スカーレット113話感想 音楽が聞こえる

スカーエット113話感想です

今日はちょっと…そんなに気分がのってないので、サクっと&お返事のみ とさせていただきます。

小池アンリ

作品の声が聞こえるのだという小池アンリさん。やっぱり「有名陶芸家の作品を所有したいから」というだけの理由ではありませんでしたね。他人には理解しがたい感性ですが、彼女だけに感じられる「作品の価値」があるみたい。この出会いが、喜美子にどうかかわっていくんでしょうね。

でも…なんでしたっけ、ゴシップ女優?スキャンダル女優?でしたっけ?いろいろ問題を起こしがち(誤解されがち)なお人柄なのかな?

照子の息子と武志

武志が照子のグレ息子に声をかけたシーン、よかったですね。「思い出してくれてありがとう」でしたっけ。いいこと言うなぁ、武志。「ありがとう」っていい言葉ですよね。

グレ息子(名前おぼえろよ…私…^^;)が18歳くらいなのかな?武志は22歳かな。4歳ほど離れてるから、いくら母親同士が親しくても そんなに交流がなかったんですかね。グレ息子にもいろんな背景があるんですねぇ…敏春さん、いらんこと言っちゃいましたね(;´∀`)

窯業研究所

そうだ、昨日 窯業研究所がよく分からないと書いたところ、読者さんから「武志は信楽窯業研究所の研究科に1年通う予定だそうですよ」や、「 武志は窯業研究所に就職。掛井先生の助手として働くということだと思います。だから給料も貰うと思いますよ」というようなご意見をいただきました。…どっちだ……(笑)

武志が一人暮らしすると言った時、喜美子は「お金はどうすんのよ」みたいなことを言ってて、武志も「バイトする」と答えていたので、窯業研究所からはお金は出てない感じがするんですよね。出てるなら「足らん分は夜バイトする」と答えそうなので。

かと言って、研究科に通うのだとしたら、学費は…?という疑問が……。タダで…?タダだとしたら、照子のグレ息子も他の人たちも好きに通ってるの…?タダで…?窯業研究所とは一体…という謎が消えません…わからん…全然わからん………。

拍手お礼など

短いですが今日の感想はこのくらいで…。あ、あさイチの「小池アンリごっこ」おもしろかったですね(笑)ほんとにあの2人は仲がいいですね(笑)近江ちゃんは打ち合わせとかで見てなかったんですかね。近江ちゃんの体にはさわらないところが華大さんらしい。

以下 拍手お返事です

YUKIさん…大量生産品は「陶芸家」のネームバリュー関係なしの一般的な値段なんですかねぇ?そこらへんや、武志の研究所通いなど、ここに来てちょっと謎が増えてきましたね(;´∀`)

SABOさん…そうそう掛井先生は、喜美子の作品をいつか買いたいと言ってましたよね。そういうファンの意見が重要になるんでしょうか。照子、幸せそうですよね。白蛇の惣兵衛さん一家が「土には不思議な力がある」と言ってましたが、畑をやり出した照子を見ててもちょっと感じます(笑)

wさん…八郎さんが戻った場所に喜美子も戻るのだとしたら、それも興味深い展開になりそうですよね。

RYOさん…武志の状況は本当に謎です…。すぐ近くにいるのにあえて家を出る武志はすごいですよね。

短くてごめんなさい。今日は以上です。いつもメッセージ&拍手 ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加