夏、麦茶を作る地獄ループをちょっとでもラクにしたい

タイトル通り、夏に麦茶を作るのが毎日毎日毎日毎日∞、面倒くさすぎてたまらなく苦痛なのでございます。

自分なりに考えた「ちょっとでも面倒を減らす方法」を書き留めておきます。メモメモ。

その1、やかんで煮ださない

やかんで麦茶パックを煮出しする一般的な方法は、やかんを洗う手間が発生するのでメンドイ。

なので、やかんではお湯を沸かすだけ。沸かしたお湯を耐熱ガラスポットに入れて、そこに麦茶パックを入れて10分ほど放置。これで麦茶ができる。

やかんはお湯を沸かしただけで汚れてはない(と私は思う)ので、そのまま乾燥させればOK。

耐熱ガラスポット

使用してる耐熱ガラスポットはコチラの商品

ハリオ 冷蔵庫ポットスリム→公式ホームページ

ホームセンターで600円くらいで買いました。1400ml入ります。おすすめ。

パッキンとかついてないタイプなので、ちょっと傾けたらこぼれます。お子さんが使う場合は危ないと思います。ガラスだし。そういう点を重要視する人には不向き。

私にとってめちゃくちゃ便利なポイントは、腕が入って奥までちゃんと洗えること。そして、パッキンがないからこそ構造が単純で、洗うのがラクなこと。です。

あと、安い。

麦茶を冷やす

作った麦茶は、早めに粗熱をとって冷やした方がいいらしい。冷蔵庫に入れられる温度に下がるまでそのまま放置していると、雑菌が増えてしまうのだとか。(去年まで冷めるまでガンガン放置してたわ……)

なので、耐熱ガラスポットに入れる熱湯の量は七分目くらいにしておいて、麦茶ができたら氷を入れてできるだけ早くぬるくする→冷蔵庫に入れる…をやっています。

だから氷を切らさないのも大事!水さえ補充し忘れなければ勝手につくってくれる冷蔵庫はほんとに助かるよぉ…ありがたや…。

その2、スプレー式のキッチン洗剤を使って洗う

麦茶づくりループの中にあるのが、ガラスポットや水筒類を洗うこと。毎日毎日毎日毎日∞……!!!メンドイ…ッ!!!!!!

さきほどの耐熱ガラスポットと同様、私は基本的に腕が入って中が洗えるもの、構造が単純でパッキンなどの部材が少ないものを使っていますが、それでも毎日毎日洗ってると本当に面倒でたまらないです。頻度が多いんだものぉぉぉ!夏はぁぁ!!!

そこで、スプレー式になっているキッチン洗剤を使ってみました。水筒やポットの底めがけて、シュッ。1分ほど放置。ジャブジャブ水で流す。最後に腕をつっこんで、洗剤のぬめりが残ってないか素手で確認しながら仕上げのすすぎ。

もともと底まで腕が入るものを使ってるんだから、こういうスプレー式洗剤は不要だと思っていましたが、スポンジを持ってゴシゴシするひと手間が無いだけのことでも、思った以上にラクちんでした。泡の状態で底までシュっと入り込むので、ゴシゴシしなくても確かにぬめりが取れます。

毎日毎日のでかいポットと水筒洗いも本当に苦痛だったので、今年からこの洗い方も取り入れて、ちょっとの手間も削減していこうと思います。

ちなみに夫の水筒はこのシリーズ。サーモスのスポーツジャグ→公式ホームページ

構造が単純で、パッキンのつけ外しも簡単なので、洗いやすくて助かってます。

以上。

もうほんとに、お金が潤沢にあるなら、ずっと麦茶のペットボトルで過ごしたい。でもねぇ…お金以外にも…ゴミも増えるし…リサイクルできる資源ゴミとは言え、ゴミが大量にでるのもストレスだからなぁ…。

ちなみに、水道水で水出しするのも考えましたが、やっぱりよく言われる残留塩素…?的なものが気になってしまいました。水道水は飲めるんだから大丈夫、その理屈はわかってるんだけどなぁ…ちょっと神経質なもので…。気にならない人は、水道水で水出し麦茶をつくるのが一番ラクで経済的だと思う。

とにかく夏はずっと麦茶を沸かしている気がする…そんな地獄ループをちょっとでもラクにしようともがく私の工夫でした。

では(^^)/

追伸 前回の記事にも拍手メッセージをありがとうございました。皆さんのお考えも聞かせてもらえて、学びや思いやりについて更に考えられた気がします。結論の出ない話題ではありましたが、ああいうことを人と話してみるのっていいですね。あと、妊娠中毒症のことを教えてくださったWさん、ありがとうございます、意識していきます。足がそこまでむくんでしまうとは…!血糖値も血圧も意識していかないといけない&高齢なので若い妊婦さんよりリスクが高いのかなぁ…うう、しんどい、おかかえの健康シェフがほしい…(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加