スカーレット123話感想 【追記あり】夫婦喧嘩は犬も食わない、な熊谷夫妻

スカーレット123話の感想です。

やっぱり照子の初恋は信作だったんですよねぇ。子ども時代に描かれたものの、案外 尾を引くことなくサクっとスパっと終わったので「気のせいだったっけ?」とたまに思っていたくらいでしたが、やっぱりそうですよねぇ。王道の朝ドラなら幼馴染からカップルできそうなのに、スカーレットは全然そうなりませんでしたね。

回想で若き日の「おぶどうとおすいか」の照子が映ったときの可愛さにキュンキュンしました。最近 見事にオバチャン感たっぷりの照子しか見てなかったので。大島優子ちゃんかわいいなぁ…(*^^*)大島優子ちゃんはほんとに当たり役になりましたよね。

照子と敏春さんの喧嘩も、もうちょっと引っ張るのかな~?と思いきや、まさに「犬も食わない」夫婦喧嘩(笑)あっさり仲直りでラブラブでしたね。

ラストには百合子の男友達らしき人が登場。明日は、余裕こいてた信作がモヤモヤさせられる展開になりそうですね。

ところで、その男友達…「ごちそうさん」の諸岡くんや~ん!諸岡くんは私にとって なんとなく印象的なキャラだったもんで、多分ずっと「諸岡くん」と呼ぶ。

昨日の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました。今日はお返事ができなくて…ごめんなさい。全部楽しく読ませていただきました、ありがとうございます☆

以下 追記です

そうだ、照子と敏春さんって、結婚当初「結婚してから○日経った」ってことをお互い数えてたっていうエピソードがありましたね。さすがにもう日数までは数えてないでしょうけど、25年経ってもちゃんと年月をカウントしていることが今日の会話から分かりましたね~(*^^*)

そして、ちゃんと本編のエピソードをうまくなぞっていますね~スピンオフ編!…ということに気づいたので追記しました☆ではでは☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加