スカーレット148話感想 手をつなぐこと

スカーレット148話の感想です

手をつなぐこと

ハチさんと喜美子が気持ちを確かめあった告白シーンに出てきた「手をつなぐことより難しい事」。

忘れていました、「手をつなぐこと」は、幼少期の直子と喜美子から始まっていたんですよね。ほんとにすっかり忘れていました。

喜美子が幼い直子の手を離してしまった、直子にも喜美子にも消えない傷になった、それを越えて「僕は(手を)離さへん」と始まった喜美子と八郎さんの恋、それでもこの2人は結局 手を離してしまった。

そして最終週にきて今日の直子の(鮫島くんの)言葉。

「手離してしまったお姉さんもつらかったやろうな」

「手は強くつなげばつなぐほど手汗かいて 汗でねちょねちょになるし たまには離さんとあかん。それが仲良く手をつなぐコツや」

手を離さへんと約束した喜美子と八郎さんが分かれてしまったことに対して、一視聴者としてやっぱり納得しきれない部分もありましたが、この言葉が 腑に落ちなかった部分に対するひとつのアンサーになっているように思いました。

絶対結婚しよう、幸せになろう…と めおとノートに予定を書いて堅実に夫婦生活を送ってきた喜美子と八郎さんは、いつの間にか手汗でねちゃねちゃになってた。しばらくの間 手を離したから 今の新しい2人の関係ができた。(大人になってから武志も「2人には時間が必要やった」と言っていましたね)

「大事なもんを大事にせえ」

なんというか…最近のスカーレットを見ていると、どうしても「大事な人との時間は大事にせなあかん」という強いメッセージを受け取っていますが、その中で「たまには離さんとあかん」という鮫島くんのあっけらかんとしたメッセージが響きます。

たとえば「母として子にこう接するべき」「娘として親とこう接するべき」みたいな価値観の中で時に苦しんでいる人も世の中にはたくさんいると思うのですが、そういう人に対しては「たまには離さんとあかん」という鮫島メッセージはとても大事だと思います。

スカーレットは開始当初から、お父ちゃんのめちゃくちゃぶりに賛否両論ありました。10人いれば10通りの生き方や考え方がある。どの生き方もどの考え方も、一生懸命生きている人のことは肯定したい、そんなメッセージをスカーレットから感じてきましたが、最終週でも、そのメッセージは変わってないですね。

大事なものは“今”大事にせなあかん。でもたまには手を離すのが、ずっと仲良く手をつなぐコツ。相反している言葉のようですが、時にこういう相反したことをうまく使い分けていくのが人生を歩いていく上では大事かもしれませんね。

直子

直子にとっても、誰と手をつないで生きていきたいかを再確認するための時間が必要やったのかもしれませんね。

きっと、武志と真奈ちゃんのくっつかない愛に、大事なことを気づかされたところもあったんじゃないかな。直子はきっと鮫島くんにずっとワガママ言って生きてきたんやと思います。押し付け合わずに ただただ相手を思う若い2人の姿は、これまで直子が感じたことがないものやったんでしょうね。身なりがギョっとするほど派手になった直子が 一番素直な気持ちに立ちかえったのがすがすがしかったです。

直子は「家から出たい!」「東京いきたい!」「失恋した!」「彼氏できた!」「大阪で2人で生きる!」と、結構やりたいように生きて来たと思います。直子の生活を見るシーンは少なかったので…はっきりわかりませんが、そりゃお金を借りにきたりもしたので苦労もあったやろうけど、喜美子や百合子のように「やりたいこと」を追い求める人生ではなかったような……。けどここに来て、直子にとっては愛が一番大事ってことに気づいたのかな。今が直子の「熱くなる瞬間」なのかも。

直子の出番がこれで終わりかな…?鮫島くんと…うまくいくといいな…。男女のことやからどうなるかわからんけど……。

武志

武志の病気はやはり…少しずつ確実に進行していますね…。

言葉なく武志を見つめる信作と照子の姿にちょっと涙が出てきました。

ハチさんと喜美子の「今日みたいな日もたまにな。でも元気やで」の言葉も泣けてきました。

ジョージ富士川

おお、ジョージ富士川はこういう流れで登場ですか!

