スカーレット135話感想 武志に病名を告知

スカーレット135話の感想です。

武志

両親のことを「離れて生きていく時間が必要だった」と言う武志は、すっかり大人でしたね。自分も関係していて嫌な思いや寂しい思いもしてきたはずなのに、両親の考えや関係を受け入れて尊重していて…ドラマといえども、「なんちゅうええ子なんや…」とジーンしました。

病名の告知

喜美子は武志に病名を告知しましたね……。

自分で検討はつけていたと言っても…受け入れ難い病気です。検討をつけていたからこそ、「余命」という言葉に直結する。それを必死に受け入れようとする武志に 涙が止まりませんでした。なんでこんなええ子が、なんで。喜美子が土曜日に訴えたことと同じことを思ってしまいました。

「絶対に死なせへん」

喜美子は「絶対に死なせへん」という決意を固めていました。涙が止まりませんでした…。きっと母として、できるものならば迷わず自分が病気を引き受けるんだろうな……。まさかこんな展開になるとは……。

喜美子と武志は、病気と闘うことを決意しましたね…。大崎先生という良いお医者さんもいます。(実際には絶対こんないいお医者さんはいない…)どうかどうか、武志が生きられますように。

八郎さん

武志は病気と闘いつつ、フカ先生のハガキの色を出すという挑戦も始めました。八郎さんがあきらめた挑戦です。武志 がんばれ。

八郎さんには、まだ病気のことは言わないんですね…。いつまでも隠し通せないだろうし、八郎さんはきっと教えてほしい(力になりたい)と思います。でも今はまだ、何も知らずにいつも通りに武志を見守ってくれる存在というのも必要なのかもしれませんね。

拍手お礼など

昨日の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました。

すべてにお返事ができず、ランダムお返事とさせていただきますことをお許しください。

YUKIさん…女性はホルモンのバランスで体が乱れますもんね( ;∀;)私は体力なさすぎでて始めは20秒くらいしかできなかったんです!それでもめげずに「できるだけ」を続けてきましたら、今は1分以上できるようになりました~^^ 無理して何かあってはいけないので、ご自分の体と相談しながら負担のない範囲でぜひ^^ 経過報告楽しみです!

RYOさん…私も不器用なので、不器用な人を見ると微笑ましくなるの分かります。(「あ…私だけじゃない…」という安心感もチョット…笑)

wさん…いえいえ、大丈夫ですよ。それ通りになるとは限りませんし^^

メッセージはすべて楽しく読ませていただきました。いつもありがとうございます。

予想外の大きな展開となったので、まだまだ物語が続くような感覚がしていましたが、よく考えたらもうあと15話…なんですよね。ここから怒涛の展開になりそうですね…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加