朝ドラ おちょやん年表(随時更新中)

おちょやん年表です。年齢確認や振り返りにお役立てください☆

ドラマの流れをメモしたりしながら自分なりに頑張ってまとめていますので、無断転載はご遠慮ください。

大正5年(1916年) 千代9歳

弟のためを思って家族を捨て、岡安に奉公に出る

天海一平と出会う

初めてみたお芝居で、女優・高城百合子の熱演に心を奪われる

千代の実家が夜逃げして行方知れずだと知らされる

一度 岡安をクビになるも、自分の心からの想いを話し、ここにいたいと懇願。正式に岡安のおちょやんとして働き始める

大正13年(1924年) 千代17歳

女優・高城百合子を一時かくまう。(高城百合子はこの後 舞台から映画の世界へ活動の場を映す)

岡安の女将・シズが、昔の恋人 早川延四郎と再会し、感謝を伝える。その後、延四郎の訃報を聞く。

大正14年(1925年) 千代18歳

千代が数えで18歳となり岡安を年季明けする。年季明け後も岡安でお茶子として働くことを決めるが、父とその借金取りが現れ、千代を悪評高い料亭に売ろうと画策する。

ひょんなことから天海天海一座の舞台に女中役として出演。

岡安の全面協力のもと、借金取りから逃げるため岡安から旅立つ。

京都に流れ着き、カフェーキネマにて住み込みで働く。

山村千鳥一座に加入。代役として「正ちゃんの冒険」に主演で初舞台を踏み、ハプニングをアドリブでカバーして好評を得る。

山村千鳥一座が解散。千鳥からの紹介状により、鶴亀撮影所に入る。

高城百合子と再会。高城百合子の置き土産として、役に抜擢される。

助監督の小暮に初恋する。

千代が出演した「太陽の女カルメン」が上映される

昭和3年(1928年) 千代21歳

7月 鶴亀撮影所の中堅女優としてボチボチ活動中の千代のもとにテルヲがやって来るが、また借金をつくって逃げていることが発覚し、千代は改めて、親子の縁を切ることを決める。

助監督を辞めて実家へ戻る小暮から求婚されるが、千代は女優を続けることを選ぶ。

8月 鶴亀の大山社長の命により、新しく旗揚げする劇団へ加入するため、千代は再び道頓堀へ。

再び岡安に住まい、一平が座長を務める鶴亀家庭劇に加入。初の公演「手違い話」を成功させる。

鶴亀家庭劇、2作目の「マットン婆さん」を公演。

昭和4年(1929年) 千代22歳

1月 みつえと福助が結婚

ヨシヲと再会する。生きる道が変わっていたヨシヲを引き止められず再び別れる。その際、一平に一緒になろうと言われるが……。

3月 一平が岡安を出て一人暮らしを始める。

一平が母親と再会。過去の真実と父の想いを知る。

4月 一平が二代目・天海天海を襲名。同時に千代との結婚を発表する。

千代と一平が結婚。

岡安のお家さんが永眠

昭和7年(1932年) 千代25歳

鶴亀家庭劇と万太郎一座が対戦。家庭劇は一平と千之助合作による「丘の一本杉」を好演するも、あと一歩で敗北。これを機に家庭劇の結束が高まった。

テルヲが病死。

昭和12年(1937年) 千代30歳

12月 岡安が肩代わりしてくれたテルヲの借金を、千代が岡安に完済する。

小暮と高城百合子と再会。2人はソ連に亡命。

親を亡くした松島寛治と一緒に暮らすことを決める。

家庭劇 人生双六を公演。寛治も舞台に立つ。

昭和16年(1941年) 千代34歳

12月 太平洋戦争開戦

~この間、百久利と寛治に赤紙が届くも、2人とも身体の事情により兵役免除とされる~

昭和19年(1944年) 千代37歳

2月 福助が出征(以前に軍歌の演奏を断ったことによる懲罰召集と思われる)

岡安が60年余りの歴史に幕を下ろす。千代のお茶子仲間たちはそれぞれ新しい場所へ旅立つ。

3月 全国的に劇場の閉鎖が相次ぐ中、鶴亀も劇場を閉鎖。道頓堀から活気がなくなる

(家庭劇は、かろうじて開いている芝居小屋で活動を細々と続ける)

昭和20年(1945年) 千代38歳

大阪も空襲が増える

千代は防空壕にて漫才師の花車当郎と出会い、空襲の不安にいら立つ人々を笑わせる

百久利が出征

大山社長により家庭劇の解散が決定される

3月 大阪が空襲を受け、道頓堀が大きな被害を受ける。福富の福松・菊が空襲により死去。

寛治が自ら戦地慰問団に加入、満州に渡る。

福助が戦死

百久利が戦死

8月 終戦

家庭劇が焼け野原でマットン婆さんを公演する。

家庭劇は全国公演の旅に出る。

(この間、シズとみつえはうどん屋「岡福」を開業)

昭和23年(1948年) 千代41歳

道頓堀に新えびす座が完成。

全国を周って公演を続けていた家庭劇は、大山社長からの呼び出しにより道頓堀に戻る。

千之助と最後の舞台を終え、万太郎が死去。

寛治が満州から帰還。ヨシヲに出会ったこと・ヨシヲが亡くなったことを千代に話す。

鶴亀新喜劇が発足。旗揚げ公演を行う。(千之助からの指名により千代が主演)

舞台の成功を見届け、千之助が引退。

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加