朝ドラ おちょやん第67話、68話感想 万太郎と千之助

今日はあんまり時間がとれないので短めですが感想を書きます。

67話

67話(火曜日分)では、今後 重要になりそうな言葉がいっぱい出てきたように思います。

まず、「劇団員にこびを売っている」「座長にうまく取り入った」などと言われた千代。

一平が引っ越した回にて、「私は女給とちがうで!」(セリフはちょっと違うかも)と怒っていた香里さんに対して、男性たち(と芸子さんら)の宴会のお世話を張り切ってしていた千代。物語の本筋ではないとは言え、なんとなーく違和感を覚えた方も多かったであろうあのシーンから続く問題提起と言うか陰りというか、そういうところが着実に描かれ始めたように思います。

同じ女性からのこのセリフは結構きついものがありますね。しかも、香里さんもルリ子さんも少なくとも「自分の仕事を否定された」ことについて、誇りがあるからこそ怒ったわけで。なのに千代はお気楽に「許してあげて」など、ただの八方美人のようになだめていただけでした。

今の千代は確かに、女優としての誇りより「座長の妻としてこういうこともせなあかんねん~」にシフトしてしまってるっぽい。実際、66話(月曜日)でのみつえちゃんとの会話でも、そんなことを言っていましたし。うーん。この時代は夫の付き合い等々のために女性が裏方で動く…というのは当たり前のことだったかと思うし、こういうのを苦痛と思うか思わないかも人によるところもあると思うし、一概にダメだとか問題だと言う気は私はないのですが、千代がそういう日々によって女優としての誇りを忘れてしまっているというのは、大きな問題点になってきそうですよね。それが今週なのか、もっと先に掘り下げられるかはまだ分かりませんが…。

あと、「座長の妻として~」というのも、果たして一平はそんなことを望んでいるのかな?という部分も感じました。

ちなみに、千代が「これがコビか!」と気づいたシーンでは、千代に「いつも悪いな」と声をかけた漆原さんの声がお素敵すぎて、ちょっととろけそうになってしまいました(笑)

しかし、結婚したというのに、一平と千代のシーンって全然出てきませんね(;^ω^) 鶴亀家庭劇が始まったあたりから、脇役の皆さんを掘り下げるエピソードが多くて、主人公とその相手役の存在感が結構薄いことが多い(笑)

小山田さんが万太郎一座に潜入した件。千さんが「お前は動向をさぐっといてくれ」と言ったときに、「そんなんできる!?その人 ほんまにそんなんできる!?」って思いました(笑)ら、やっぱり器用な探りとかできず突入していってた(笑)かわいいな、小山田さん(笑)

68話

今日 放送された分では、万太郎と千さんの過去がついに明かされました。千さんの回想シーンから想像できた程度のことしか万太郎からは語られなかった…とも言えますが。

万太郎が何を思ってあそこまできつい(ばかにした)態度をとって千さんを追い出したのか、という部分には、まだ語られていない万太郎の思惑があったんでしょうか?

現時点での予想としては、大山社長がよく言う「道頓堀を盛り上げるためには、万太郎のライバルが必要」という言葉のように、万太郎自身が「喜劇」を発展させるためには自身のライバルが必要だと感じて千さんを追い出した。または、千さんの独りよがりな芝居を本気でよく思っていなくて 千さんが自分で自分の悪いところを学べるように追い出した。とか、そういう「思惑」があったのかな~?と予想中です。

けど、万太郎もたいがい読めないですね~。独特の口調も怖い…。でも、万太郎の「冗談や」シリーズは……なんなん…?(;^ω^)あんまりおもしろくない…?です…よ…ね…??裸の王様にみたいになってしまってるんだろうか…???ゆでたまごに続いて生卵も…なんなん…?まあ卵は体にいいよね……。

あ、万太郎は千代の名前を正確に覚えていましたね。家庭劇を観に来た時に大山社長に尋ねていましたもんね…。万太郎は千代のどういうところに興味を持っているんだろう…?実力を認めているってことですかねぇ?自分の一座は男性ばかりなのに、万太郎は「女優」をバカにしたりしてないってことなのかな。

回想シーンで万太郎が千さんに言った「客は兄弟劇の【千之助】を見に来てるんや」という言葉は、67話で千さんが香里さんやルリ子さんに言った「お前の見た目に金を払ってるだけや」とか「女優が珍しいだけや」と同じ内容ですよね。自分が憎き万太郎に言われたことを、自分が人に言う……先週までの放送である程度「千さん」という人柄を理解できた気がしましたが、やっぱり曲者感は消えないですね。千さん自身が学ぶ・何かを感じる週になるのかな…どんな展開になるのか楽しみです。

今日は、「脚本がおもしろくない」と涙ながらに千さんに訴えるひゃっくりはんが泣かせました。「ひゃっくりはんの見せ場が今のところないなぁ~…」と先日からうすうす思っていたんですが、ここにして!なるほど!という感じです。千さんをずっとアホみたいに慕ってたひゃっくりはん。慕ってたからこそ、千さんが大好きやからこそ、絶対怒られる・どつかれることでも言う!でしたね。ようやった…ひゃっくり!!座員の誰が言うよりも、千さんに伝わったことと思います。が、千さんは…いずこへ…!?

おわりに

ちょっと急ぎ足で思いつくまま感想を書いたので、いつもよりちょっと読みづらかったらごめんなさい。

今日はこの辺で終わりにしますね。前回の記事にも拍手やメッセージをありがとうございました。私の都合でおひとりずつへのお返事は省かせていただいていますが、すべて楽しく読ませていただきました、ありがとうございます。

それでは今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。では(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加