朝ドラ おちょやん第44話 新しい芝居に女形はいらない

44話感想です~。

漆原さん。やっぱり女形(おやま、と読むんですね)を辞めて…ということでした。けど、「女形をやめて=一座に不要」という解釈をされてしまうんですね…。

一平は、漆原さんの力を信頼しているからこそ、「あなたは女形をやめても新しい芝居ができる」と言っているんだと思っています。信頼しているからこその一平の言葉、まっすぐ伝わってほしいです。

けど、天晴兄さんに渡した脚本を漆原さんが読んだとき(43話)、漆原さんは女の人のセリフ部分を「これが自分やな」と思いながら読んでたのかなと思うと、切ないものがあります。

一平が漆原さんの力を信頼しているからこそ…というのも大事なことやけど、漆原さんが女形として誇りをもってやってきた…というのも事実ですもんね。今までのものを全部捨てろと言われ反発する漆原さんの気持ちもよくわかります。

漆原さんのこの一件は、お商売を鞍替えした福富さんと重なるエピソードですね。その関係もあって、今日 一平と千代が話す場所が福富やったんでしょうか。

千代が一平に言った「覚悟決めたのは同じやろ」という言葉は、状況は違えども、それぞれの覚悟をもってゆく道を決めた 岡安・一平・福富 みんなにあてはまってます。

新しい自分で誇りをもって芝居を続けていくという覚悟で、漆原さんが一座に入ってくれたらうれしいですね。一平が行方不明と聞いて血相変えて探しにきて女形仲間をとめた漆原さんは、ほんとに心の優しい人だと思うので…これからも一平や千代のそばにいる姿が見たいです。脇役さんをこういう風に思えていくドラマはいいですよねぇ…。

福富さんの商売鞍替えも、ただ「朝ドラによくある喫茶店が必要」がゆえの鞍替えではなく(笑)、そこに覚悟があったことが言葉がなくても伝わってきた今日の演出もよかったです。

千さんと万太郎の確執も明かされました。もともとは千さんは万太郎と肩を並べて兄弟劇として活躍してたんですね。万太郎がなぜ千さんを切ったのか…も、隠された万太郎の想いがある気がしました。漆原さんの力を信じているからこそ 女形を辞めてくれと頼んだ一平と同じような理由なのかも…?(「一平は漆原さんの力を信じているからこそ」説そのものが間違ってたら ごめんなさい 汗)

万太郎は、人柄が分かるほどにはまだまだ登場しておらず、つかめません。どことなくラスボス感があります。今後の描かれ方が楽しみ。

若き日の天海さんの登場はちょっとうれしかった…。地震におびえる女将さんをユニークに笑わせる千さんも、その千さんを見て 多くを語らずとも百を知ったような表情になった天海さんもかっこよかったです。

天海さんが千さんが言った「わしを笑かしてみい」は、千さんが千代に言ったことと同じですよね?このあたりも…なんかグっときます。喜劇役者に言葉は不要、みたいな。(だとしたら、たこ入道とかやって見せた千代は千さんにどうジャッジされたんだろう…笑。少なくとも、素直なことは伝わったと思うけど…笑)

いまいち深く掘り下げられることがなかった天海一座のことが、ここにきてようやくどんどんわかってきたのが本当におもしろいです。しかも、説明台詞やナレーション・主人公アゲの展開を使って…ではなく、それぞれ独立して、千代は見守ったり時々噛んでいったりしながら物事が動いていく加減がいい感じです。

あと一平もね…。天晴兄さんには真っ正直に「戻ってきてほしい」と伝えて本を渡し、徳利さんのことは千代と兄さんに任せて、漆原さんには あおるようなことをあえて言う(あえてやってるはず。明日を見ないと言い切れないけど…)など、一座を作るためにいろいろ手法を繰り出してます。

千さんに「千さんがアドリブ入れるからや!」と文句言うてた頃と比べて、すごく成長してるし、座長になる器が備わってきてると言えるんじゃないでしょうか。

一平といい…今日の福富さんの使い方といい…脇役さんにも魅力がどんどん出てくるところといい……演出がいいなあ~!やっぱり、おちょやんはいいなぁ~!!

明日は金曜日、今月の完結編。どう完結するのか楽しみにしています。

今日のラストの、女形を排除しようとする一平が女形役者に襲われる…は、史実だそうです。ツイッターで情報を見かけました。なんでみんな そんな情報通なん…?すごすぎる…。

さて今日はこの辺で終わりにします。昨日の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました!

大阪朝ドラには吉本芸人さんが多いという話題をメッセージでいただきました。新喜劇から唇の人も出てましたし、西川忠志さん板尾さん星田さんもそうですもんね、いつも多いですよね、吉本の人。今日の「女の役は女がやる時代になる」という一平の言葉のたびに、吉本新喜劇の桑原和男さんが脳裏にちらつきました(笑)「女の役は女が」が当たり前になってる中で、男がオバチャン役をやって愛されキャラになるというのも、今思うとすごいことやったんかもしれません。当たり前のように見て生きてきたけど。

ところで、そういえば、オープニングを見て最近気づいたんですけど、天晴さんを演じているのが「渋谷天笑さん」という方らしく、これは、一平のモデルである渋谷天外さんの一門(?)ということになるんだろうな~と思いました。なのでこちらはきっと松竹所属の方ですね。天外さんも守衛さんとして出演されてましたし、なんか史実に限りなく近い方が出演されていると、なんかこんがらがってきます(笑)

すべてのメッセージにお返事はできませんが、全部ちゃんと読んでおります。いつもありがとうございます。

ツイッターへのつぶやきにも共感や反応を下さってありがとうございます^^

それでは今日はこの辺で。では(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加