青天を衝け13話 大河初心者のゆるゆる感想

13話感想です

前回で一章がおわって、13話から二章ってことになってたそうですね。なるほどね~朝ドラでも少女期、大人期、晩年期的な3部作になってることが多いですが、大河もこんな風になってるのね。

ここのところ結構重い展開でしたが、新章突入ということで基本的に明るい展開が多くて久しぶりにのほほんと楽しんで見れました。とは言え、長七郎の精神病的なところは見てられなかったけど…。

ラストって、栄一たちは幕府に目をつけられて追われてる立場になった上に平岡さん(名前覚えた!)の名前まで出しちゃってたから、平岡さんからしてもかなりややこしいヤバイ状態なのに、それを分かった上で2人を自分の配下につけたってことですよね?

「なんでそこまでしてくれるん?」的なめちゃくちゃいい人…。堤真一さんだから&史実だから信用できるけど、違うドラマだったら「この人なにか企んでるんじゃ…」とか思ってしまうくらいかも(笑)

そうそう、「平岡さんがなんで急に栄一たちを探し当てて出会ったのかよく分からない」と前回の感想で書きましたが、ブログ読者さんから下記のように教えていただきました!

『円四郎さんと栄一たちが出会ったのは、浪岡ナントカさんが栄一と東湖先生のご子息と飲みやでしゃべっているのを見つけて、スカウトしたみたいですよ。本当にあんなふうにスカウトしてたなら、少々荒っぽいですが、というか一橋家の人材不足は深刻ですよね(笑)』

あーーー!!!なるほどーーー!!!!東湖さんの息子さんと熱く話してた時に、その栄一たちをじっと見つめてるお侍さんがいましたね!!あれが平岡さんの部下だったってことですね!?(「「浪岡ナントカさん」がこれまた分からないという…^^;)

なんか、お侍さんばかりなので、いまいち顔が見分けられなくて…。そして、一橋家は人材不足だからなのかぁ!!は~理解できてめちゃくちゃ嬉しい!

わかってる人からしたら「こいつ ドラマのどこ見てるん?」と思われるくらい すっとんきょうな疑問を持ってばかりだと思いますが、こうやって解説していただけると本当に楽しいです!ありがとうございます!

ところで昨日は、平岡円四郎の回だったようで(笑)

栄一たちが江戸の平岡家を訪ねた時の、奥方による回想シーン。栄一たちのことを奥方に伝えるために「こんな顔とこんな顔」の顔芸wwどんな顔やねんwwそんなんちゃうかったやろ絶対wwwその後、奥方と仲良くいちゃいちゃし始めて、画面の隅へフェードアウトwwwいや 出かける前の玄関先でどうなってんwwwww

平岡および堤真一劇場を楽しませていただきました(笑)平岡さんの存在がほんといいわぁ…ほっこりします。

さて、昨日は、冒頭から五代様が登場しましたね!ひっさしぶりに興奮したー!(笑)

でも、今回の出番はほんのチョットで、栄一たちとの絡みもありませんでした。じらすぅー!(笑)

こちらではどんな五代様が見れるのか本当に楽しみです!

新選組も登場しましたね。新選組はいつもどんな時もどのドラマでもわかりやすくて良い(笑)昔 新選組の時代劇と漫画をちょこっと見ていたので、こちらは少しだけ知っています。(けど、やっぱり歴史にウトイのでやっぱり細かいところは知らないw)そんな私は、今回の土方さん役の方はちょっとイメージが違ったので、はじめ沖田さん役かと思いました。

そうそう、今回ははじめて家康さんが登場しませんでしたね!びっくり。2章以降はお出にならないのかしら…。お楽しみタイムだったのでまた是非お目にかかりたいです(笑)

それでは今日はこの辺で。では!

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加