あさイチ プレミアムトーク・わたなべぽんさん

今日のあさイチに、漫画家さん(エッセイストさん?)のわたなべぽんさんがご出演されました!

この方について詳しいとか熱狂的なファンとかではないのですが、この方のコミックエッセイをいくつか読みまして、すごく優しく、心のいらないカタマリを溶かしてくれるような感覚を受けたんです。

わたなべぽさんのエッセイ

特に「やめてみた」シリーズが人気らしく、私も大好き。

「当たり前」だと思っている行動や物を見つめ直してみたら「あれ?私の生活には不要かも?むしろ、無い方が自分にはメリットが大きいかも?」と気づいた…というような経験談の数々が、読みやすい絵柄の漫画で描かれています。

あくまで「やめてみた」という経験談なので、「絶対このほうがいいよ!」という押し付けはなく、すごく読みやすいです。

「へえ~そうなんだ!」「へえ~私もぽんさんの考え方に似てるかも!やってみようかな?」なんてことを考えながら、自分の中にストンとぽんさんの考えや行動が入ってきました。

押しつける感じの動画とか最近多いと思うんですよね…、私 あれ苦手で…。まあ、自分にとって良かったものを人に薦める時って、ついつい熱が入っちゃうので、自分も無意識に押しつけ型になってるかもしれないけど…。

私の「やめてみた」

私も ぽんさんの作品を読むよりずっと前から、いろいろ断捨離をしたり生活を見つめ直したりしてきたので、結構「やめてみた」ものがあります。

キッチンやトイレのマット、三角コーナー、ゴミ箱を細かく置くこと、洗濯ものをたたむ作業(可能な限りハンガー収納に変えた)、「来客用に食器や布団を持っておかなきゃ」という自分の思い込み、手のこんだ料理を作れない私はダメという自分の思い込み、洋服やカバンをたくさん所有すること、……などなど。

いろんな「やめてみた」と経験したことで、本当に暮らしが身軽になった感覚があり、「前の私より今の私の方が好きだな~」「暮らしやすくなったな~」と思える自分になれました。

でも、暮らしって毎日・ずっと続いていくものだから、終わりはないんです。やっぱりまだまだ「なんとなくしんどいなぁ」と思うことがモヤモヤとあったり、環境の変化や年の変化によって別のモヤモヤが出てきたりもします。

終わりがないからこそ、いろんな人の断捨離経験談やエッセイなどを定期的に見ることで「あ!この考えは私も共感する!」「やってみよ!」に気づかせてもらって、自分の暮らし方をちょっとずつちょっとずつ自分なりにブラッシュアップしていくのが楽しいなと思います。

ちなみに直近の私の「やめてみた」は、まさに わたなべぽんさんの本を見てやってみた「ファンデーションをやめてみた」です。まったくメイクをしないワケではなく、日焼け止め+フェイスパウダーにする というもの。ファンデをつけても 結局ヨレて毛穴にファンデが落ち込んで(そもそも肌が汚くて?^^;)外で鏡を見た時に「ゲっ…きたない…」と思うことが多かったので、どうせ汚いなら、ファンデがよれてる汚さよりシミが隠れてない汚さの方が私はマシかな~と思ったので。(ファンデより、フェイスパウダー程度の方が、毛穴に落ち込むよれよれ感が少なかったです)

けど実際やってみたら、自分が思う以上に毛穴が目立ってて恥ずかしかったんです。なので、普通の日焼け止めじゃなく、毛穴を目立たせなくする機能がある日焼け止め(日焼け止めと化粧下地の間 的存在??)を探してみよう~と思ってます。自分なりのブラッシュアップ?笑

わたなべぽんさんのエッセイ、おすすめですよ~

ちょっとネットで検索してみましたら、下記のようにいくつか作品を無料で読ませていただけるサイトさんがありました☆

コミックエッセイ劇場 わたなべぽんさん

幻冬舎 やめてみた

私としてはとてもおすすめな本なので、良かったらぜひお試し読みされてみてください^^

ではでは(^O^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加