エール6話感想 鉄男の一家が夜逃げ(追記あり)

エール6話の感想です。

「6話」というとこれまでは第一週のラスト・土曜日にくる数字だったので、月曜日に「6話」って書くなんて変な感じ(笑)

裕一と鉄尾

壊れたハーモニカが突然出てきたので一瞬戸惑ったんですが、鉄男が裕一のカバンを投げつけた時にカバンから落ちて壊れた……ってことでいいんですよね?(;・∀・)

鉄男はいくら詩が好きでも、才能があると言われても、どうにもできなくて…観ててつらいですね。

森山直太朗(名前覚えろ)が徹男を気にかけて家まで来ていたんですね。

けど…「自分の才能から逃げるな」と言われても、子どもに何ができるのか…子にとって親は絶対的な存在ですから…。徹男は新聞社の人の名刺を受け取ったみたいですが、その人に頼ったらどうなるんだろう?DVを訴える?そんな現代的なことはないか(汗)

久志 妖精説

この子はやっぱり妖精ですよね…?え…?何、なんなの……???笑

裕一の家

唐沢寿明(役名を覚えろ)が追い詰められていますね…。息子を養子に出すことを条件にされることが分かっているから、なんとか…なんとか…っていう感じなんでしょうね。店の人にはそれを話せないので理解してもらえないことも良くない方に傾きそうで心配です。

レジスターも売ってしまったようでしたが、蓄音機は売らなかったんですね。あの…森山直太朗(だから役名を覚えろって)が「音楽の才能がある」と家まで来て両親に言ってくれたからですかね。それがなかったら一緒に売ってしまったんじゃないかな。

拍手お礼など

今日は朝の放送を用事しながらぼーっと見たので(汗)、今日の感想はもう書かないでいようかな~と思ったんですけど、そうだそうだ 土曜日のことにも触れておかないと と思ってPCを開きました♪

土曜日の放送

とは言っても…土曜日の放送も 用事しながらほぼ音声しか聞いてない感じでした(^^;)

読者さんの中に「土曜日は見なくていいかな…」とおっしゃっている方もいらっしゃいましたが…私もそうかも…(^^;)まあ、癖で(他に見たいものもないので)チャンネルを合わせるだろうけど、もしかしたら徐々に見なくなっていくかも。土曜日担当のバナナマンの日村さんは本当にずっと朝ドラを見ておられる朝ドラファンだそうです。でも、ご本人の生の感想…というよりは決まった文言を言わされている感じがしました。実際はどうか知りませんが。(しかも そんなにしっかり聞いてないのであんまり覚えないですが^^;)いのっちと有働さんがやっていたような生の心からの感想を言ってくれた方が、見てる側は楽しめそうな気もします。

あと…ただの総集編より、朝ドラ公式HPや公式SNSに載せているようなネタ(役者さんの思いとか撮影秘話・オフショット)などがあった方が、ファンは嬉しいかも…。公式HPとかはいろんな話が載ってるんだけど、時間を作って自分からアクセスしないと知れない情報なので、土曜日に受動的に見れたら嬉しいのにな~。

拍手お礼

前回の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました☆

以下 少しですがランダムお返事です。

>土曜日の放送は…見なくていいな、と思いました。予告編があそこに来るんですね~

そうだそうだ、予告編ですよね。金曜に予告が流れないので、予告は見たいなと思うと土曜も見ないといけないんですね(^^;)

>いそまるさんの久志くんが裕一にしか見えてない説、面白いですね。いや怖いか(笑)

>久志くんはきっと未来から来た男の子ですよ(°_°) 彼が使ってた「・・じゃね?」という言葉遣いは平成令和の言葉ですから(^^; 

森山直太朗にも見えていましたね。裕一を大成させるために未来から来た存在(妖精)でしょうか…(裕一を大成させるために必要な人物には見える・笑)言葉遣い、私も時々気になってましたが、いかんせん そんなに集中して見てないのであんまり考えないようにしてました(笑)「…じゃね?」って言ってましたっけ!?ひええ…イマドキ(笑)

ブログシステムの都合上、拍手メッセージよりコメント欄の方がお返事を書く作業がやりやすいため、基本的にコメント欄優先でお返事をさせていただきます。拍手からのメッセージはランダムなお返事となりますのでお許しくださいm(__)m

明日からは、将来の奥さん・音ちゃんサイドの話になるのかな?新しい物語の進め方ですね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

以下 追記です

スカーレット関連の公式ブログが更新され、最終回で出て来たあの作品たちの完成した写真を載せてくださっていました。まだ読んでない方もいらっしゃると思いますので、リンクを貼っておきますね♪

(公式ブログ)大崎先生と喜美ちゃんの作品

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加