スカーレット128話感想 体験教室

スカーレット128話感想

冒頭の「アシスタントやってあげてもええよ~?」という照子の言葉は、小さい頃の照子の口癖が出てましたよね?懐かしい(*^^*)

体験教室

誰も来なくなった…というちょっと残念な展開になったかと思いましたが、若い子が来てくれた時は嬉しかった!あの子は、「わろてんか」の安来乙女組(……でしたっけ?)にも出演していた女優さんでした!あの子は、「川原喜美子」という人を知って来てくれたんですね。もう一組の親子は純粋に「陶芸」をやってみたくて…という感じぽかった。初めての体験教室は、非常に良い加減の教室になりましたね~。

「これうまいことできたら、水曜日、この湯呑でおいしいお茶飲んでから会社いき」

何気ない言葉でしたが、この喜美子の言葉、すごく好き。気分が乗らない時に、自分の機嫌を自分でとってあげること、その内容を知っておくって案外大事ですよね。ずっと前に雑誌か何かで「気分が乗らない月曜日は、あえてオシャレな服を用意しておく」と読んで「なるほど~」と思ったものです。あと、明日の朝は絶対しんどい・気分が重いと思ってる時は、好きな朝ごはんやスイーツを用意して楽しみを作っておく、とか。

信作

信作から部下に向けての言葉、すごく良かった!普段は草間流柔道についてそんなに語ってこなかった信作でしたが、ちゃんと信作の中にも草間流柔道の「相手を敬う」の信念がちゃんと根付いていました。すごく感動でした。信作の、短いけど誠意のこもった熱弁で、草間流柔道の信念は 今度は部下にも引き継がれたと思います。こういう表現はとても気持ちいいですね。

人に導かれる

人に導かれた結果 今がある…ということを思い出した喜美子。そういえば喜美子は、三津や男性弟子2人という存在はあったものの、弟子を育て上げた経験や 長期間指導した経験もありませんもんね。ふいに「素人さんに教える」という機会が出てきて、いろいろ自分の中で「教える」ことについてよくよく考えたんですね。

喜美子が陶芸をやり始めた時、確かに「陶芸に」というより「八郎さんに」惹かれているような気がするなということは感じていました。そういえば、絵付けをやりたいと強く覚悟したのはフカ先生との出会いでしたもんね。人との出会いによって導かれることって、確かにありますね。

喜美子の人生には、草間さん、大久保さん、フカ先生、八郎さん、いろんな師匠がいました。喜美子はまだ誰の師匠にもなっていません。今後は喜美子が導く番になりそうですね。

武志

武志の友達・大輔と石井さんのことがよく分からんかった昨日でしたが、今日 明かされましたね。大輔と石井さんは特になにもなく終わってる。そして、おそらく 九分九厘 石井さんは武志が好き。石井さんが武志を好きになるきっかけなどは割愛されてましたが…武志 スラーっとしてて優しくてかっこいいですもんね。そりゃ好きになるわ!(笑)

武志が女心に鈍感なのは、喜美子ゆずりですかね(笑)少女漫画で勉強したのに(笑)

敏春さん

敏春さん、大丈夫ですかね…。熊谷夫妻が健康診断受けてるのも、照子が「たいしたことないやろう」と楽観視できないのも、お父さんが急死した経験からきてるものでしょうね…。大丈夫でありますように。

朝ドラ受け

今日の朝ドラ受けは「じら垣吾郎」というフレーズがでました(笑)でも、まだ出てないキャラのことを普通に朝ドラ受けで言ってるのって、結構ネタバレですよね(^▽^;)まあ、予告に映ってはいましたが。明日出てくるのかな~。

拍手お礼など

昨日の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました。

以下 簡単にですが拍手お返事です。

YUKIさん…私はあんまりめぐみちゃんについての記憶が残ってなくて…(;´∀`)大輔のこともめぐみちゃんのこともしっかり覚えておられてすごいです!

SABOさん…気になるところです…。体験を通してその人の人生の趣味や将来の職業になることも実際ありますから、分からない人が来る ということもバカにできませんよね。

KAZUさん…ドラマの一言感想みたいなもの、確かにいいな!と思いましたので、追加させていただきました!ご意見ありがとうございます!

wさん…ネットを極力見ないようにしています。ツイッターも、登録してるのにあんまり見ないので意味ない(^▽^;)でも、ネタバレを知った上で楽しむというのも実際ありですよねぇ。ブログをやってて、その日その日の一喜一憂する感想を楽しんでくれている読者さんが多い印象なので、読者さんのためにもネタバレなしで見たいという意識が強いかもしれません。ブログやってなかったら結構ネタバレ見てるかもです(笑)

RYOさん…そうだ!クランクアップニュース出てましたね!石井さんは、結局 大輔と付き合ってるというわけでもなかったようですね。すっきりしました。陶芸に目覚めるきっかけについては、「陶芸やってる八郎さんに惹かれた」という今日の喜美子の言葉がすべてかもしれませんね。恋と陶芸への想いがこの時期はごっちゃになっていたので、陶芸への想いの部分が足りなく感じていられるRYOさんの感想も頷けます。

TOSSさん…ネタバレ見ない派の方に役立てていただけて嬉しいです(^O^)字ちっちゃくてもワードとかフっと目に入ってくることもありますからね、寄り目とか薄目とかの自己防衛も大事ですよね(笑)吉永小百合さんのたとえ分かります。信作の「川原喜美子先生の名前出したら大丈夫と思ってた」というのも、まさに「吉永小百合さんと言われてもすごさが分からないし…」という悲しいけど起こってしまう世代間ギャップを表してましたね。ちょっと悲しいです。

拍手について

読者さんからの提案を受け、拍手機能の「固定メッセージ」のバリエーションを増やしてみました。皆さん、アイディアをありがとうございました!

(多分 私がドラマのことや個人的なことで落ち込む時もあるからだと思うのですが、「元気出して!という選択肢もあれば」というお声を頂戴しましたので、そんな感じの選択肢も作りました。お気遣いありがとうございます…!嬉泣)

ドラマの感想を一言で表せるような固定メッセージも作ってみましたので、もしよかったら 皆さんの「今日のひとこと感想」もこっそり教えてくださいませ☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加