ゲゲゲの女房 94話95話感想

ゲゲゲの女房94話95話(11/5放送)の感想です。

久しぶりにリアルタイムで観れました!!あんまり時間がないので、サクっと手短に感想です!

原稿料が今までと全然違って、「やっぱり返さないと」と焦っていた布美枝がかわいかったです。そんなに違うんですね…。貧乏脱却が見えてきて、安心して見れるようになってきました。初めての原稿料を、茂さんの仕事のために電話を引くことに投資した布美枝。まだまだ裕福じゃないのに、仕事のことをしっかり考えていて えらいですね。そして、電話の前で電話番する姿のかわいいこと(笑)

鬼太郎のおためし月イチ連載が始まっても、人気は最下位…。ええ~!?って感じでしたが、豊川さんが茂さんを、鬼太郎の力を信じてくれて感動しました。茂さん自身も、「俺が鬼太郎を信じなくてどうする」と。ほんと、その通りだ…!!

茂さんの成功を心から喜ぶ深沢さんにも感動しました。「自分の会社の原稿は後回しでいい」と言って茂さんを応援してくれる戌井さんも。茂さんの力を信じる人に支えられ、次第に読者からの良い反応も増え、風向きがどんどん変わっていく様がワクワクでした。

そして鬼太郎の週刊連載が開始。豊川さん、よく決意した!!!!ありがとう!!!!砂かけババアやこなきじじいやらも出て…あああ…めちゃくちゃ感動しました。

砂かけババアはイカルお母さん、こなきじじいはイトツお父さん、一反木綿は布美枝、ねずみ男はイタチ…ですかね?ぬり壁は?立ちはだかる壁=貧乏とか世の中?ですか?

猫娘はまだかな。ちなみに私は、夢子さん…でしたっけ?人間の女の子が出てくる鬼太郎の世代です。また見たいなぁ…。

そして時は進んで、なんとなんと、質入れしてた物を全部引出し!!!あの!貧乏だった!村井家が!!もう!貧乏じゃ!ない!!!!!!あれからはトントン拍子だったんですね。ここまでの経緯も見たかったよ~!(´・ω・`)でもめちゃくちゃ嬉しいです。着物もちゃんと返ってきましたね。良かった…!

テレビくんが賞を受賞ということで、まさに順風満帆ですね。深沢さんとこの秘書さん…(また名前忘れちゃった…)の動向がちょっと気になります。優秀だけど、深沢さんの「自分の利益より人のことや漫画界のことを想う気持ち」は理解できないみたいで…なにかやらかすのではないか不安です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加