(なぜ信作は毎回演歌歌手を呼ぼうとするんだろう…?呼べたことあったんでしたっけ…?)(あと、受けで大吉さんが「ここは信楽太郎かと思った」と言っていましたが、ほんとだ!(笑)ここで信楽太郎でしょう!…もう一発屋で終わっちゃったのかなぁ…汗)

拍手お礼など

少しですが ランダムお返事です

>似顔絵描いてちぎって渡してましたね。 キスくらいしたらいいのに。って思う私も、直子タイプみたい(笑)

私なんか 真奈ちゃんが電話してる間に 武志が部屋に布団敷いてるんじゃないかとヒヤヒヤしてたのでぶっとばしてください…(;・∀・)

SABOさん…筋トレちょっとだけやってます!ツイッターの方でつぶやいたら読者さんがそっちを見てくださってたので、その方とはたまに筋トレ話になります(笑)

昨日の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました!全部嬉しく拝読しております。

ブログシステムの都合上、拍手メッセージよりコメント欄の方がお返事を書く作業がやりやすいため、基本的にコメント欄優先でお返事をさせていただきます。拍手からのメッセージはランダムなお返事となりますのでお許しくださいm(__)m

(コメント欄とメッセージの違いに戸惑う方もいらっしゃるので、しばらくこういう一文を掲載します。コメント欄に書いてという強制ではないので、常連様はいつも通りご自身のお好きな方でお願いします)

もうあと2話なんですね……まじか……

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. とっしい より:

    おー!いそまるさん!!びっくりです、今更気づいた、このコメント欄。WEB拍手コメントして×しちゃうんで、てっきりそこで終わりかと!!下までスクロールすること無かったんで、ここの存在を知りませんでした!!
    ほら、右下の「証明写真の影みたいな横にいそまる」、ここで画面が終わりだと思ってたー(爆笑)!!こっちのほうがコメント書きやすいし見やすいー!!これからこちらを利用しますねー(^^)

    では、本題本題。
    もう武志が白血病になってから毎日が寂しいし辛いし毎日泣きながら見てます~。
    はじめ真奈ちゃんが苦手だったの。料理できない、好きな人のお母さんなのに初対面でなれなれしい、微妙に距離感近いし、絵も下手(笑)。もし私の息子がこんな彼女連れてきたらめっちゃ嫌やわーって思うもん。あ・・あたし息子いないわ。
    でも今になると、この子の図々しさが武志の懐にすぅーって入ってて、武志の元気玉になってるのがわかるわー。
    病室で真奈ちゃんも手を握ってましたよね。そやわ、スカーレットって手をつなぐってキーになってるわ。
    そして私も信楽太郎は?って思いました。信楽太郎のほうがジョージより呼べるだろ?って(笑)。そしてお手紙も出さず(笑)。

    今朝、スカーレット前の「おはよう石川」の朝ドラ送りが
    「スカーレットも残り3回、武志の病も治って元気になることを次の朝ドラからもエールを送り願っております」みたいなこと言ってて「うまい、1本!!」と叫んでしまった(笑)。あ・・石川って言っちゃった。
    休校中、娘が「スカーレットは暗いな」って言うんです。後半ずっと病だしね・・・と思ってたら、違うらしく。
    「絵柄」らしい。「全体的に茶色」らしい。「陶芸とか田舎じゃなくて服とか。ライトが足らん。室内多い。」らしい。確かにー(笑)!

  2. いそまる より:

    とっしいさん
    コメントありがとうございます。以前 他の方が「コメント欄の存在に気づいてなか方もいるかも」とおっしゃっていたんですが、とっしいさんはまさにそうだったんですね(笑)
    書きにくいことは拍手に書いていただいてもいいですし、ぜひぜひお好きなように使ってくださいませ^^
    私も真奈ちゃんは、はじめは好きにならないだろうなと思ってました。でも今は、この子が武志に力になっていることがすごく伝わってきますよね。
    信楽太郎は…手紙すら書いてもらえなく……(;´∀`)
    画面が暗いのは昭和が舞台とかドラマのイメージ的に、あえてのことなんじゃないかな~と思います。レトロな感じがするというか…。若い人からみたら、今時この暗さはなに?って感じなんでしょうか(笑)