アシガールスペシャル感想

遅くなりましたが、アシガールスペシャルの感想です。

私が見逃さないように気にかけてくださっていた読者様、お世話をおかけしました(笑)無事に視聴できました!^^

思い付くままどんどん感想書きます~。

未来

タイムマシンを完成させた本作ですが、ずっと「過去」への行き来だったところを、スペシャル版で「未来」が登場した展開がかっこよくて震えました~!

しかも未来に行ってどうのこうのの展開ではなく、「今ここにある用紙を僕はずっと大事に持っておく。そしてこのタイムマシンをいつか完成させる」っていうのがかっこよすぎました。省エネ2人乗りマシンを完成させたのが何歳のタケルなのか、その時家族たちはどうしているのか、そのあたりは謎のまま。めちゃくちゃかっこいい見せ方。ゾクゾクしました!

いや~さすがタケル。

伊藤健太郎氏

改めて、伊藤健太郎が適役すぎる~と感心しました。

現代に再びタイムスリップしてきて、制服や洋服を着ていても消えない若君感。髪型や話し方のせいもあるのかもしれないけど、制服着ても若君感が消えないというのは、伊藤健太郎さんがこれ以上ないほどの適任だからこそ。だと思うのです。

若い人気俳優さんはアゴのラインがシャープで中性的な方が多いように私は思ってるんですケド、仮にそういう方が若君役をやっていたとしたら、現代パートで制服なんか着たらいっきに「普通の現代学園ドラマ感」が出てしまったんじゃないかな~と思います。伊藤健太郎さんの姿勢の良さ、品、骨格、そういうものがあってこそ、現代パートが成立していたといっても過言ではないはず。

だれ?伊藤健太郎さんをキャスティングしたの(笑)。適任すぎ。グッジョブ!

唯の成長

本編の最終回では唯の恋が実って結婚……という展開でしたが、このスペシャル版を以て唯自身、恋の成就だけではなく、若君の大切な人達のことも守りたいという大きな成長を遂げました。

この展開はめちゃくちゃ良かった。

「若君ラブー!」というまっすぐなストーリー展開の中で、いろんな人と交流しながら戦国の世をそのまっすぐさで生きていた唯ならではの答えにたどりついたと思うし、ただの恋ではなく深い愛になったような…母性のような力強さを唯に感じました。

「ほんとに現世を捨てて戦国時代に行くの…!?」というトンデモ展開にも納得がいく答えが提示されたという点で、スペシャル版を以て正式な最終回でした。

私は唯の「若君かっこいい~!!」という女子高生らしい恋のまっすぐさが好きだったので、最終回(ラスト)もずっとそういう展開なのだろうと思いこんできました。唯が「戦国時代で若君と一緒になる」と宣言しても、唯の両親は「唯だもんね…」という納得をするのものだとばかり思ってきました。でも、スペシャル版で描かれたのは唯の成長。両親も「あの唯がこんなに大人になるなんて」という涙を流しての納得となりました。素晴らしい。

唯はきっとこれから、母性愛のような、太陽のような形で萩の人々を照らして愛されていくのだろうと想像できます。

時空の亀裂

これ以上タイムマシンを使ったら時空に亀裂が入ると…そんな話が浮上しました。(急にどうしたのタケル。なんでそんなことタケルにわかるのよ。という心のツッコミは置いといて)

ってことは…唯はもう完全に現代に戻ってくることはないんだろうか…ちと悲しい…ちと心配…。なのに、「またこれからも(タイムスリップで会うことが)きっとある」とかタケルも言っちゃうし。どっちなんだい、タケル(笑)

でも両親の要望による省エネ二人乗り設計のタイムマシンも完成させちゃうんだから、時空に影響を与えない設計を盛り込んだタイムマシン開発も可能かも…!?

唯も最後まで「今度こそ若君とクリスマスデート!」と願って消えるし(笑)母性すら感じさせる唯の成長を見せておきながら、まだまだ女子高生らしい恋へのあこがれも消えない唯がかわいすぎます。大人になったと思ったらまだまだこどもだったり。無敵なお年頃。

僕はまだ知らない

「それから先のことを、僕はまだ知らない」

タケルのこんなナレーションもありましたし、また続編をやろうと思えばやれそうな終わり方でしたね。続編を見てみたい気もしますが、「唯の愛のパワーなら、タケルの発明がなくともどんな不可能も可能にしてしまうだろう」と明るく思えるこの終わり方のままも良い。

(でも原作の漫画はまだ続いているそうなので、いつかドラマが復活する可能性もあるかもしれませんね。)

まとめ

とにかく最初から最後まで、非常に気持ちのよいドラマでした!女子高生という無敵な年齢、戦国時代、そんな相反するものがこんなに気持ちよくすっきり心に入ってくるこのドラマは本当に素晴らしかった!配役も見事!いや~良いドラマを見せていただきました!

思い付くままにつらつらと書いた感想文でしたが、この辺で終わりにします^^

アシガール大好き!見れてよかったです!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

追伸。拍手お返事

RYOさん…「そうおっしゃるディスタンス」!?面白い。あの方のお話はおもしろいですよね。でも「そうおっしゃるディスタンス」はどういう時に使ったらいいんでしょう(笑)私も先日テレビで「星影のエール」をフルで聴きました~めちゃくちゃ気持ちいい曲ですよね。私はあまちゃんの主題歌が一番好きかなぁ…^^

SABOさん…生存確認ありがとうございます!我が家の猫話も。先日 ひますぎてウチの末っ子甘えんぼ姫(猫)をなでなでなでなでなでなでしてたら、猫も嬉しすぎてテンションあがったのか、最終的に人間のように私にだきついてきてめちゃくちゃかわいかったです^^

KAZUさん…井川遥さんの嫁ぎ先(純情きらり話) 心配ですよね…!今は休止中ですが、続きが待ち遠しいですね。

更新頻度めちゃくちゃ少ないのに気にかけてくださる皆さま、本当にありがとうございます。

お返事できていないメッセージもありますが、メッセージ(感想や皆さまの近況など)はすごく楽しく読ませていただいおります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なみかわ より:

    わかります!健太郎くん、ハマりすぎてヤバいくらいですよね?現代でもブレない若君感すごい(笑)
    原作は続いていますが、最初はドラマスペシャルのところで最終回のつもりだったとか。なんか納得です。
    原作は読んでないんですけどね。
    そうそう、たける役の人はもう芸能活動はしてないそうです。ということはもし続編あっても、たけるは違う人!
    ちょっとかなり寂しいです(泣)

  2. いそまる より:

    なみかわさん
    若君感、現代でも消えないですよね?すごいハマリ役。いい役者さんですね(*^^*)
    原作は、人気だったので続けることになったんですかね~。
    たける役の子は芸能界やめちゃったんですか!そうか~ってことは続編もスペシャル版も難しそうですね…ちょっと残念です…