エール感想とか

エール感想です。

前回「つれづれ」としましたが、ふと「つれづれ」の意味を確認したら「退屈な様」見たいに書いてあって、あれ 自分 意味を勘違いして覚えてたな(;´Д`)と なりました。

もっとこう…「淡々といろんなことを思いつつ」のような意味に解釈していたので前回のタイトルにしましたが、「退屈な中」みたいな意味が正しいのであれば、前回の記事はタイトルでエールをディスってるみたいに見えますね(;´∀`)決してディスってないです。

さてエールですが。

留学

伯父さんが裕一の海外留学を認めてくれたので、読者様の予想になった「案外 伯父さんが裕一の気持ちを理解して行かせてくれるのではないか」説が当たったのか!!!と思いきや…伯父さんとおばあちゃん(裕一のおばあちゃんですか?あの人)の小悪党みたいな目論見によるでした!「絶対 成功することはない」なんて…(;´∀`)勇者をあなどって初めに討伐される第一ダンジョンのボスキャラみたい!(笑)この展開には、個人的には「ズコー!!!」って感じでした(笑)

「海外留学で英語も話せるようになるし人脈も広がるし」と、「これからは世界を舞台に仕事をする時代になる!」…と先を読んでいるようなことを言いつつ、「万に一つも成功することはない」って言い切る!賢いのかアホなのか!(笑)

伯父さんに取り入ってる銀行員の若い男の子が養子に行ったらええんちゃうかな…「他人に継がすなんて」と前に言ってたけど、裕一の動向を話しているうちに仲良くなって、子のいない伯父さん的には自分を慕ってくる子がかわいく思えてくるんじゃないかな。(ところで伯父さんの病気がちな奥さんは全然登場しませんね。)

音と裕一

恋にまっしぐらな裕一。前回 とみちゃん(でしたっけ?)に恋したのが効いてますね。とみちゃんに恋したのも、ダンスホールで会ってただけにしちゃ好きになりすぎてたし、しかも小学校の同級生だと気づかないくらいだったので、他人から見たら違和感だらけの恋だけど裕一としては真面目な初恋だったわけで。(実際 失恋の傷が癒えるのに1年以上かかったわけで)

音への恋心も周囲からしたら「え?文通してるだけで顔も知らないんだよね…?」と不思議になるような恋なので、これしか見てなかったら「おかしいやん!」となりそうですが、とみちゃんの一件が先にあったことで「裕一にとってはまっすぐ真剣な恋なんだ、裕一はそういう子なんだ」という受け入れられる根拠になってますね。

けど そもそもこの「ファンレター・文通がきっかけだった」ということそのものが史実だと言うんですから、ほんとは根拠も何もないですよね。「視聴者がどれだけ受け入れられない展開だろうと、これが実話なんだー!」なので。事実は小説より奇なりと言いますか。運命的ですよねぇ。

拍手お礼など

来週は志村けんさんが登場されるようですね。私としては本当に志村さんの死が重いです。自分がどんな気持ちで見るのか想像できません。岡江久美子さんも……。岡江さんは、ドラマ「天までとどけ!」で小さい頃に見ていたので、おそらく私が人生で初めて「優しいお母さんのイメージ」を女優さんに感じた方でした。芸能人が亡くなるとショックが大きいのでどうしても話題になりますが、一般人でもたくさんの方がすでに命を落とされていて、一般人だとしても その人も誰かに愛されていただろうし、「有名人だから悲しい」のではなく「どの人の死も大変悲しいことなんだ」ということをもっとしっかり考えないといけませんよね…。

来週は音と裕一がついに出会って物語が大きく動きそうですね。展開が早い早い!楽しみです。

以下 ランダムお返事です。

Wさん…ええ!もともと拭いておられるなんて、そっちのほうがすごいです!清潔にされているんですね。除菌といっても、家にあったアルコールで拭いているだけですよ。多量に使うと早くなくなってしまうので、ケチって使っているような状態なので効果があるのかないのか…(-_-;)分かります、「家事」だけでも本当にいろいろ考えること・実行した方がいいであろうことが増えて、「日常が失われていく感覚」を痛感しています、涙

前回の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました!いろんなメッセージがあり、楽しく読ませていただきました♪すべてにお返事できなくてごめんなさい。

ブログシステムの都合上、拍手メッセージよりコメント欄の方がお返事を書く作業がやりやすいため、基本的にコメント欄優先でお返事をさせていただきます。拍手からのメッセージはランダムなお返事となりますのでお許しくださいm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加