおっしゃっていました。なんとなく最近 その方のご意見を思い出すことが多いです。確かに、夫を支える妻の努力という点では、ゲゲゲの方が見応えがあるし、妻の頑張りを感じることも多いです。

茂さんの役に立てて良かったね、布美枝。

そして、できあがった「かわいいテレビくん」を一番に見せてくれた茂さんにも感動しました。毎日毎日「お前がおってくれるから描けるんだ」とか言わないけど、一番に見せに来るこういう姿に、茂さんの想いが溢れています。ささやかだけど、とても良かったです。

鬼太郎の復活

掲載前なのに、もう週刊少年ランド(本家の扱い)への掲載が決まりました…!!

やっぱり豊川さんが茂さんにベタ惚れだから…(笑)

茂「墓場鬼太郎をやらせてください」

豊川「やっぱりそう来ましたか!実は私も鬼太郎をお願いしたいと思っていました!」

ひいいい!!!!うれしいいいい!!!!!!なんかもう…わくわくしすぎて ぞくぞくします!!!!!!長かった…!!!ほんっとに長かった!!!!!!!!

そして、ようやく私の感想文も放送に追いついた…長かった…!!!(笑)(でもまた遅れ出すんだろうな…エヘヘ…(;・∀・))これで、火曜日を皆さんと同じ気持ちで迎えることができます!!火曜日もめちゃくちゃ楽しみですね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加