スカーレット80話感想 10歩下がりながらも学んできた喜美子

スカーレット80話の感想です。

信作

今日は信作がぶっこんでいきましたね。信作はほんとに喜美子と八郎のことが好きなんですね。好きだから許せないし納得できない。いい友達ですね…。けど、この信作のぶっこみがどう出るのか……喜美子と八郎さんが気づきながらもフタをして、絶妙なバランスをとって生きている中で、信作の言葉が波紋のように広がっていきそうな気もします。

「奥さん奥さんて…「喜美子」はどこ行ったんや」

昨日ちょうど「この夫婦は互いを名前で呼び合いますね~」みたいな話をしていましたが、似たような話題が出てきました。確かに八郎さんと喜美子が名前で呼び合っていても、他の人から見たら「川原八郎とその奥さん」なんですよね。ね~…ほんとに……こういう話題は…難しい話題ですね。現実世界にもあるし。

でも「世間的には当たり前」なことを「おかしい。喜美子はそんなヤツとちゃう」と思う信作がすごいなと。この物語の中に、信作という登場人物がいる価値や理由が少しわかった気がしました。

金賞受賞の時の違和感

そういえば、八郎さんが金賞をとった時のお祝いパーティーみたいな時、喜美子がお茶出しに駆け回ってた時もちょっとした違和感を感じました。

夫婦にはいろんな形がありますから、妻がああいう動きをしていても何も違和感を感じないケースもありますが、喜美子の場合はちょっと…。そうは言っても、喜美子はもともと家の仕事はプロレベルでこなせるし、もともと働き者な子なので、人が集まるなら失礼がないように自分がおもてなしする…という流れは何もおかしくないわけなんで…。

あと、賞をとったのは八郎さんなのに、当たり前のように喜美子も「おめでとう」と言われていたのも…。そりゃ夫が賞をとったのは妻にとっても嬉しいだろうし、まして喜美子は間違いなく応援してきたんだから2人の夢とも言えるわけだし、「おめでとう」がおかしいわけじゃない。そんな、一瞬わいてすぐ消えていく違和感。

信作はそういうちょっとした違和感が積み重なって今日に至ったのかな~と思います。ずっと夫婦仲良くいてほしいからこそ、2人に忠告したんでしょうね。ほんまええヤツ…。

喜美子と八郎さん

どんな立場にいてもしっかり学んでいる喜美子は、私たちが知っている喜美子らしくてかっこよかったです。とても嬉しかった。

でもあの八郎さんの表情…。めちゃくちゃ驚いていましたね。今までそんな姿を八郎さんに一度も見せずにいたんですね。あの八郎さんの驚きっぷりは…多くの方が予想されていた「喜美子の才能に嫉妬する」展開もあり得るようにも見えました。

読者さんのRYOさんが「喜美子は陶芸への情熱を自分でも無意識のうちに押し隠しており、それが2人の関係を微妙なバランスで成り立たせているのですね、きっと。」とおっしゃっていましたが、そうかもしれません。今日 喜美子がずっと内に隠していたものが初めて外に出てきて、ようやく八郎さんはそれを感じ始めたんでしょうか。

今まで「喜美子も作品作ってみぃ」「出品してみぃ」と『理解ある夫』をやってこられたのは、自分が何歩も前を歩いているからこそだった……というのもあり得そう…。(なんかめちゃくちゃリアル……)喜美子が自分の前を歩き出したり、もう今にも追い抜かされそうと気づいた時には………もしかしたら、今までの八郎さんからは想像できないくらい嫉妬に狂うような姿を見ることになるのか…!?

…ありそうで…心配になってきました。

百合子

ところで信作と百合子はまた付き合ってるわけではなかったですね。「百合子にそんな気ないわ」ということは、信作にはそんな気があるんでしょうね。百合子にもそんな気はあると思うんやけどな…そろそろですな、きっと…ふふふ。

昨日の記事にも拍手&メッセージをありがとうございました。

SABOさん…三日坊主を目標!逆転の発想で笑いました!そんなこと考えたこともなかった~!天邪鬼なとこもあるので、そうなると逆に続けちゃうかもしれません(笑)

HANAさん…時間経過は、「もっと細かく見せてほしい!」と思う反面、細かく展開していくと、どこかでいっきに10年くらい経過させないと物語が終着しないのかもしれないので、それならこの3年刻みくらいは絶妙なのかなと思っています。視聴者の不安もどんどん大きくなっていってますよね(;´Д`)

RYOさん…そうなんです、「こんにちは」くらいに感覚で使っている言葉がもしかしたら人の傷をつついてしまう時があるな~と思うようになりました。相手に合わせる・自分からは言わない…くらいを自分ルールにしようかなと思います♪

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。ではでは☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加