スカーレット141話感想 病気やから会わないは許可しません

スカーレット141話の感想です。

今日は武志と真奈さんが中心でしたね。

真奈さんはおばあちゃんが亡くなったからこそ「会える時に会いたい人に会っておこう」と思って、武志に会いに来ました。それでも武志の迷惑にならないように、集中しているところを邪魔しないようにする…そういう自分の想いだけにわがままにならないところに好感がもてます。

おばあちゃんが亡くなってしまい「死」というものに直近で直面した上で、もしかしたら別れないといけない病気を抱えている武志に近づこうとするその強い意志も良かったです。その強さの一方で、毎回 カバンやコートを忘れて1回戻ってくるところも なんだかかわいいです。武志に接しているその瞬間 とても一生懸命なんでしょうね。

現実的に考えると本当に切ないです。この先にはお別れがあるかもしれない、苦しむ姿を見ないといけない、そんな恋です。それを分かっているからこそ武志が距離をとろうとしてしまう分、強い意志をもって頑張って一歩踏み込んでくる真奈さんは 武志の生きる力になってくれそうですね。

武志は傘に雨がたまる様子を見て 何かを表現を思い付いたようでしたね。体調も気がかりですが…いい作品をつくってほしいです。武志にしかつくれないもの。今の武志だからつくれるもの。いい恋もしてほしいです。たくさんの愛を力にしてほしいです。

名前忘れたんですが…喜美子の後援会の会長の男性…あのゴシップニュース好きな…(笑)。あの人と武志のやりとりもちょっと考えさせられました。病気と聞くと気遣って「休んで」「無理しないで」とばかり言ってしまいがちですが、それが本人にとっていいこととは限らないですよね。あんな風にきちんと話して、何を望んでいるか知ったり伝えたりすることって大事ですね。

今日も短くてごめんなさい。静観している…という状態で、「これ言いたい!」という感想があまりないような状態です…(-_-;)

拍手お礼など

昨日の記事にも拍手&メッセージをありがとうございました。

ブログシステムの都合上、拍手メッセージよりコメント欄の方がお返事を書く作業がやりやすいため、基本的にコメント欄優先でお返事をさせていただきます。拍手からのメッセージはランダムなお返事となりますのでお許しくださいm(__)m

(コメント欄とメッセージの違いに戸惑う方もいらっしゃるので、しばらくこういう一文を掲載します。コメント欄に書いてという強制ではないので、常連様はいつも通りご自身のお好きな方でお願いします)

RYOさん…日高さんはかのさんですね~あとごちそうさんの諸岡くんのお母さんでもあったような(笑)この方も大阪朝ドラの常連さんですよね。

SABOさん…おっしゃる通りだと思います。「あの人は強い」と簡単に言えないですね。同じように傷ついたり苦しんだりしていても、グっと必死にこらえてふんばっておられる場合がほとんどだと思います。いつも笑顔で優しい人ほど、親しくなって話をきくと「え?そんなことを抱えていたの…!?」と思うようなことを体験されていたりしますよね…。SABOさんのお話にうなずきっぱなしでした。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加