スカーレット63話、64話感想 お父ちゃんの想い

スカーレット感想です。

またか…と思われてそうですが、昨日は更新できませんでした。来てくださった方、ごめんなさい。

今日もちょっとブログ用の時間がとりづらいので、各感想を手短に挙げておきたいと思います。

●喜美子と八郎さんの貯金も、やっぱりなにか…「悪いことが起こる」予兆に思えます。思い描いていることに使えない予兆といいますか……

●照子、出産おめでとう!(読者さんから「照子は公私混同せず、幼馴染の顔と社長夫人の顔をしっかりと使い分けている」という照子を評価する感想がありましたが、私も同意です。結婚して婿をとって丸熊を継いで母になって…という中で照子もすごく大人になってますよね)

●百合子の「気色悪」が傑作でした!熱情が燃えたぎる…(笑)お父ちゃん、得意げに言うたのに…(笑)娘にとっては親のそういうのが気持ち悪く思う時期ですよね(笑)絵を描こうとして百合子の表情がうつってるところでいったん停止ボタンを押してじっくりみたんですけど、ほっとにものすごく嫌な顔してましたよ(笑)聡明で唯一お父ちゃんとやり合える姉も、はっきり物を言う次女ですらも、あそこまでお父ちゃんを傷つけたことはないでしょう…すごいな、百合子(笑)

●お父ちゃんとお母ちゃんはやっぱり駆け落ちでしたね。娘の結婚の時に初めて親のなれそめが分かるっていうのがなんかリアルやなと思いました。

●お父ちゃん…、「自分は、2人で思い描いた夢をかなえられなかった」という後悔が…根深いものがあるんですね…。夢って、かなえられた人にとっては美談やけど、かなえられなかったものにとっては自分の心を乱したり痛いところをついてくるものになりますよね…。でも…お母ちゃんは幸せやと思うんですけど…酒ばっかり飲んで手かかるお父ちゃんやけど、お母ちゃんは幸せに見えます。お父ちゃんは「幸せにしてやれへんかった」と思ってるみたいやけど、それは違うと思う…。でもお父ちゃんにとっては「夢はかなわへんもの」なのかな…。

お父ちゃんの「幸せにしてやれると思ってた」という言葉がすごく印象的でした。若い時、家も建てよう あれもしようこれもしようと…夢を描いたんですよね…そういう感覚は私も年をとったのでよく分かります。

読者さんのKAZUさんが「お父ちゃんは、実は若い頃、大きな夢があったんかな?と気になってきました 」という感想を教えてくださいましたが、「お母ちゃんを幸せにする」という夢でしたね。「夢=仕事ではない」と私はいつも思っていて、お父ちゃんがまさにそうやったのはちょっと驚きました。(でも絶対かなえられてると私は思うんですけど…お母ちゃん、お金はないけど幸せそうやで…)

●八郎さんに、陶芸家の夢はあきらめてくれと頼んだわけですが…陶芸家になる=丸熊をやめることになるんでしょうかね?照子夫妻は、ハッチー&ミッコーとして売り出せるかも…とか、八郎さんには才能があるとか言うてましたよね。陶芸家になろうとしてることが、実現不可能な夢でもない感じやし……。ここらへんは明日 議論されるのかなぁ…。

ただ、「陶芸家」を名乗る時点で、たとえ丸熊に属していけたとしても今のポジションとはやっぱり変わってしまうのかな。というか、やっぱり丸熊の社員ではいられないのかな。そもそも八郎さん自身が、自分の作品を作りたいわけですもんね。社員でいるということは、会社としてGOサインがでるものしか作れませんよね…。

フカ先生が丸熊に「古い」という結論を出されてしまったように、厳しい世界に入るってことになるのか…。

明日どうなるのかわかりませんが…今日の時点では思いがけない選択をせまられたわけで…つらい展開ですよね。八郎さんは3つの夢という信念をもっているし…それをあきらめろと言われるのは………。「何百回でも頭さげにいく」と言っていた八郎さんやけど、こういう選択を迫られるとは思ってなかったですよね…。

私は2人は結婚まではいくと思ってるんです。その後が怖い予想をしている派なので。まずは明日、今週どうなるのか……どきどきです。

●ちゃぶ台返しを喜美子が止めた時に、八郎さんも必死に止めに入ったのには感動しました。喜美子が「ちゃぶ台返しもうちが止めて」と話した時、「これからは僕もおる、一緒に止める」みたいなことを八郎さんが言ってましたもんね。ちゃんとそれを覚えてて、実行したところがとても良かった。日々の中で喜美子が背負ってるものを減らしてあげようとする八郎さんの、口だけじゃない姿に感動しました。

ちゃぶ台返し…初めて喜美子が押さえにかかった時はコミカルなシーンで大笑いさせてもらいましたが、ちゃんとドラマ内で「効いて」ますよね。

前回の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました。やっぱり、喜美子と八郎さんの今後を暗じておられる方がちらほらおられます…。「朝ドラ慣れ」って嫌ですねぇ(;´∀`)

SABOさん…そうそう、直子が着てた制服、ひよっこの向島電機の制服と同じみたいですね(笑)あさイチのユッキーさんは、私は3シェフをほぼ見たことがなかったので全然存じてないんです…見てた方にとっては本当に悲しいですよね。若くて元気にしてた方が亡くなってしまうというだけでもつらいのに…

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加