ニトリで買ったガラス急須が使いやすくて感動

ニトリでガラス急須を買いました。ただそれだけの話です。

買ったもの↓

ニトリ公式HP 茶々急須(700ml)

急須の洗いづらさにイライラしていた

前は昭和から変わってないような普通の急須を使っていました。平凡で地味な家で育った私と夫は「急須と言えばこれでしょう」と何も疑わずに使っていました。

が、毎日毎日「洗いづらい…」と思っていました。あの細い口はスポンジで洗えないしさ…たまに漂白剤とか使うんですけど…私 漂白剤系の洗剤がなんか怖くて苦手で、神経質に何回もすすぎをしてもまだ不安だったりして…(ほぼ病気。(^▽^;))。そんな毎日を何年も過ごしてきて、さすがにイライラがたまってきて、「こういう、日々ストレスがかかっている物こそ断捨離やお金を出して買い替えるなどして、改善すべし!!!」とある日 奮起しました。

そこで、ニトリで見つけたガラス急須に挑戦。こういうのは紅茶とかハーブティーとかそういうオシャレなものを飲む人用だと思ってたんですけど…よく考えたら、そりゃあ普通にお茶も飲めますよね(-_-;)

なんでもっと早く気づかなかったんだ…!!人生 損してきた…!!!……と思うくらい、ストレスフリーになりましたっ!!

手当たり次第 周囲の人におすすめしたい!

デメリットは、陶器の急須に比べたら割れやすそう の一言に尽きると思います。耐久性でいうと陶器の方が強そう。

ですが、とにかく洗うのが楽!メリットもこの一言に尽きます。

あと、お茶の色がひと目で分かるのも案外いい。あと、私はよくドリップコーヒーを飲むので、ケトルで沸かしたお湯を急須に移してドリップに使うのですが、その使い勝手(お湯の出方)も、このガラス急須の方が注ぎやすかったのは、思いがけず嬉しいポイントでした。

当たり前に使っているものだから、多少ストレスがあっても「こういうもの」と無意識に流していることって結構あるのかもしれません。急須はまさにそうでした。こういうものだから仕方ない と思ってアラフォーまで生きてきたけど、まさかこんなストレスフリーになるものがあったとは。「当たり前」を疑ってみることって、結構大事ですねぇ。しみじみ。

ちなみに、前もブログに書いた私の好きな漫画「あたしンち」にも急須にまつわるエピソードがあります。お母さんも「急須が洗いにくい!」と思っているらしく、耐熱の計量カップを急須代わりにしてるんです(笑)

その話を読んで、「これだ!」と思って、耐熱の計量カップをド真剣に調べて良き物を買おうとしていたんですけど、今はニトリやホームセンターで洗いやすいガラス急須が安価で買える時代になっていました(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加