朝ドラ エール 72話 音の音楽教室が始まる

エール72話の感想です。

吟お姉ちゃん夫妻の訪問。もっと深刻なことかと思ったら、普通に旦那さんの仕事のお話でした。とはいえ軍の歌を作るということで、露営の歌の大ヒットにより、裕一は意識せず「そういうポジション」に流れていっていますね。

吟お姉ちゃん夫婦

吟お姉ちゃん夫妻は、取り立てて夫婦仲が悪い!とか亭主関白でお姉ちゃんが虐げられている!みたいな感じではないですが…なんかいろいろ複雑そうですね。梅もお姉ちゃん夫婦について「あの家は息が詰まる」みたいなことを言ってましたよね。特に吟お姉ちゃんが、根っから真面目だから色々考えすぎてどんどん自分で自分を苦しくしてそう…。旦那さんはあんまり何も考えていないのかなぁ…?

この夫婦は、子どもには恵まれなかったみたいですね。お姉ちゃんは思うところや苦しみを抱えてそうだけど、旦那さんはあんまりなんとも思って無さそう。

国防婦人会にで主人公の近しい人が積極的に活動してるっていうのは珍しい方だな~と思います。生真面目なお姉ちゃんらしいです。

吟姉ちゃん役の松井玲奈さんは、「まんぷく」では主人公の友人役で長く出演されていましたが、今の吟役もなんだか段々「いいな~」と思うようになってきました。適度なバランスの良い存在感があると感じます。

音の音楽教室

音の音楽教室が始まりました。

華ちゃん

華ちゃんはなんで参加しないんでしょうね?オルガンが届いた時は喜んで家族で歌ってたし、友達にもオルガンを自慢したがってたのに、お友達と一緒に歌うとなるとフラっとあっちに行ってしまってました。人前で歌うのが嫌か、お母さんを取られたような感じがしておもしろくないのか…?

音痴な少年

音痴な少年の母トキコさんを演じていたのは、徳永えりさん。名作とは言えないもののなぜかクセになる「わろてんか」(私比べ・笑)で、トキを演じた方ですね!今回も名前が「トキコ」なので、…あれ?前と同じ名前ってことはないよね?私どっちかを勘違いしてる??って不思議になって検索してきました。コをつけただけで同じ名前というのは、制作さんが狙ってつけたのかな~。

音痴な少年 弘哉くんはどういう役どころなんだろう。裕一は彼にハーモニカをプレゼントしました。ハーモニカなら、音程をとるのが苦手という自分の苦手分野にとらわれずにメロディーを奏でることができますね。裕一、やるやん。

(そういう 音楽を楽しみたいという気持ちを尊重してサポートしてあげる部分を五郎くんにもちょっとでも出してあげてほしかった……笑)

大将と久志と3人で曲を作ることになったようです。大将は自然や郷土や美しいものに感情を寄せた誌を書くイメージがあるので、軍の曲は難しそうですね。3人が世に羽ばたくきっかけになっていくのだとしたら嬉しいことですが、それが戦争に関連…というのは複雑です。

ところで、裕一と久志はレコード会社に所属してるけど、廿日市さんや会社を通さずに仕事をしていいのかしら……。

あとなんかドラマ内で普通に皆で「福島三羽ガラスが~」とか言ってるけど、私はそうは呼ばない…。なんかドラマ内で急に呼ばれ始めていて、ついていけてない…(笑)

そういえば昨日、有吉ゼミ(だっけ…?)という番組で、梅ちゃん役の人と五郎さん役の人が共演していました~。ちょうどタイムリーだったので、なんか嬉しかったです。梅ちゃん役の人がめちゃくちゃかわいい人でびっくりしました。ドラマ内でももちろんかわいいとは思ってましたが、大きいメガネと古風な髪型なのでそこまでずばぬけてかわいいという感覚を持って見ていなかったので。ひよっこの澄子役の人の美少女ぶりに驚いた時のことを思い出しました。メガネはずしたら美人という 漫画やドラマのあるあるって、「メガネかけててもかわいいかどうかは分かるし!」と思ってましたが、実際あるんですねぇ。

昨日の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました。私と同じように、1年経過の小さい文字に気づかなかった方がいてホっとしました。わかりづらいですよね~。あとメッセージで、「NHKプラス」というサービスを教えていただき、知らなかったのでびっくりしました!ちょっと自分でも調べて、今度 分かりやすく記事にしてみるつもりです。情報ありがとうございました!

ではでは(^O^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加