食器は別に同じものでそろえなくてもいいなと思った話

今日は、日常のつぶやき更新です。

最近になって、タイトル通り「食器って別に、同じものをそろえなくてもいいな」と思うようになりました。ってだけの話ですが。

うちは夫と2人暮らしなので、たとえばお皿を買うとき、同じお皿を2枚買っていました。夫の分と私の分。だから、スープカップもお皿もお茶碗も湯呑も、同じものが最低2個 我が家にはそろっています。

けどよく考えたら、別に夫と私が同じ食器を使わないといけない決まりなんてないんですよね。盛り付けの都合上、ある程度 大きさや深さが似た種類のものは2個ほしいけど、まったく同じ種類である必要はないなと、最近 急に思うようになりました。

そもそも食器なんて、同時に都合よく割れてくれるものでもないので、家族の人数分 同じものをそろえていても、いつか1個だけ割れてしまうかもしれない。そしたら、1個割れただけなのに全員分買い替えるの?って気持ちになってしまう。もともといろんな食器をもっていれば、1個割れれば 1個また好きなものに買い替えればいい。

めちゃくちゃ単純なことなのに、これまで全然頭にそんな考えがありませんでした。

食器が「セット」で売られていたり、雑誌などテーブルの写真を見かけると 人数分同じ食器がそろっていたり、親が家族の人数分食器をそろえていたり…人生でそういう光景をずっと見てきたので、「家族の人数分同じ食器をセットでそろえる」という固定観念が染みついていたように思います。

そんなわけで、我が家は去年1個だけ割れたスープカップを買い替えました。夫と私のスープカップは、大きさは似てるけど違うものになりました。そうすると、なんとなく気持ちが楽しくなりました。今日はこっちの柄、今日はあっちの柄…と、同じスープカップでも気分転換できるのが、案外楽しい!こんなささいなことが、案外小さな楽しみになるんだなとびっくりしました。

食器を買うときも、2個セットで買うとなると、どの柄がいいかな~とめちゃくちゃ迷いますが、「1個ずつ違っていい」と考えた方が選びやすくなった気がします。今あるのは白のカップだから今度はちょっと冒険して濃い色のカップを買ってみよう!みたいなのも案外楽しいです♪

と言っても、いっきに食器を買い替えるのはもったいないので、今ある食器のどれか片方が割れる日待ちです…(笑)でもそんな風に思っていると、なかなか割れないんですよね~(笑)ま、物を大事に扱うことが何より大事なことだと思うので、気長にいきます。

それでは今日はこの辺で。では(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加